猫耳に念仏 Main MENU

四国八十八カ所霊場巡り
西国三十三所観音巡り
六善光寺巡り
美濃西国三十三観音巡り
美濃新四国八十八ケ所巡り
中濃八十八ケ所巡り
西美濃三十三霊場巡り
美濃三弘法巡り
ぎふ七福神巡り
飛騨三十三観音霊場巡り
尾張三十三観音巡り
名古屋二十一大師巡り
名古屋三天神巡り
なごや七福神巡り
尾張七福神巡り
覚王山新四国八十八ヶ所巡り
三河三十三観音巡り
知多新四国八十八ヶ所巡り
知多西国三十三観音巡り
南知多三十三観音巡り

隣の猫耳<寺と神社>
猫耳Cafe<旅と雑談>
サンタのつぶやき

2017年01月03日

突発的に元旦午後から白川郷へ行き、温泉に入ってきた

 
nekomimi_cafe_bana



冬の白川郷へ行くのは初めてだったりする



元旦朝、昨晩からオールナイトで初詣巡りして初日の出見て。殆ど寝ていないのに関わらず温泉へ入りに行こうと思い立ってしまった。ところが元旦早々営業している温泉なんて限られている。近場の温泉はほぼ全滅。観光地の温泉なら営業してるはずと思い調べると数件ヒットした。中でも一度も行ったことがない温泉ということで、何を有ろう事か選択したのが白川郷の湯。ご存知白川郷の中にある温泉らしい。しかし冬の白川郷なんて一度も行ったことがない。時計を見ると既に午後1時過ぎ。積雪の心配もあったが今シーズンは既にスタッドレス装着済み。せっかく決めたなら行ってやろうじゃないか。結局自宅出発は1時半。岐阜インターから高速に乗ると思いの外順調で、白川郷に到着したのは4時少し前。意外に早く到着したのでした。





【Mini DATA】
世界遺産 白川郷
所在地:〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町1086
電話:05769-6-1013

白川郷の湯
所在地:〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町337
電話:05769-6-0026



車のガラスの曇り具合から行っても外気温の低さがわかります。
というわけで無事白川郷に到着。
予想外に速く到着したのでまだ僅かに日が残っています。
まず最初に向かったのが有名な展望台。
白川郷全体を眺めることが出来るナイススポットです。

H0101_srg_06



展望台の周囲は日本人より外国人のほうが多いみたい。
特に聞こえてくるのが中国語。

H0101_srg_07



白川郷のキャラクターっぽいです。

H0101_srg_10



係の方に聞くと、白川郷駐車場の営業が5時までらしい。
僅かだけど観光可能とあって急いで駐車場に向かいます。
この橋を渡ると向こう側がお馴染みの白川郷。

H0101_srg_15



以前来たことがあるおなじみの風景です。
とにかく時間が1時間切ってるのでとにかく歩き倒します。

H0101_srg_17

H0101_srg_19

H0101_srg_21



村の中にあちこちお店があるのですが、どこも元旦休業。

H0101_srg_26



意外に積もってない雪が風景にいいアクセントになっています。
まさしく日本の失われた里山の風景です。

H0101_srg_27

H0101_srg_29

H0101_srg_43

H0101_srg_31



合掌造りの軒下には大きな氷柱が出来ています。
こんなんが頭の上に落ちたらヤッバイですよね。

H0101_srg_40

H0101_srg_56



面白い樹木を発見。
昼間に溶けて夜間再び凍るを繰り返した感じ。

H0101_srg_44

H0101_srg_46



ウエルカムボードがあちこちに。

H0101_srg_47

H0101_srg_50



表通りの土産物屋さんのみ営業していました。

H0101_srg_61

H0101_srg_64

H0101_srg_66

H0101_srg_62



雪国仕様の本格的なトレッキングシューズ。
こちらは観光というより生活必需品ですね。

H0101_srg_65



各家にはこのような除雪本格仕様が常備されています。
この他にも除雪用トラクター等が用意されていました。

H0101_srg_67



集落をを火災から護る重要な設備ですね。

H0101_srg_25



駐車場が閉鎖される5時になったので本来の目的である温泉に向かいます。
場所は通常観光客シャッタアウトされたエリアに少し入った先。
良いのかなーって思いながら進むと温泉に到着。

H0101_srg_73

H0101_srg_76



中に入ると外観から想像してた内装とは違い明るいロビー。
100円リターン式の下駄箱に履物を入れ、入浴券は自販機で購入します。

H0101_srg_80



温泉は内風呂にサウナがあり、露天風呂があります。
泉質は塩化ナトリウム鉱泉ということで、舐めると苦塩っぱい感じ。
内風呂で充分に温まった後に露天に入るのですが、外は既に真っ暗。
明るければ眼下に川が流れているのが見える筈。
次回は明るい時に来たいものです。

H0101_srg_77

H0101_srg_78



のんびり温泉に入っていたので温まりすぎるほど温まりました。 時刻的に晩飯の時間なのですが、併設のレストランは既に準備中に。
実は白川郷の湯には宿泊施設が併設されていて、
宿泊者用の夕ご飯タイムなのです。
温泉を出ても外には飲食店など1軒も開いていません。
そのままインターから自動車専用道路に入り、最初のサービスエリア「ひるがの高原SA」に到着。

H0101_srg_95



こじんまりとした食堂は食券方式。
外界は既に気温マイナスで超寒いし。
温まるようにと豚汁定食をチョイス。

H0101_srg_87

H0101_srg_86



帰り際に店内をウロウロしてると美味しそうなものがいっぱい。

H0101_srg_88

H0101_srg_89

H0101_srg_91

H0101_srg_92



地面を見ると数日前降ったであろう雪がまだ残ってるし。

H0101_srg_96



愛護に見つけたのがSA端にあったコンビニ。
ホットコーヒーを買うならここが一番だと思う

H0101_srg_98



ということで、まだ元旦だし。のーんびりと帰ろうと思います。
峠を超えた白鳥で自動車専用道路を降り、以降は国道156号線でひたすら南下します。
途中、郡上を過ぎて美濃市に入る辺りまで信号は殆ど存在しません。
自動車専用道路を走るよりこちらの方がのんびりして好きです。
自宅に到着したのは午後10時丁度でした。





おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧はこちら>

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

隠れた名所!美濃の舞台、日龍峰寺 Holiday
関市 岐阜にも舞台づくりの古寺があったんです。アイドル猫のマロンちゃんは元気かな?

噂のモネの池を見て、温泉と美濃B級グルメを満喫する旅  Holiday
板取 いまや岐阜の名所、モネの池を鑑賞したら温泉に入って美味しいものを食べて満喫。

美濃市で和紙とあかりのアートを愉しむ Holiday
美濃 毎年美濃市の古い町並み全体を会場にしてあかりアート展が開催されます。

モネの池が最も混んでいる時期に行ってみた
板取 5〜6月のモネの池は、蓮の花と紫陽花がダブルで咲く最も混んでいる時期なのです。

噂の「モネの池」を偵察して温泉に入りに行こう
板取 蓮の花が咲く前、4月頃に偵察に行ってみました。そして目指せ板取川温泉!

噂のモネの池に行ってみた
板取 まだ寒い1月、モネの池に初めて行ってみましたが蓮の葉も何も無い状態でした。

刃物の町と呼ばれる「関市」を散歩してみた
関市 いい天気でしたので、関市の寺町と市街地をぶらりと散歩してみました。

美濃和紙あかりアート展に行ってきた
美濃 毎年10月に開催される美濃和紙を使用し製作された行灯のコンテスト。

美濃和紙の里、美濃の古い町並みをプチ散歩
美濃 卯建が立ち並ぶ美濃和紙で有名な美濃市の古い町並みエリアをチョイ散歩。




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 


posted by santa at 11:24| Comment(0) | ゆる〜く雑談だニャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: