MENU

四国八十八カ所霊場めぐり
西国三十三所観音めぐり
六善光寺めぐり

美濃西国三十三観音めぐり
美濃新四国八十八ケ所めぐり
中濃八十八ケ所めぐり
西美濃三十三霊場めぐり
美濃三弘法めぐり
ぎふ七福神めぐり
飛騨三十三観音霊場めぐり

隣の猫耳(エクセレントワールド)
尾張三十三観音めぐり
名古屋二十一大師めぐり
名古屋三天神めぐり
なごや七福神めぐり
尾張七福神めぐり
覚王山新四国八十八ヶ所めぐり
三河三十三観音めぐり
知多新四国八十八ヶ所めぐり
知多西国三十三観音めぐり
南知多三十三観音めぐり

猫耳Cafe<旅と雑談コーナー>
サンタのつぶやき


2017年01月03日

今年も1月2日は伊奈波神社へ行くのだ<2016>

 
nekomimi_cafe_bana



毎年元旦ではなく2日の朝に初詣に行くのです



毎年恒例の初詣、今年も毎年変わらず伊奈波神社です。朝少し出遅れたかなと思って急いで毎年車を停める場所に行ってみたら、今年は駐車できないように対策されていました。残念。仕方ないのでパーキングを探すと更に少し離れた旧市役所南側にお得なパーキングを発見。いまだかつて初詣でこんなに歩いたこと無いんだけどね。仕方ないかな。





【Mini DATA】
伊奈波神社 (いなばじんじゃ)
所在地:〒500-8043 岐阜県岐阜市伊奈波通1丁目1
電話:058-262-5151



浅野参道を歩くのは気持ち良いものです。

H0102_INB_02



今回は途中見掛けたスポットを万遍無く全部クリアしたいと思います。
最初は参道一番手前左側の豊川稲荷、子安地蔵、そして安楽寺。
豊川稲荷には多数のキツネ様が一斉にこちらを向いています。

H0102_INB_04

H0102_INB_08

H0102_INB_06

H0102_INB_10



次に向かうのは岐阜善光寺。
先ずは手前にできた弘法堂に向かいます。
その手前には毎年善光寺名物の厄除け金平糖のお店があるのですが、
今年は「PPAP」があるのです。気になりませんか?

H0102_INB_11

H0102_INB_12

H0102_INB_15



次はいよいよ善光寺本堂へ。

H0102_INB_17

H0102_INB_20



案外忘れがちなのが手水向こう側正面の水掛不動様。

H0102_INB_30



善光寺左側奥に稲荷様があるのをご存知でしょうか。
殆どの人は気が付きもしない隠れスポットです。

H0102_INB_19

H0102_INB_25

H0102_INB_24



さて、いよいよ伊奈波神社攻略です。

H0102_INB_31

H0102_INB_32



この橋は渡れません。

H0102_INB_35



太鼓橋の左側には手水があるのですが、
構造が悪いのかすぐに行列ができてしまいます。

H0102_INB_37



手と口を清めたらいざ本丸へと急ぎたいところですが。
その前に大黒社があります。

H0102_INB_36



石段を上り最初の門をくぐります。
門の脇には今年も千代菊が奉納されていました。

H0102_INB_38

H0102_INB_41



門をくぐると左側に絵馬が掛けられていました。
顔絵馬に描かれた顔はきっと本人に似てるのでしょうね。

H0102_INB_42

H0102_INB_44

H0102_INB_46



更に石段を登り、拝殿までやってきました。

H0102_INB_43

H0102_INB_49



拝殿前境内の両側にはおみくじやお守りの授与所があって賑わっています。

H0102_INB_50

H0102_INB_52

H0102_INB_53

H0102_INB_55



無事今年も参拝できたので引き返します。
最初の門を出て左側にある黒龍大神こそがパワースポット。
忘れずに参拝します。

H0102_INB_57

H0102_INB_59

H0102_INB_68

H0102_INB_67

H0102_INB_65

H0102_INB_62

H0102_INB_64



境内参道には縁起熊手もあるのですが、
あまり売れている様子もありません。

H0102_INB_70



次に向かうのが楓稲荷。
赤い鳥居が連なっています。

H0102_INB_73

H0102_INB_76

H0102_INB_75



楓稲荷に向かう前、参道脇の奥にひっそりと流れる滝があります。
多分参拝者のほぼ100%がスルーしてしまうスポットかと思います。

H0102_INB_74



そして楓稲荷の更に上に位置するのが針塚。
この場所もあまり人が来ません。

H0102_INB_78

H0102_INB_80



ここまで来ると、丁度反対側には社務所があり、
おみくじ、お守り、各御札に加えて御朱印を受け付けています。
更にその横は祈祷受付所があります。

H0102_INB_81



祈祷所内にも様々なグッズがあり、その横を見ると、アイス?。
御福マックと言えば伊勢神宮の方の名物のはず。
思わず購入しようかと思ったのですが、寒かったので止めました。

H0102_INB_83

H0102_INB_82



寒くなってきたので途中の高台になってる場所にオープンな休憩所があり、
名物の甘酒を頂き、焚き火にあたります。

H0102_INB_89

H0102_INB_90

H0102_INB_91



ここって結構眺めが良いんです。
この日は特によく晴れていて雲ひとつありません。

H0102_INB_92



大鳥居の外までやって来ました。
露天の裏側には古札所が設けられているのですが、すっごい状態になっています。

H0102_INB_108

H0102_INB_101



これで終わりではありません。
最後にもう一つ、奥の池に狭い橋が掛けられている弁財天がありますが。
参拝者の100%がスルーしてしまうと断言して良いかと思います。

H0102_INB_103

H0102_INB_102




最後にダメ押しで。
芭蕉の碑が駐車場脇にひっそりと建っています。

H0102_INB_104



これで毎年の伊奈波神社参拝終了です。
また来年ですね。
来年までにもう少し便利な駐車場を見つけておかなくては。





おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧はこちら>

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

隠れた名所!美濃の舞台、日龍峰寺 Holiday
関市 岐阜にも舞台づくりの古寺があったんです。アイドル猫のマロンちゃんは元気かな?

噂のモネの池を見て、温泉と美濃B級グルメを満喫する旅  Holiday
板取 いまや岐阜の名所、モネの池を鑑賞したら温泉に入って美味しいものを食べて満喫。

美濃市で和紙とあかりのアートを愉しむ Holiday
美濃 毎年美濃市の古い町並み全体を会場にしてあかりアート展が開催されます。

モネの池が最も混んでいる時期に行ってみた
板取 5〜6月のモネの池は、蓮の花と紫陽花がダブルで咲く最も混んでいる時期なのです。

噂の「モネの池」を偵察して温泉に入りに行こう
板取 蓮の花が咲く前、4月頃に偵察に行ってみました。そして目指せ板取川温泉!

噂のモネの池に行ってみた
板取 まだ寒い1月、モネの池に初めて行ってみましたが蓮の葉も何も無い状態でした。

刃物の町と呼ばれる「関市」を散歩してみた
関市 いい天気でしたので、関市の寺町と市街地をぶらりと散歩してみました。

美濃和紙あかりアート展に行ってきた
美濃 毎年10月に開催される美濃和紙を使用し製作された行灯のコンテスト。

美濃和紙の里、美濃の古い町並みをプチ散歩
美濃 卯建が立ち並ぶ美濃和紙で有名な美濃市の古い町並みエリアをチョイ散歩。




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 


タグ:初詣
posted by santa at 19:40| Comment(0) | ゆる〜く雑談だニャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: