2014年03月22日

覚王山新四国の一番賑わう日に行ってみた

 
nekomimi_cafe_bana
毎年3月21日は覚王山新四国が一番賑わう日
覚王山では毎月21日は弘法様の日で、縁日が開かれるのは周知の通り。しかし、21日が土日と重なる月は多くなく、たいていは平日に行われる。ところが、カレンダーの関係で毎年3月21日は祝日のため必ず休日であることからこの日は一年で最も人が集まる日、らしい。今迄覚王山は何度も来ているが、今回の目的はいつもは閉まっていたり人が居ない札所が開いている事を期待して行ってみる事にした。決して『接待』を期待してるワケではない。接待は楽しいぞ。決して違うからな。(謎笑

「Holiday」にも投稿しています
<超期間限定公開! レアな覚王山新四国を歩く>



ということで、朝7時半に自宅を出発し現地に到着したのは朝の9時。日泰寺境内駐車場は既に満車。坂の下の大昔池があった場所の駐車場に辛うじて駐車スペースを見つけた。とりあえず目指すは日泰寺。覚王山徘徊はいつもココから始める。



F0322_kakuo_01



境内はまだそれ程の人でもない、これからどんどん人が増えて行く。



F0322_kakuo_02

F0322_kakuo_03

F0322_kakuo_04



ここで一旦日泰寺の山門から参道に出る。
次に向かうのは覚王山千躰地蔵堂。
ここはあらかじめ一円玉を山のように用意して挑むべし。



F0322_kakuo_05



順路で言うと次は休憩所というか、案内所があるのだが、今回はパス。



F0322_kakuo_06



ここA地区は日泰寺から一番近い為よく賑わうエリア。



F0322_kakuo_07

F0322_kakuo_08

F0322_kakuo_09

F0322_kakuo_10

F0322_kakuo_11

F0322_kakuo_12



A地区はそこそこにして、
次に覚王山新四国で最も密集していて賑わうメインとなるB地区へ向かう。
ここは毎月賑わっているエリアだが、今回はいつもに増して賑わっていた。



F0322_kakuo_13

F0322_kakuo_14



札所に人が並んでいるのは参拝の順番待ちではなく、『接待』が目当て。順番にお参りした後、少量のお菓子が頂ける。珍しく小さな子供たちを見かけるのはそのため。頂けるのは有難いが、同時に申し訳ない。いつも賽銭は大量の1円玉で済ませるが、今回は追加として大量の10円玉を用意しておいた。施しする方も嬉しいし、頂く方も嬉しい。この辺りはお互い様だと思いたい。

今回は日頃見かけない甘酒の接待もあった。
彼岸とはいえまだまだ寒く、この類の暖かな接待はとてもありがたい。



F0322_kakuo_15

F0322_kakuo_16

F0322_kakuo_17

F0322_kakuo_18

F0322_kakuo_19



狭い通路を通ってB地区の秘境エリアに向かう。
他のエリアはいわゆる平地に札所があるのだが、
このエリアは山間エリアになっていて日中でも薄暗い。
この中に多くの札所がひしめいていて見応え充分。



F0322_kakuo_20

F0322_kakuo_21

F0322_kakuo_22

F0322_kakuo_23

F0322_kakuo_24

F0322_kakuo_25

F0322_kakuo_26

F0322_kakuo_27

F0322_kakuo_28



B地区を後にしてC地区を通過し、
車を駐車した駐車場を横目に今回はいつもの逆コースでH地区に向かう。



F0322_kakuo_29



H地区は逆コースで回るとまさかと思える場所がワンダーエリアへの入口となっている。



F0322_kakuo_30

F0322_kakuo_31



日泰寺霊園前を通過し、慰霊塔の前まで上り詰め、
右側奥に見えるのぼり旗を目指して進むとそこがH地区の入口。
この辺りは普段無人のところだが、人が居るところもちらほらとある。



F0322_kakuo_32

F0322_kakuo_33

F0322_kakuo_34

F0322_kakuo_35



H地区はこれくらいにして次のG地区に向かう。
ところが人が居て接待してるところは一箇所のみで他はいつもと変わらない。
固く閉ざされている34番が開いてることを期待したのだが残念だった。



F0322_kakuo_36



G地区を出たところで一つ収穫があった。
いつもは入口のところで固く閉ざされたところが開いていて、
初めてその中に足を踏み入れることができた。



F0322_kakuo_37

F0322_kakuo_38



順当にF地区を通過していよいよ覚王山日泰寺から一番遠くて広大なE地区へと挑む。
E地区では周囲の開発の影響で札所が移動されたりして不明になっているところもある。
注意深く番号を確認しながら進んだが、今回このエリアでの新たな発見は無かった。

ここらでは家族ぐるみで札所番、
というかイベントの様相を呈している。それこそ親戚一同集まって楽しんでいるみたい。



F0322_kakuo_39

F0322_kakuo_40

F0322_kakuo_41

F0322_kakuo_42

F0322_kakuo_43



E地区で折り返し、タラタラ歩いているとD地区に到着する。
ここでも普段閉まっている札所に人が居て接待して頂ける。



F0322_kakuo_44



D地区の辺りは坂が多く、日泰寺関連以外の寺院も多い。



F0322_kakuo_45

F0322_kakuo_46

F0322_kakuo_47

F0322_kakuo_48

F0322_kakuo_49



適当に歩いたら天満通りに出た。
近くのバス停にはお年寄りがバスを待っている。
並んでる95%が敬老パス使用だろうなと思いつつ
横を通過して再度日泰寺へと向かうことにした。



F0322_kakuo_50



途中、B地区を通過する際にふと見たら不明な筈だった八十七番があるのを発見。
誰かがここに置いたのだろうか。今回最大の発見かも。



F0322_kakuo_51



B地区では今迄見たこと無いリアルな地蔵様を発見。いつの間にココに。



F0322_kakuo_52



日泰寺へと上がる坂の手前の所、
今迄一度も足を踏み入れなかったエリアに馬頭観音を発見。



F0322_kakuo_53



日泰寺に戻ると時間的に丁度お昼になっていた。
各札所ではそろそろ閉店準備に取り掛かっているが、
日泰寺境内及び参道はご覧のとおり。



F0322_kakuo_54

F0322_kakuo_55

F0322_kakuo_56



そろそろ小腹がすいた。
山門前に陣取っている串カツ屋の店頭で何本かつまんだりしてつまみ食い歩きを楽しんで、
この日は早々に終了とした。

それで、本日の接待による収穫は以下の通り。
老若男女誰でもこれだけの接待をして頂けます。
有難い事ではありませんか。



392285961_01


覚王山新四国に関するページはこちらから。
 ↓

覚王山新四国八十八カ所めぐり一覧
名古屋市千種区 全国でも珍しいタイプの新四国が展開されています。



【Mini DATA】
覚王山 日泰寺
所在地:〒464-0046 愛知県名古屋市千種区城山新町1丁目1
電話:052-751-2121





おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧はこちら>
猫耳Cafe <ゆる~く雑談しましょ> インデックス一覧

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

温泉に入る目的で世界遺産白川郷まで行ってみた Holiday
白川郷 最初に選んだのがたまたま白川郷内にある温泉。観光は二の次でした。

飛騨高山の寺町をぐるりと巡る徒歩の旅 Holiday
飛騨高山 飛騨と言えば古い町並みが有名。しかしもう一つ、趣ある寺町があるのです。

高山と古川と、温泉にも入って飛騨観音巡り Holiday
高山広域 高山・古川・割石温泉・宙ドーム神岡・まんが王国・飛騨三十三観音巡り 他

自転車で旧神岡鉄道の線路を走るのだ Holiday
飛騨神岡 かつて営業していた旧神岡鉄道の線路を特別仕様の自転車で走り抜けます。

目指せ富山ブラック!北陸富山~金沢弾丸ツアー Holiday
富山広域 金沢には真っ黒スープの、その名も「金沢ブラック」という名物ラーメンがあるらしい。

突発的に元旦午後から白川郷へ行き、温泉に入ってきた
白川郷 ご存知世界遺産白川郷の中にある温泉へGO!

飛騨高山の隠れスポット<寺町巡り散歩>
高山 高山の東側、山の裾を寺がずっと繋がるように建っているエリアを歩いて巡ります。

高山、古川、神岡、温泉に飛騨三十三観音を巡る欲張り旅<巡礼編>
高山広域 高山からずっと北の方、富山県境まで飛騨三十三観音霊場を巡りました。

高山、古川、神岡、温泉に飛騨三十三観音を巡る欲張り旅<観光編1>
高山広域 札所巡礼の合間に観光を挟みます。古川を始めとして神岡、そしして温泉。

高山、古川、神岡、温泉に飛騨三十三観音を巡る欲張り旅<観光編2>
高山広域 最後にたどり着いたのは高山の古い町並み。買い食いグルメは得意です。

レールマウンテンバイクに乗った
神岡 旧神岡鉄道のレールを自転車で走ることが出来るのです。


ポチっと押してくれると猫が喜びます
 
posted by サンタ at 15:24| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください