MENU

四国八十八カ所霊場めぐり
西国三十三所観音めぐり
六善光寺めぐり

美濃西国三十三観音めぐり
美濃新四国八十八ケ所めぐり
中濃八十八ケ所めぐり
西美濃三十三霊場めぐり
美濃三弘法めぐり
ぎふ七福神めぐり
飛騨三十三観音霊場めぐり

隣の猫耳(エクセレントワールド)
尾張三十三観音めぐり
名古屋二十一大師めぐり
名古屋三天神めぐり
なごや七福神めぐり
尾張七福神めぐり
覚王山新四国八十八ヶ所めぐり
三河三十三観音めぐり
知多新四国八十八ヶ所めぐり
知多西国三十三観音めぐり
南知多三十三観音めぐり

猫耳Cafe<旅と雑談コーナー>
サンタのつぶやき


2016年08月25日

東光山 菩提寺 花山院 【西国33-番外】

 
西 国 三 十 三 所 観 音 霊 場

○ 西国三十三所観音霊場 番外札所


札所は急坂を延々と登る山の上にありました


前回の兵庫県エリアを全制覇すべく遠征した時、あいにく朝から土砂降りの大雨というアクシデントがあったおかげで初っパナからスケジュールが狂い、本来前回の遠征時に済ませるはずだった花山院を打ち漏らしてしまいました。これは場所的に非常に痛いのです。などと愚痴を言っても始まらないので、今回新たに気分一新し、早朝開門時刻を狙って花山院に向かったのでした。






花山院の参道口に入った途端、すっげー上り坂です。
しかも上に上がるに従って道は狭く、どんどん急坂になってゆきます。
いざ到着するまで、まさかこれほどの難所だとは思いもよりませんでした。
しばらく登り続けると、何とか駐車場がある山門に到着しました。時刻はまだ8時前。
ちなみにお車の方は自己申告にてよろしくとのことです。

santa_DX



仁王様のお出迎えです。
山門をくぐると光が溢れ、地蔵様に後光がさし、神々しい世界ですね。

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX



石段を上がると、そこが既に境内。もっと上があるかと思ってたのでホッとしました。
境内にはまだ御朱印受付時刻前なので誰も居ません。
よく見ると建物が2つあります。どうやら手前が西国三十三観音のようです。

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX

santa_DX



向こう隣の建物は西国薬師堂とあります。
オンコロコロの薬師如来様ですね。

santa_DX

santa_DX

santa_DX



薬師堂のそのまた向こうには地蔵様がズラリ並んでいます。

santa_DX

santa_DX



参拝してる内に納経所開門時間になりましたので、納経所へ向かいます。

santa_DX

santa_DX

santa_DX



眺めが良いところがありました。
相当登った感覚があったのが納得です。

santa_DX



これで前回取りこぼした札所が完了しました。
この日の次の札所は勝尾寺です。ここから遠いんですよ、これが。





【地域エリアの関連ページ】
西国三十三所観音めぐり一覧
兵庫周辺の西国札所総ナメを目指し、西国探検隊がゆく




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

posted by santa at 23:28| Comment(0) | 兵庫県の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

紫雲山 中山寺(中山観音) 【西国33-24】

 
○ 西国三十三所観音霊場 第二十四番


親しみやすく賑やかな観音様

入山料や拝観料はゼロというここらにしては素晴らしい札所ですが、車で行く場合の注意は専用駐車場が無いことです。更に周囲の路地は非常に狭く通りにくいので、見つけた駐車場にとっとと入れることをオススメします。ゲートが無いことから拝観時間は自由となって居ますが、納経所がオープンするのが9時からと、やや遅めなので要注意かも。狭い路地から大きな山門をくぐると、両側にも付属の寺院がいくつかあり、そのまま進むと2段階の石段があります。その石段脇にあるのは、何とエスカレーター。ココはお年寄りや妊婦の方が多いそうで、そのために設置されたとも聞きますが、珍しいですよね。境内や門前の雰囲気からして地元の方々に非常に親しまれている観音様のようです。






電車をご利用の方はこちらからスタートとなります


nisi33_24_01


道路反対側から見るとこんな感じ
山門前の道は非常に狭いです


nisi33_24_02


山門には定番の仁王様ですね


nisi33_24_03

nisi33_24_04


とりあえず山門をどんどん進みます


nisi33_24_05


ここにはなんとエスカレータとエレベータがあるようです


nisi33_24_06


ようやく本堂前到着


nisi33_24_07

nisi33_24_08

nisi33_24_09

nisi33_24_10

nisi33_24_11


何だか装飾がハデなんですよね


nisi33_24_12

nisi33_24_13

nisi33_24_14


賓頭盧様もいらっしゃいます


nisi33_24_15


本堂の左上にはひっそりと子授け地蔵


nisi33_24_16


更に上には太子堂と稲荷様


nisi33_24_17

nisi33_24_18


鎮守社をぐるりと回って多宝塔へ


nisi33_24_19

nisi33_24_20


せっかくなのでエスカレータを利用してみた


nisi33_24_21


通常はこちらをどうぞ


nisi33_24_22


この辺りは各種の堂が続きます
まずは閻魔堂から


nisi33_24_23


寿老人ですね


nisi33_24_24


続いて大黒様&千手観音チーム


nisi33_24_25


中の天井がびっくりするくらいハデな五百羅漢堂


nisi33_24_26

nisi33_24_27


此処から先は左右に院が連続します


nisi33_24_28


まずトップは成就院グループ


nisi33_24_29

nisi33_24_30

nisi33_24_31

nisi33_24_32


次は観音院グループ


nisi33_24_33

nisi33_24_34

nisi33_24_35


続いて華蔵院グループ


nisi33_24_36

nisi33_24_37

nisi33_24_38


そして寶蔵院グループ


nisi33_24_39

nisi33_24_40


ようやくラストに総持院グループ


nisi33_24_41

nisi33_24_42

nisi33_24_43

nisi33_24_44


何だか盛り沢山でした。
ゆっくり見ないと正直もったいない感じですね。







より大きな地図で 西国三十三所観音めぐり を表示
※写真、地図の位置等の間違いを発見した場合は連絡願います。※こっそり修正させていただきます。(^^ゞ

目次 >>> 西国三十三所観音めぐりインデックス




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

posted by santa at 22:08| Comment(0) | 兵庫県の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

御嶽山 清水寺 【西国33-25】

 
○ 西国三十三所観音霊場 第二十五番


静かな山の上

途中徴収ゲートがある山道を上り詰めたところに大きな駐車場があります。車で全く問題無いです。既に到着時刻が遅いのか、この大雨の日にわざわざ来る人が珍しいのか、他に参拝客は殆ど見かけません。やたら新しく見える山門をくぐり、完全舗装の参道をテクテク歩くとおもむろに池が出現し、その向こうに本堂が。本堂内は静かなものです。無事朱印を頂いた後、本堂真後ろの石段を上がり根本中堂を回ってぐるりと歩いたら山門横の売店のところに出てきました。不思議なのは真夏だというのに紫陽花が咲いてるんですよね。この辺り気温が低いのでしょうか。行き掛けに開いていた筈の売店はすっかり閉まってました。






駐車場のとこにある山門
何だか新しくないですかね


nisi33_25_01


山門をくぐって歩いていきます
ほら、左奥にある売店はまだ開いてるでしょ


nisi33_25_02


このような石柱があるとそれっぽいですよね


nisi33_25_03


テクテク歩いてようやく手水まで到着


nisi33_25_04

nisi33_25_05


手水前の薬師堂


nisi33_25_06


池の前を通って本堂に到着


nisi33_25_07

nisi33_25_08


本堂後ろ側の石段を上がります


nisi33_25_09


地蔵堂発見


nisi33_25_10


地蔵堂の反対側奥に鐘楼を発見
どうやら撞いても良さ気なので遠慮無く撞かせて頂きます


nisi33_25_11

nisi33_25_12


石段を更に上がると根本中堂が構えてました
ここまで見に来る人あんまり居なのかも


nisi33_25_13

nisi33_25_14


ぐるりと回りこんで根本中堂の裏側へ
この先には井戸があるという話だけど、今回はパス


nisi33_25_15


森の中を歩いてたら元の山門に出てきました


nisi33_25_16


少しくたびれてるけど
今まで紫陽花が咲いてたということだよね
ウチの辺りでは6月なんだけどね


nisi33_25_17







より大きな地図で 西国三十三所観音めぐり を表示
※写真、地図の位置等の間違いを発見した場合は連絡願います。※こっそり修正させていただきます。(^^ゞ

目次 >>> 西国三十三所観音めぐりインデックス




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

posted by santa at 21:10| Comment(0) | 兵庫県の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

法華山 一乗寺 【西国33-26】

 
○ 西国三十三所観音霊場 第二十六番


ダブル徴収かよっ

何の整備もされてないような有料駐車場に車を停め、いざ一乗寺に入ろうとするとここでもやはり入山料が必要。文化財の維持にはお金が必要だとは理解できるが、入山料をきっちり徴収する場合、駐車場代は余計ではないのかといつも思う。料金所ゲート辺りの地面を見ると雨水が激しく流れた筋が幾筋も残っている。午前中に激しい雨が降ったのではなかろうか。一乗寺もやはり多分に漏れず石段から始まる。少々きつい石段を登ると最初の堂が姿を見せ、次の石段が見える。更に石段を上がると途中に古い三重塔があり更に上に向かう石段が見える。なんと石段の三段トラップになっている。気を取り直しさらに石段を登るとようやく本堂の裏側に出る。本堂へは脇の廊下を通ってぐるりと回り込んだ場所。本堂からの眺めが良いかというとそうでもないが、三重塔が眼下に眺めることが出来る。ついでに本堂周囲の廊下をひと通りぐるりと回ってみることをオススメする。






未舗装の駐車場から
未舗装の通路を通って一乗寺へ向かう


nisi33_26_01


途中にある歓喜院


nisi33_26_02


山門に到着


nisi33_26_03


境内に入ると料金所ゲートが
路面を見ると大胆に水が流れた痕がある
やはりこちらも大雨が降っていたようだ


nisi33_26_04


いきなり石段なんだな


nisi33_26_05

nisi33_26_06


常行堂がお出迎え


nisi33_26_07


更に登ると終点かとおもいきや
法輪堂と三重塔が控えていた


nisi33_26_08


今度こそ最後の階段
まさか石段が三段構えだとは思わなかった
下からビミョーに見えない角度にあるし


nisi33_26_09


ようやく本堂下に到着


nisi33_26_10


左に見えるのが鐘楼


nisi33_26_11


鐘楼を正面から見てみる
確かに鐘がある


nisi33_26_12


ということで本堂


nisi33_26_13

nisi33_26_14

nisi33_26_15


本堂辺りから見える三重塔


nisi33_26_16


行者堂


nisi33_26_17


ところで駐車場前奥にあるこちらの施設は
一乗寺とは何ら関係無いのだそうだ


nisi33_26_18







より大きな地図で 西国三十三所観音めぐり を表示
※写真、地図の位置等の間違いを発見した場合は連絡願います。※こっそり修正させていただきます。(^^ゞ

目次 >>> 西国三十三所観音めぐりインデックス




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

posted by santa at 22:33| Comment(0) | 兵庫県の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

書寫山 圓教寺 【西国33-27】

 
○ 西国三十三所観音霊場 第二十七番


ラストサムライでトムが演じた寺院

2014年の8月です。この年の盆休みには四国を廻ろうかと計画していたのですが、今回の行き先である高知県あたりが台風の影響で水害が出てる程雨が降っているみたいで諦めました。その代わり急遽計画したのが西国巡り。自宅から一番不便な兵庫県を総ナメする予定でいつも通り夜中に出発し、ロープウェイが動く8時半には駐車場に到着。その時点までは曇ではあったものの何とか持ち堪えていた天気が一転し、ロープウェイを降りてからは大雨に。おかげで頂上駅から本堂まで徒歩20分ほどかかる山道を土砂降りの中歩くことに。ここ、圓教寺は映画「ラストサムライ」でも使用された寺ということですっごい期待していたんだけど、大雨のお陰で散々な目に。しかし雨で足止め食らったお陰でロケ現場の堂でのーんびりと座って居られたのは怪我の功名かも。今回の遠征初っ端の大雨によってその後の計画が大きく影響されたのでした。






ロープウェイ乗り場
この時点ではまだ雨が降っていません。


nisi33_27_01


ロープウェイ山麓駅


nisi33_27_02


山頂駅を降りて歩くと次第に雨足が強く


nisi33_27_03


山道をほぼ歩き終えた頃には土砂降りに
スポーツサンダルで歩いていたので助かったが足元はドロドロ


nisi33_27_04


オマケに霧も出てきたし


nisi33_27_05


ようやくはづき茶屋まで到着
雨がねぇー


nisi33_27_06

nisi33_27_07


はづき茶屋前には三十三観音堂
観音様三十三体がワンセットになっている


nisi33_27_08

nisi33_27_09


霧で霞む摩尼殿
大雨の中この石段を登るのは怖いぞー


nisi33_27_10


この大雨がわかります?


nisi33_27_11


やっと納経所がある摩尼殿に到着。


nisi33_27_12

nisi33_27_13

nisi33_27_14

nisi33_27_15


いよいよロケ地の3堂を目指します
途中山道のあちこちに観音様などが


nisi33_27_16

nisi33_27_17


ようやくロケ地に到着
ここで断続的な大雨になった為動くことができず足止めに
しかしおかげでのんびりと出来てよかったのかも


nisi33_27_18

nisi33_27_19

nisi33_27_20

nisi33_27_21

nisi33_27_22

nisi33_27_23


すっかりのんびりしていたら雨が小ぶりになってきたので移動することに
次は開山堂


nisi33_27_24

nisi33_27_25


開山堂でものんびりしていたが
雨が止みそうになってきたのでそろそろ移動しようという事になった


鐘楼


nisi33_27_26


法華堂


nisi33_27_27


気の向こうに常行堂


nisi33_27_28


大黒天


nisi33_27_29


雨に濡れてかえって良い風景かも


nisi33_27_30


一巡して再び摩尼殿に到着


nisi33_27_31


ここからは再び山道を通ってロープウェイ山頂駅へ


nisi33_27_32


山道の道路脇には観音様が見守っている
霧が濃くなってきた


nisi33_27_33

nisi33_27_34

nisi33_27_35

nisi33_27_36


ようやくロープウェイ山頂駅に到着
皮肉にも雨は殆ど止んでいる


nisi33_27_37

nisi33_27_38


天気が良ければ姫路城が見えるそうなんだけど全く見えない状態
予定では午前中に2カ所目を攻略する計画だったのが、
一箇所目で既に昼になっていた。
次に目指すは、一乗寺。







より大きな地図で 西国三十三所観音めぐり を表示
※写真、地図の位置等の間違いを発見した場合は連絡願います。※こっそり修正させていただきます。(^^ゞ

目次 >>> 西国三十三所観音めぐりインデックス




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

posted by santa at 22:42| Comment(0) | 兵庫県の寺社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする