MENU

四国八十八カ所霊場めぐり
西国三十三所観音めぐり
六善光寺めぐり

美濃西国三十三観音めぐり
美濃新四国八十八ケ所めぐり
中濃八十八ケ所めぐり
西美濃三十三霊場めぐり
美濃三弘法めぐり
ぎふ七福神めぐり
飛騨三十三観音霊場めぐり

隣の猫耳(エクセレントワールド)
尾張三十三観音めぐり
名古屋二十一大師めぐり
名古屋三天神めぐり
なごや七福神めぐり
尾張七福神めぐり
覚王山新四国八十八ヶ所めぐり
三河三十三観音めぐり
知多新四国八十八ヶ所めぐり
知多西国三十三観音めぐり
南知多三十三観音めぐり

猫耳Cafe<旅と雑談コーナー>
サンタのつぶやき


2016年08月27日

補陀洛山 總持寺 【西国33-22】

 
西 国 三 十 三 所 観 音 霊 場

○ 西国三十三所観音霊場 第二十三番札所


注文が多い札所


場所は吹田インターからすぐ北、住宅が立ち並ぶ町の中に札所がありました。土地勘がまったくありませんので完全にナビ任せです。






さて、駐車場は何処かと矢印通りに進むとそこそこの広さの駐車場に到着しました。ところが、ゲートの料金を見ると45分500円? 何とも中途半端でボッタクリな料金が記載されてるではありませんか。45分などという中途半端な時間今迄見たことがありません。その料金があまりにも衝撃的でしたので、その他の表示を見損ねてしまいました。

santa_DX



無事駐車場に車を停め、
駐車場から境内に上がる階段があるようなので向かうとこんな看板が。
先程の料金看板でやや不機嫌になった頭が余計に沸騰する気持ちです。
そのせいで、肝心な箇所を見逃してしまいました。

santa_DX



改めて正面に向かいます。
石段下に辿り着いたところでまた看板が。

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX



何だかなと思いつつ石段を上がって仁王門までやって来ました。
すると再び看板が。

santa_DX

santa_DX

santa_DX



やっと境内にやってまいりました。
正面が本堂ですね。

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX



境内の鐘撞堂は撞いても良さそうです。
既に気分は回復しているので看板が気になりません。

santa_DX

santa_DX



同じ境内に弘法堂がありました。

santa_DX



その他にも本堂を囲むように様々な建物があります。
まず、向かって左側が如来堂ですね。

santa_DX

santa_DX



後ろ側にはぼけ封じ普悲観音があり、
同時に西国三十三所観音踏砂とミニ四国八十八巡りがあります。

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX



向かって左へ回ります。

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX



これで終わりではないのです。
境内に池と庭が作られています。

santa_DX

santa_DX



池の横を通り過ぎると稲荷神社と流水地蔵様がありました。

santa_DX

santa_DX

santa_DX



これにて一通り参拝完了です。
御朱印を頂くため納経所へ行くと、「駐車券は?」と言われます。
駐車場に入る際見逃してしまった部分にお持ちくださいと書いてあったのでした。
仕方なく駐車場に戻り車から駐車券を取り出し、
大回りも面倒なので「近道」で納経所に向かうと、無料券と交換してくれました。
結局あの中途半端な料金って、無断駐車対策だったようなのです。
こちらは45分しか無いと思って急いでお参りしてしまったのです。
納得すると同時になんとも迷惑な話ではありませんか。





【地域エリアの関連ページ】
西国三十三所観音めぐり一覧
兵庫周辺の西国札所総ナメを目指し、西国探検隊がゆく




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

posted by santa at 10:17| Comment(0) | 大阪(大阪府)の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

応頂山 勝尾寺 【西国33-23】

 
西 国 三 十 三 所 観 音 霊 場

○ 西国三十三所観音霊場 第二十三番札所


とにかく綺麗で立派な札所です


勝尾寺は、その名前から由来している「勝」もしくは「カツオ」ということで、文字通り勝負事や強く願いを叶えたい祈願がや仕組みがいろいろあるようです。その代表は達磨ですね。達磨そのものの奉納は勿論ですが、達磨くじの小さな達磨が境内のあちこちで見かけることが出来ます。それから、今回の札所は金銭がきっちりしてるんですね。駐車場代はもちろんのこと、拝観料も必要だし、例えば境内は一部一方通行になってたりします。参拝後に出る際、必ず土産グッズショップの中を通らせるという商魂たくましさには素直に脱帽です。






やはりこちらももれなく山の上です。慣れない道をナビ頼りに走って何とか到着しました。駐車場をみるとしっかり有料みたいです。しかも拝観料も必要とは。しかしとにかく人が多く、ひっきりなしにやって来ます。日本以外の方も少なくなかったですね。

santa_DX



駐車場代に、拝観料二人分に・・・などとブツブツ言いながら入ります。
いきなり正面に立派な山門です。
門をくぐると、何かが変?

santa_DX



山門をくぐった先にある橋の下から煙が出てるのです。
近寄ると人口の霧が出てるのでした。
すっげーーーーー演出!

santa_DX



当日はとても暑かったので有り難いと言えば有り難いのですが、
カメラ的にはよろしくありません。

santa_DX



本堂はこの先ですね。

santa_DX

santa_DX



途中には不動様や宝塔があります。

santa_DX

santa_DX



ここでいきなり達磨の奉納所です。
これら皆目が入ってますので、願いが叶ったのでしょう。
表側だけでなく、裏側もあります。すっごい数です。

santa_DX

santa_DX



この先が一方通行になります。
石段を上がってゆくと最初に荒神様になります。

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX



次に鎮守堂なのですが、
よく見るとここが凄いことになってます。

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX



次に並んでるのが開山堂。

santa_DX



さらに隣が弘法堂。
もうなんでもありという感じです。
左右の入り口からぐるりとミニ四国巡りも出来るようになっています。

santa_DX

santa_DX

santa_DX



ここまできてようやく本堂に到達しました。
赤くて綺麗で立派な建物です。

santa_DX

santa_DX

santa_DX



鐘撞堂です。
見るとどうぞご自由にという太っ腹。
遠慮無く撞かせて頂きます。
鐘自体が大きいので腹に響くいい音でした。

santa_DX



この鐘撞堂の周囲にも例の達磨がぎっしりと置かれています。

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX



これにて参拝完了です。
隣の納経所にて御朱印を頂きます。

santa_DX



立派な鬼瓦です。

santa_DX



ここから順に見ながら参道を降りてゆきます。
ここもまた一方通行です。

santa_DX

santa_DX



降りてきました。
ここにはまだまだ妙なものがあります。
何ですか、これ?

santa_DX

santa_DX



池に弁天様ですね。

santa_DX

santa_DX



池にそって歩いてゆくと、池の鯉に餌を上げれるみたいです。
与える前から鯉が寄ってきます。
与え始めると異様なほど面白い事態になりました。

santa_DX

santa_DX

santa_DX



もう一度山門の方に行ってみます。
これは狛犬なんでしょうか???

santa_DX

santa_DX

santa_DX



ここから出口に向かうには一旦土産と食堂がある建物に入ります。
よーく考えてあるね。

santa_DX



境内がとにかく広いので拝観に時間がかかります。
せっかくの有料なので素通りも勿体無いしね。





【地域エリアの関連ページ】
西国三十三所観音めぐり一覧
兵庫周辺の西国札所総ナメを目指し、西国探検隊がゆく




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

posted by santa at 23:10| Comment(0) | 大阪(大阪府)の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

四天王寺【西国33-番外・他多数】

 
隣 の 猫 耳 シ リ ー ズ

西国三十三所観音 番外札所


納経所で取り扱う御朱印の種類にびっくり



西国三十三箇所巡りの番外としての御朱印をいただくために四天王寺へ行って参りました。しかし、本来西国三十三箇所の公式御朱印帳には四天王寺は入っておりません。しかし、全ての御朱印が完了した後に長野善光寺あるいは高野山へお礼参りの参拝すると良いとされ、更には長野善光寺へ参拝するなら北向観音もセットだったり、延暦寺を含めると良いとか。様々な諸説が存在するのであります。以前奈良二月堂で御朱印を頂いた際、西国三十三観音番外寺院のリストを頂きました。そのリストの中に今回の大阪四天王寺が入っていたというワケです。一応名前が出てる以上、行くしか無いでしょ。という訳で今回の大阪攻略が決定になったのでした。






【Mini DATA】
四天王寺 (してんのうじ)
所在地:〒543-0051 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1−11−18
電話:06-6771-0066





天王寺駅から四天王寺に向かう途中に、四天王寺庚申堂があります。
四天王寺の 関連寺なのでしょうか。

4teno_01

4teno_02

4teno_03



庚申堂から更に北へ数分歩くといよいよ目的となる
四天王寺の南大門が姿を現しました。

4teno_04



正面には仁王門と五重塔が見えます。

4teno_05



まさに絵に描いたような見事な仁王様ですね。

4teno_06



仁王門からは五重塔が見えます。

4teno_07



仁王門には柵があり、伽羅の中には入れません。
そのまま左側に移動していきます。

4teno_08



すぐ目につくのが阿弥陀堂。

4teno_09



阿弥陀堂の手前にある手水には、
手水を使用する手順が記されていました。

4teno_10

4teno_11



阿弥陀堂の手前にはもう一つ、木槌と臼があります。
木槌で臼を撞き、その木槌で体の悪いところを擦るとご利益があるそうです。

4teno_12



次にあるのがやや小振りな弘法堂。
どの中に入るといきなり受付になっていて一瞬怯みますが、
誰も居ないものと見なして参拝します。

4teno_13

4teno_14



弘法堂の辺りが丁度極楽門の辺りで、
西から入る極楽門の正面になります。

4teno_15

4teno_16



しかしながらこの先は拝観料が必要なようです。
今回は時間に余裕が無いのでこのままパスすることに。

4teno_17



それでも一応伽羅の内部を覗いていきます。
五重塔が見事ですよね。

4teno_18

4teno_19



ここで納経所を発見しました。
まだ全部参拝が済んでいないのですが
後で戻るか不明なのでこの段階で御朱印を頂くことに。

4teno_20



入口横にさりげに建っている立て札を見てびっくり。
西国だけではなく各種方面の札所のナンバーズになっているようです。

4teno_21



休憩所を過ぎると丸池がありました。

4teno_22



その対面には北鐘楼が建っています。
先程から鐘の音がするのですが、一般には撞けないようです。

4teno_23

4teno_24



さて、いよいよ六時堂が姿を現しました。
4teno_25

4teno_26

4teno_27

4teno_29

4teno_29

4teno_30

4teno_31

4teno_32



六時堂の向かい側にも建物がいっぱい。

4teno_33



六時堂から時計回りに廻ると、
亀井堂という井戸のようなものがあり、何やら作業してます。
覗いたら中には池の水なんでしょうか、小さい池があり、
御札を水に漬けていました。

4teno_34



更にその横に亀井不動があり、
中央の水掛不動は見事に全身コケに包まれています。

4teno_35

4teno_36



亀井不動の正面にあるのが牛王尊。

4teno_37



更にその横には宝物殿がありましたが、
時間の都合により華麗にスルーです。

4teno_38



いよいよ伽羅の東門にやってきました。
東門前には番匠堂が建っています。

4teno_39



東門から中を覗いてみます。

4teno_40



ここで振り返ると湿られたもんの向こうに建っているのは
恐らく太子殿ではないでしょうか。

4teno_41



居ました。
この猫が見たかったのです。

4teno_42



塀にそって進むと次にあるのが普賢菩薩。

4teno_43



どうやら先程の太子殿に入ることが出来るようなので入ってみます。

4teno_44

4teno_45

4teno_46



奥殿の方へ行けるみたいなので行ってみます。

4teno_47

4teno_48

4teno_49

4teno_50

4teno_51



ほぼ一周したところにある南鐘堂。
ここでは鐘を撞かせて貰えるので遠慮なく撞きます。

4teno_52



次は西の方に進むので、極楽門にやって来ました。

4teno_53



極楽門から出て左側に大阪七福神の布袋様がいらっしゃいます。

4teno_54

4teno_55

4teno_56

4teno_57



布袋堂の対面には見真堂が。

4teno_58



四天王寺学園はここにあるんですね。

4teno_59



鐘が撞けるようなので、
遠慮無く撞いていきます。

4teno_60



最後に石の鳥居までやってきました。
が、何故鳥居なんでしょうね。
かつては神社も寺も同じだという話なのですが、神社あったっけ?
駆け足でしたので見過ごしたかもしれません。

4teno_61



四天王寺は思いの外広くて見るものが多数ありました。
1時間もあれば余裕と思っていたのですがとんでもない。
これだけ駆け足で廻っても1時間以上。
伽羅内とか宝物殿に入ったら更に1時間は必要ではないでしょうか。




【おすすめページ】
猫耳Cafe <ゆる〜く雑談しましょ> インデックス一覧
西国三十三所観音めぐり一覧
四天王寺【西国33-番外・他多数】 ←今ここ
突発的決行!弾丸大阪ツアー その1 <天王寺と通天閣編>
突発的決行!弾丸大阪ツアー その2 <なんばと道頓堀編>





ポチっと押してくれると猫が喜びます
 


posted by santa at 00:40| Comment(0) | 大阪(大阪府)の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

紫雲山 葛井寺 【西国33-5】

 
○ 西国三十三所 第五番


 近くに駐車場はありません

大阪市内に用事があって初めて車で大阪へ行ったんだけど、右も左もわからないので大変だった。この葛井寺の辺りの道は特に狭く、駐車場を探して周囲を何周もした結果、表道にある駐車場しか無いことが判明しました。土地勘が全く無い場所はあかんねーーー。でもまぁおかげでぶらりと散歩できてよかったけど、急いでる方はイラっとくるかも。




nisi33_5_01

nisi33_5_02

やっと辿り着いた山門。



nisi33_5_03

nisi33_5_04

境内に入ります。



nisi33_5_05

nisi33_5_06

そして本堂。



nisi33_5_07

納経所はこちら。







より大きな地図で 西国三十三所観音めぐり を表示
※写真、地図の位置等の間違いを発見した場合は連絡願います。※こっそり修正させていただきます。(^^ゞ

目次 >>> 西国三十三所観音めぐりインデックス




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

posted by santa at 09:14| Comment(0) | 大阪(大阪府)の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする