2019年04月01日

覚王山新四国八十八カ所めぐり一覧

覚王山新四国88バナ
覚王山の周囲一帯を巡る八十八ヶ所を巡ります

覚王山新四国八十八ヶ所めぐり一覧

知多新四国のような有名な霊場は別として、通常ミニ四国というものは一般的に寺の境内や隣接する小山ににずらり並んだタイプ、あるいは例えば篠島を一周するように石仏が並んだものを想像しますが、名古屋覚王山日泰寺周辺に広がる覚王山新四国はそれらのどれにもあてはまりません。形や規模は違うもののそれぞれの札所がまるで独立採算制の堂になっていて、それらは毎月21日の覚王山日泰寺の縁日にのみ開かれています。しかも早朝8時頃から人が集まりだし、お昼を過ぎると閉店という超限定。一番札所があるA地区から一番遠いE地区迄は結構離れている為、うかうかしていると一日で回ることは出来ません。なお、一年で一番賑わうのは3月21日だそうです。お参りして回ると接待と称して様々なものを頂けます。有難く頂戴しましょう。

☆ 「Holiday」にも投稿しています ☆
<超期間限定公開! レアな覚王山新四国を歩く>
覚王山マップ
覚王山新四国八十八ヶ所一覧
  • ○ 第1番 霊山寺 A地区
  • ○ 第2番 極楽寺 A地区
  • ○ 第3番 金泉寺 A地区
  • ○ 第4番 大日寺 A地区
  • ○ 第5番 地蔵寺 B地区
  • ○ 第6番 安楽寺 B地区
  • ○ 第7番 十楽寺 B地区
  • ○ 第8番 熊谷寺 B地区
  • ○ 第9番 法輪寺 B地区
  • ○ 第10番 切幡寺 B地区
  • ○ 第11番 藤井寺 B地区
  • ○ 第12番 焼山寺 B地区
  • ○ 第13番 大日寺 B地区
  • ○ 第14番 常楽寺 B地区
  • ○ 第15番 国分寺 B地区
  • ○ 第16番 観音寺 B地区
  • ○ 第17番 井戸寺 B地区
  • ○ 第18番 恩山寺 B地区
  • ○ 第19番 立江寺 B地区
  • ○ 第20番 鶴林寺 B地区
  • ○ 第21番 大龍寺 B地区
  • ○ 第22番 平等寺 C地区
  • ○ 第23番 薬王寺 C地区
  • ○ 第24番 最御崎院 H地区
  • ○ 第25番 津照院 B地区
  • ○ 第26番 金剛順寺 G地区
  • ○ 第27番 神峰寺 G地区
  • ○ 第28番 大日寺 G地区
  • ○ 第29番 国分寺 G地区
  • ○ 第30番 安楽寺 G地区
  • ○ 第31番 竹林寺 D地区
  • ○ 第32番 禅師峰寺 D地区
  • ○ 第33番 雪蹊寺 D地区
  • ○ 第34番 種間寺 G地区
  • ○ 第35番 清竜寺 G地区
  • ○ 第36番 青龍寺 G地区
  • ○ 第37番 岩本寺 G地区
  • ○ 第38番 金剛福寺 E地区
  • ○ 第39番 延光院 E地区
  • ○ 第40番 観自在寺 E地区
  • ○ 第41番 竜光寺  不明 ←集合かも
  • ○ 第42番 仏木寺  不明 ←集合かも
  • ○ 第43番 明石寺  E地区
  • ○ 第44番 大宝寺  E地区
  • ○ 第45番 岩屋寺  E地区
  • ○ 第46番 浄瑠璃寺 E地区
  • ○ 第47番 八坂寺  E地区
  • ○ 第48番 西林寺  不明
  • ○ 第49番 浄土寺  E地区
  • ○ 第50番 繁多寺  E地区
  • ○ 第51番 石手寺  E地区
  • ○ 第52番 太山寺  G地区
  • ○ 第53番 円明寺  G地区
  • ○ 第54番 延命寺  E地区
  • ○ 第55番 南光坊  G地区
  • ○ 第56番 泰山寺  G地区
  • ○ 第57番 栄福寺  F地区
  • ○ 第58番 仙遊寺  F地区
  • ○ 第59番 国分寺  F地区
  • ○ 第60番 横峰寺  F地区
  • ○ 第61番 香園寺  B地区 G地区 ←2ヶ所存在
  • ○ 第62番 宝寿院  G地区
  • ○ 第63番 吉祥寺  G地区
  • ○ 第64番 前神寺  G地区
  • ○ 第65番 三角寺  G地区
  • ○ 第66番 雲辺寺  H地区
  • ○ 第67番 大興寺  H地区
  • ○ 第68番 神恵院  H地区
  • ○ 第69番 観音寺  H地区
  • ○ 第70番 本山寺  H地区
  • ○ 第71番 弥谷寺  H地区
  • ○ 第72番 曼荼羅寺 H地区
  • ○ 第73番 出釈迦寺 H地区
  • ○ 第74番 甲山寺  H地区
  • ○ 第75番 善通寺  H地区
  • ○ 第76番 金倉寺  H地区
  • ○ 第77番 道隆寺  H地区
  • ○ 第78番 郷照寺  H地区
  • ○ 第79番 高照院  H地区
  • ○ 第80番 国分寺  H地区
  • ○ 第81番 白峯寺  H地区
  • ○ 第82番 根香寺  H地区
  • ○ 第83番 一宮寺  I地区
  • ○ 第84番 屋島寺  I地区
  • ○ 第85番 八栗寺  I地区
  • ○ 第86番 志度寺  B地区
  • ○ 第87番 長尾寺  B地区
  • ○ 第88番 大窪寺  B地区
覚王山新四国八十八ヶ所 地区別一覧
  • A地区
    第1番 第2番 第3番 第4番
  • B地区
    第5番 第6番 第7番 第8番 第9番 第10番 第11番 第12番 第13番 第14番
    第15番 第16番 第17番 第18番 第19番 第20番第21番 第25番 第61番 第86番
    第87番 第88番
  • C地区
    第22番 第23番
  • D地区
    第31番 第32番 第33番
  • E地区
    第38番 第39番 第40番 第43番 第44番 第45番 第46番 第47番 第49番 第50番
    第51番 第54番
  • F地区
    第57番 第58番 第59番 第60番
  • G地区
    第26番 第27番 第28番 第29番 第30番 第34番 第35番 第36番 第37番 第52番
    第53番 第55番 第56番 第61番 第62番 第63番 第64番 第65番
  • H地区
    第24番 第66番 第67番 第68番 第69番 第70番 第71番 第72番 第73番 第74番
    第75番 第76番 第77番 第78番 第79番 第80番 第81番 第82番
  • I地区
    第83番 第84番 第85番
覚王山新四国めぐり

覚王山新四国めぐりインデックス
覚王山新四国 全国に類を見ない超宗派の覚王山の周辺を巡る新四国インデックス。

覚王山新四国めぐり<A地区>
覚王山新四国 A地区 新四国スタートの地。先ずはマップを手に入れましょう

覚王山新四国めぐり<B地区>
覚王山新四国 B地区 A地区から坂を降りた正面がに入り口が。一番広くて賑わうエリア。

覚王山新四国めぐり<C地区>
覚王山新四国 C地区 B地区から外に出たエリア。

覚王山新四国めぐり<D地区>
覚王山新四国 D地区 天満通りを渡った向こう側。少し歩いて石段の上。

覚王山新四国めぐり<E地区>
覚王山新四国 E地区 日泰寺から一番遠いエリア。気分はトレジャーハンター。

覚王山新四国めぐり<F地区>
覚王山新四国 F地区 最遠部からターンした道路向かいに並んでいます。

覚王山新四国めぐり<G地区>
覚王山新四国 G地区 札所が集まっている集合部分ですが、人があまり居なくて閑散としています。

覚王山新四国めぐり<H地区>
覚王山新四国 H地区 日泰寺霊堂の真裏に位置するエリア。この辺りは人が常駐している場合があります。

覚王山新四国めぐり<I地区>
覚王山新四国 I地区 日泰寺の裏手です。これにて覚王山新四国巡りは終了です。

おすすめスポット情報

超期間限定公開! レアな覚王山新四国を歩く Holiday
名古屋 名古屋の真ん中、覚王山に拡がるその名も覚王山新四国を巡ります。

覚王山新四国の一番賑わう日に行ってみた
名古屋 毎月21日が覚王山の縁日。同時に覚王山新四国も開かれるのです。

ここも押さえておきたい覚王山
名古屋 覚王山日泰寺の周辺には見逃せないスポットがいっぱい。


ポチっと押してくれると猫が喜びます
ラベル:インデックス
posted by サンタ at 00:00| Comment(0) | インデックス一覧 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください