2017年09月29日

ちょっと早い秋の谷汲をぶらり散歩の後は谷汲温泉でリラックス

猫耳cafe_bana
秋にはまだ全然早いのは分かってますから
今回は昼過ぎから何となく温泉に入りたくなり、たまには谷汲温泉へ行こうと決めたのがきっかけ。しかしせっかく谷汲に行くなら華厳寺へ行かない手はないでしょということで、秋にはまだ早い完全オフシーズンの谷汲参道を存分に堪能しながらぶらり散歩してきたのでした。
「Holiday」にも投稿しています
<岐阜の秘境「谷汲さん」とその周辺を探索>
<年末年始恒例!除夜の鐘をはしごして最後に串カツで締めるのだ>
<いい湯だな~岐阜市周辺は温泉パラダイス!>

【Mini DATA】
谷汲山華厳寺 (たにぐみやまけごんじ)
所在地:〒501-1311 岐阜県揖斐郡揖斐川町谷汲徳積23
電話:0585-55-2033





谷汲は、暇な時谷汲でも行ってみるかというノリでごく気軽に訪れるスポット。
なので今まで何度来ているのか数え切れません。
今回はお時期的にはお彼岸ですね。道端に曼珠沙華が咲いています。

H0924_tani_001



まだ秋には早いと言えど既に柿が出回っています。
さすがにこれは早生ではないでしょうか。

H0924_tani_003



紅葉はまだご覧の通り見事に青々としたまま。

H0924_tani_004



ただでさえ昼過ぎからのんびりやって来たこともあり殆ど誰も歩いていません。
やや遅めの谷汲参道は既に店仕舞いモード。

H0924_tani_005

H0924_tani_006

H0924_tani_007



のんびりダラダラ歩いていたら山門に到着。
ただし、これで全行程の半分ですから。

H0924_tani_010

H0924_tani_011

H0924_tani_014

H0924_tani_015

H0924_tani_016

H0924_tani_017



向こう側が紅葉だったら良いアングルなんだけどね。

H0924_tani_013



境内の参道に入るといきなり三十三度石が。
ここから三十三回参拝って結構大変。

H0924_tani_020



境内の参道沿いは緑でいっぱい。

H0924_tani_021

H0924_tani_022

H0924_tani_023



灯籠の辺りは苔でいっぱい。
近くで見るとこんな形してるのです。

H0924_tani_025

H0924_tani_024

H0924_tani_026

H0924_tani_030

H0924_tani_033



古い建物を見ると千社札がびっしり。

H0924_tani_027

H0924_tani_029



木の根っこも大変なことになっています。

H0924_tani_031



谷汲の境内に豊川稲荷の分院があるのです。

H0924_tani_036

H0924_tani_037

H0924_tani_038



いよいよ手水がある石段下までやって来ました。
見るとここにも百度石があるのです。
ここからあの石段を百度ですか、勘弁してもらいたいです。

H0924_tani_040

H0924_tani_041

H0924_tani_045



ここ、お経の巻物がいっぱい入った摩尼車がはいっているのです。
昔は自力で回すことが出来ました。現在は閉鎖されています。

H0924_tani_048



本堂に向かう最後の石段。
一気に上がるのは結構しんどいのです。

H0924_tani_046



途中にあるすっごい古い建物。

H0924_tani_050



この辺り、緑が綺麗です。

H0924_tani_049

H0924_tani_053

H0924_tani_035

H0924_tani_043



谷汲の本堂に到着です。
今日は軽くお参りに来ただけなのでその他は一切行きませんでした。

H0924_tani_055

H0924_tani_058

H0924_tani_059



明るいうちに温泉に入りたいので先を急ぎます。 相変わらず緑が綺麗なのです。

H0924_tani_064

H0924_tani_067

H0924_tani_069

H0924_tani_070

H0924_tani_085



行きに開いていた店もいつの間にか閉まっています。

H0924_tani_071

H0924_tani_074

H0924_tani_075

H0924_tani_080

H0924_tani_081

H0924_tani_082



谷汲キャラのいのりちゃん。

H0924_tani_083



いきなり場所が飛んで谷汲温泉。
露天風呂のすぐ横を樽見鉄道が通っていきます。
泉質はいわゆるヌル系。ここらでは上質の方ですね。

H0924_tani_088

H0924_tani_091

H0924_tani_089



温泉からの帰り道、夕焼けの空が綺麗だったのです。

H0924_tani_093





岐阜周辺の札所めぐり

西国三十三所観音めぐり一覧
大阪・京都・兵庫・紀伊半島など関西を中心に広く巡る日本有数のメジャー級霊場。

美濃新四国八十八ヶ所めぐり一覧
岐阜市を中心とした広い地域を巡る新四国八十八ヶ所弘法めぐり。

中濃八十八ヶ所めぐり一覧
関市を中心とした広い地域を巡る八十八ヶ所弘法めぐり。

西美濃三十三霊場めぐり一覧
大垣市を中心とした南北に細長く分布する観音めぐり。

美濃三弘法めぐり一覧
岐阜市内とその周辺に点在する三大弘法めぐり。

ぎふ七福神めぐり一覧
岐阜市内、主に北部と東部を巡る七福神めぐり。




おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
おでかけプラン <「Holiday」サイトへの投稿記事> インデックス一覧
猫耳Cafe <ゆる~く雑談しましょ> インデックス一覧
隣の猫耳 <寺と神社> インデックス一覧

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

岐阜の秘境「谷汲さん」とその周辺を探索 ※ Holiday
岐阜谷汲 岐阜の山奥には谷汲という全国的に有名な山寺があるのです。

いい湯だな~岐阜市周辺は温泉パラダイス! ※ Holiday
岐阜広域 谷汲温泉・池田温泉・安八温泉・うすずみ温泉・おおの温泉・南濃温泉 他

これだけは押さえておきたい!岐阜市内神社仏閣編 ※ Holiday
岐阜 伊奈波神社・金神社・加納天満宮・長良天神・乙津寺・岐阜大仏・岐阜善光寺・護国神社 他

天気が良い日は岐阜金華山のお手軽登山&ハイキング、新ルート提案 ※ Holiday
岐阜 岐阜公園から岐阜城まで登った後、ドライブコースと水道山を経て柳ヶ瀬に到着するルートです。

岐阜柳ケ瀬とその周辺を探索してみた ※ Holiday
岐阜 柳ヶ瀬商店街・ロイヤル劇場・やながせ倉庫・みつばち食堂・つばめや・岡女堂 他

岐阜散歩シリーズ<長良橋から伊奈波神社>編 ※ Holiday
岐阜 長良橋・川原町・手湯・玉井屋・ナガラガワフレーバー・公園の湯・のやま亭 他

天空の茶畑が静かな人気スポットに 。 ※ Holiday
揖斐春日 ついに岐阜にもマチュピチュが登場しました。その名も「天空の茶畑」。

年末年始はオールナイト
岐阜広域 大晦日夜に除夜の鐘をつき、その足で谷汲、調子に乗って千代保神社へ行くのが定番。

ちょっと早い秋の谷汲をぶらり散歩の後は谷汲温泉でリラックス
岐阜谷汲 ややシーズンオフ的な谷汲をぶらり散歩して素敵な緑の紅葉を楽しむ旅。

毎年年末は除夜の鐘をつき年始は谷汲と千代保稲荷の初詣はしご旅
岐阜谷汲 毎年年末年始の恒例行事になってしまいました。

ちょいと早い紅葉と秋のグルメを満喫、毎度お馴染みの谷汲。
岐阜谷汲 秋の谷汲はモミジの紅葉、と言いたいところですが実は椎茸丼が目的です。

谷汲山華厳寺の奥の院に行ってみた
岐阜谷汲 谷汲山華厳寺の満願堂から更に山を登ること約一時間、奥の院にたどり着くのです。

節分になると谷汲と岐阜善光寺でも鬼が立ちます。
岐阜谷汲 節分の日には谷汲華厳寺でも山門正面に鬼が立ちます。

寒くても出掛けます
岐阜広域 雪がちらつく空模様の寒~い中、谷汲方面へ出かけました。

満開の薄墨桜を見てきた
根尾 今回は薄墨桜が満開の時期を狙って見に行ってきました。


ポチっと押してくれると猫が喜びます
posted by サンタ at 00:00| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください