2017年02月04日

陶の町瀬戸のお雛めぐりは結構面白い

 
nekomimi_cafe_bana
とりあえず「瀬戸蔵」内ひな壇は必見!
陶器の食器の事を総称して「せともの」と呼ばせてしまう程、陶器の産地で有名な町、瀬戸。その瀬戸において毎年2月~3月にかけて雛めぐりが行われています。この時期はイベント中心となる瀬戸蔵には様々な陶器製の雛人形が集められ、巨大なひな壇が出現します。以前から行こうと思ってもなかなか実現しませんでしたが、今回思い切って行ってきました。到着時刻は既に夕方に差し掛かっていたこともあってか人が少なく、おかげで思う存分様々な雛人形を楽しむことが出来ました。

「Holiday」にも投稿しています
<これだけは押さえておきたい!岐阜市内グルメ編>
<いい湯だな~岐阜市周辺は温泉パラダイス!>
<天気が良い日は岐阜金華山のお手軽登山&ハイキング、新ルート提案>



【Mini DATA】
陶の町瀬戸の雛めぐり
瀬戸蔵内 瀬戸市まるっとミュージアム・観光協会
所在地:〒489-0813 瀬戸市蔵所町1番地の1
電話:0561-85-2730




とりあえず問題は駐車場です。
混んでいたらどうしようかと思っていたらすんなり瀬戸蔵駐車場に入れました。
ちなみに瀬戸蔵Pの駐車料金システムは1時間迄無料。
以降1時間毎に100円という超リーズナブル。
散々歩き回って駐車場を出る際、たったの200円で住んだのは驚きです。

H0204_seto_59



建物の中に入るといきなり正面にひな壇が見えています。

H0204_seto_180



巨大ひな壇を見るのは初めてですが、すっごいです。 雛人形の数に圧倒されます。

H0204_seto_03

H0204_seto_05



瀬戸のキャラクター「セトコマ君」達が記念撮影していました。

H0204_seto_01



ひな壇のすぐ横にある「瀬戸蔵セラミックプラザ」では雛人形を始めとする様々な陶器を販売していました。これが大きな声で言ったら悪いかもだけど、そこらの店舗で購入するより意外とリーズナブル。もしお気に入りの一品があったら購入しておいて間違い無し。

H0204_seto_30

H0204_seto_23

H0204_seto_26

H0204_seto_38

H0204_seto_47

H0204_seto_48

H0204_seto_49

H0204_seto_50

H0204_seto_55



そしてなぜか・・・・。

H0204_seto_10



とにかく面白いので見ていてちっとも飽きません。
残り時間が少ないので急いで商店街の方へ向かいます。
とりあえず一度写真に押さえておきたかった名鉄尾張瀬戸駅
瀬戸へは何度も来たことがありますが写真を撮ったことがないのです。

H0204_seto_66

H0204_seto_68

H0204_seto_70



商店街の方に戻りました。
この辺りは陶器の店がずらり並びます。
お雛めぐりの期間は店内に必ず雛人形の商品又は所有物が展示されています。
とにかく様々な雛人形があって楽しいのです。

H0204_seto_80

H0204_seto_84

H0204_seto_88



途中、ふと見ると老舗っぽい和菓子店。いちご大福にもそそりましたが、「たま」って何?

H0204_seto_89

H0204_seto_92



気になると探求したくて仕方ありません。思い切って店内に入ると、ありました。
まさにたまの肉球そのものが菓子になっていました。

H0204_seto_91

H0204_seto_90



ここで表通りからアーケードへ向かいます。
途中、妙なオブジェクトがあります。いったい誰が。

H0204_seto_94



アーケードに近づくといきなり嗅覚に訴えるものがありました。
見ると「せと焼きまん」という豚まんがあります。
話によると地元の「瀬戸豚」で作られたプレミア饅頭だということです。
販売しているお店は地元の町内会か婦人会の方でしょうか、とても暖かなお店でした。
声に誘われて店内で1杯100円のコーヒーを頂いて少しのんびりしてみます。

H0204_seto_98

H0204_seto_97

H0204_seto_100

H0204_seto_99



ここから近くに雛めぐりスポットである「夢風庵」に行ってみたら既に閉館。
パンフにちゃんと15時までと書いてあるのを完全に見逃しました。

H0204_seto_101

H0204_seto_105



再び銀座通商店街アーケードに戻ってきました。
ここでもお店ごとに雛人形が展示してあります。
その他にも土産系のお店が立ち並び、おかげでちっとも先に進めません。

H0204_seto_107

H0204_seto_108

H0204_seto_110

H0204_seto_112



商店街の仏具屋さん。
以前見たことがあるファンシー線香に新製品が追加されていました。
その他にも様々なキャンドルが。

H0204_seto_114

H0204_seto_115



アーケードを抜けると既に日が沈む寸前。
確か以前この辺りで美味しい焼きそばを食べた気がするのですが、
全て閉店してる為よくわかりませんでした。

H0204_seto_120

H0204_seto_123



道路の反対側に渡ると最初に目に入るのがボンネットバス。動くのでしょうか。
それから隣りにあった猫車。猫耳が何ともw

H0204_seto_126

H0204_seto_130

H0204_seto_127



バスと車の所有者はこちらの「おもだか屋」。 店に入ったら全部「猫関係」のお店でした。

H0204_seto_138

H0204_seto_139

H0204_seto_134

H0204_seto_136



やっとの思いで店を出て、その先にあるっせと末広町商店街へ。
ここでもやはり店ごとに貴重な雛人形が展示されています。

H0204_seto_143

H0204_seto_148

H0204_seto_151



ここで、何かの木型が売っているのを発見。
何かのお菓子にはまちがいありません。
ずっと何かと思って歩いてたら、どうやらそれは瀬戸郷土のお餅の型でした。

H0204_seto_144

H0204_seto_167



お店番の猫様ですかね。全く逃げる様子がありません。

H0204_seto_144



こちらは巨大招き猫です。

H0204_seto_170



妙なものもあります。
ベートーベンの人形が欲しかったかもw

H0204_seto_153



ぐるり巡ってプチ腹が減ったところをまるで見透かされたかのように登場した焼きそばと餃子のお店。
店内で食べれると書いてあったのに、店内はまるでカラオケの店になってました。
それ程寒くなかったのでお店の前で頂きました。
やっぱり瀬戸の焼きそばは一味違う・・・かも。

H0204_seto_165

H0204_seto_163

H0204_seto_164



ぐるりと歩いて最初の地点に戻ってきました。
既に日没してるもののまだ空に光が残っています。

H0204_seto_171



今回の瀬戸は本当に気まぐれだったものですから、とにかく時間がありません。
なので本来押さえておくべきスポットが押さえきれてないのです。
気分的にスッキリしないので、もしかする今年になるかそれとも来年か。 第二弾があるかもしれません。





おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧はこちら>
猫耳Cafe <ゆる~く雑談しましょ> インデックス一覧

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

陶器の町、愛知瀬戸で「お雛めぐり」と町巡り。 Holiday
瀬戸 期間中、瀬戸に1000体もの人形を使用した巨大な「ひなミッド」が出現するらしい。

瀬戸末広町商店街をお雛めぐりで探索してみた
瀬戸 お雛めぐり探索で、瀬戸蔵から東の方向に伸びている商店街へ行ってみた話。

瀬戸銀座通り商店街をブラ歩き
瀬戸 お雛めぐり探索で、尾張瀬戸駅から東の方向に伸びている商店街へ行ってみた話。

餃子楼店内はまるでカラオケボックスでした
瀬戸 食べ損ねたやきそばを求めて偶然たどり着いたのは餃子屋さん?。

瀬戸のおもだか屋でお気に入りのネコ探し
瀬戸 瀬戸で招き猫を探すなら断然このお店。可愛い猫からワンランク上の猫まで勢揃い。

川村屋賀栄の猫饅頭「たま」が気になるのだ
瀬戸 そもそも猫まんじゅうとは一体何か、そして肉球の謎とは一体何。

ぷらざせとっこで食べた「せと焼きまん」が美味しかった
瀬戸 食べた豚饅頭もオバちゃんたちも皆温かでした。。

見てるだけでも楽しい!瀬戸蔵セラミックプラザでお買い物
瀬戸 とりあえずここに行けば瀬戸焼の製品が一通り揃っています。しかも掘り出し物!

名鉄尾張瀬戸駅
瀬戸 駅舎も線路も、そして周辺も昔の瀬戸線とは随分様子が変わってしまいました。


ポチっと押してくれると猫が喜びます
 
タグ:雛祭り 瀬戸
posted by santa at 23:45| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください