MENU

○ 四国八十八カ所霊場めぐり
○ 西国三十三所観音めぐり
○ 六善光寺めぐり

○ 美濃西国三十三観音めぐり
○ 美濃新四国八十八ケ所めぐり
○ 中濃八十八ケ所めぐり
○ 西美濃三十三霊場めぐり
○ 美濃三弘法めぐり
○ ぎふ七福神めぐり
○ 飛騨三十三観音霊場めぐり

○ 隣の猫耳(エクセレントワールド)
○ 尾張三十三観音めぐり
○ 名古屋二十一大師めぐり
○ 名古屋三天神めぐり
○ なごや七福神めぐり
○ 尾張七福神めぐり
○ 覚王山新四国八十八ヶ所めぐり
○ 三河三十三観音めぐり
○ 知多新四国八十八ヶ所めぐり
○ 知多西国三十三観音めぐり
○ 南知多三十三観音めぐり

○ 猫耳Cafe<旅と雑談コーナー>


2016年09月13日

青い空と青い海に囲まれたアートの島、佐久島へ行ってみた<佐久島アート編>

 
nekomimi_cafe_bana.jpg


佐久島はアートの島なのです


愛知県の三河湾には主に3つの代表的な島があります。その中の日間賀島と篠島は知多半島の師崎から連絡していて便利に行き来可能なのですが、何故か佐久島だけハブられています。佐久島へ行くには三河一色町のさかな広場前からしか連絡船が無い上、一日7往復のみというとても不便な島なのであります。不便な反面、長らく観光地化されることが無かったおかげで昔ながらの島の風景が壊されずそのまま残っているのです。そこに突如と現れたのが芸術作品群。今では島のあちこちにアート作品が点在し、これが主に若い女性の方に大人気。連絡船の乗客を見ても、カップルも少なくありませんが主に女性グループが多く含まれています。そんな交通が不便な佐久島へ行くのですから、天気が悪いと勿体無いではありませんか。晴天をピンポイントで狙い、さっそく行ってみたのでした。






まずは一色の連絡船乗り場。
車は隣のさかな広場駐車場に置いておきます。
船はまぁまぁのサイズ。朝早いのでガラ空きです。
それ程寒くないようなので上部デッキに陣取ると、すぐに出港。
船の速度は意外と早く、岸が見る間に離れていきました。

G09sakuF_01

G09sakuF_04

G09sakuF_05

G09sakuF_09

G09sakuF_12



船はいったん佐久島の西港に寄り、すぐに東港に向かいます。
西港よりも東港のほうが賑やかな感じ。

G09sakuF_15

G09sakuF_21



到着したらまず自転車を借ります。
値段はどこも1時間300円、2時間500円、1日1000円で同じ。
たっぷり島にいるつもりなので1日借りることにします。

Smati_05



目的はとにかく「佐久間アート作品群」なんですよ。
それらはスタンプラリーにもなっていて、
用意されている台紙にスタンプを集めると可愛いのです。

Sart_stamp



一番人気はこちらの「おひるねハウス」。
あちこちで紹介されてすっかり有名になってしまいました。
これを見るためだけに島に行くと断言して間違いありません。

Sart_52



後ろ側にハシゴが掛けられていて、よじ登ることが出来ます。
中は案外涼しく、ずっと寝ていたいけど、グループで順番待ちしてるんですよね。
気分だけ味わうことにします。

Sart_50

Sart_58



二番人気のイーストハウス。

おひるねハウスは西港の近くですが、イーストハウスは東港の近くにあります。
色も黒に対し白で、あえて対照的になっているのかな。
イーストハウスは長ーい作品で、両端に箱がついています。
上に上がってみるもよし、中で座ってみるもよし。
好きなように鑑賞します。

Sart_01

Sart_04

Sart_10

Sart_09

Sart_06



こちらは作品ではないようですね。

Sart_11




イーストハウスから更に奥、島の中にあるのが佐久島のお庭。
モザイク状のアートが埋め込まれている散策道を通ったその先にありました。

Sart_12

Sart_13

Sart_15

Sart_17

Sart_19



気持ちいい海岸線を走ると、次のスポットがあります。
鳥の風見鶏が並んでいる有名な場所ですね。

Sart_26

Sart_31



ところで、ここにもありますが島の各地にアートベンチがあります。

Sart_22



この地蔵様も島の各地に建っています。
しかしその姿をよく見てみると、人魚?

Sart_32



西港の方に向かうとその途中にあるのがこちら。
タイルがモザイクのように貼ってある作品。
大きな壁のような作品は島にある四つの山を表現してあるそうです。

Sart_38

Sart_39



集落に入ると民家をまるごと使用した作品があります。

Sart_40

Sart_41



集落にはさりげない所に作品あったりするので油断できません。

Sart_60



西港に到着すると高台にあるのがガリバーの目。
残念ながら調整されていないみたいでした。

Sart_61



西港の顔出し看板も作品です。

Sart_62



同じく西港の事務所建物2階待合室にあるのも作品なのかな。

Sart_64



海岸線を島の北側へ大きく回り込みます。
この散策路を自転車で走ると最高に気持ちいいのです。
途中、看板の方に向かうと北のリボンがありました。

Sart_70



更にその先、海岸線散策路の行き止まりまで行きます。
そこにあるのが星を想う椅子があります。

Sart_78



ここにもベンチがありますね。

Sart_81



この地点から山の方に登るとひだまり庵があります。
しかし、かなり登りになると同時に未舗装路なので、やや困難。
行く場合、夏だと汗だくになるので覚悟してください。

Sart_76

Sart_75



山を超え、東港に向かいます。
その途中、寺の縁側廊下に海神様が鎮座しています。

Sart_83



そして最後に弁天島の方へ向かうと、
島の手前にアポロがあります。
狭い場所に大きな建物なので引きが取れないのです。
全体写真を上手く撮れません。

Sart_88

Sart_86



ところで、作品群の中には「覗き系」作品が数カ所存在します。
その場所の風景にあるものがプラスされているという設定になっています。
何が見えるのかは見てのお楽しみということで。

Sart_66



次回、佐久島のもう一つのスタンプラリー。
アート弘法を巡ります。
 ↓
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 <青い空と青い海に囲まれたアートの島、佐久島へ行ってみた<アート弘法編>>
アートの島、佐久島に存在するもう一つのアート作品群。アート弘法を巡ります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【青い空と青い海に囲まれたアートの島、佐久島へ行ってみたシリーズ】
その1. ○ <佐久島アート編>←今ココ
その2. ○ <アート弘法編>




猫耳Cafe <ゆる〜く雑談しましょ> インデックス一覧

<地域関連記事>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 <早朝の吉良ワイキキビーチと幡豆海岸>
トロピカルな雰囲気たっぷりの吉良ワイキキビーチの朝を満喫します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 <西尾市って地味に抹茶生産日本一らしい>
抹茶生産日本一の西尾市で抹茶スィーツを味わってみませんか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

【関連する記事】
posted by santa at 21:59| Comment(0) | ゆる〜く雑談だニャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする