2015年10月31日

上醍醐寺 【西国33-11】

猫耳札所バナ
京 都 府 の 寺 社
深雪山 上醍醐 准胝堂 (醍醐寺)
○ 西国三十三所観音霊場 第十一番札所

観音様と納経所が下醍醐寺にあるうちに

R_P1080100

今迄醍醐寺の札所は上醍醐寺にあり、往復2時間以上のハイキングが必要であると思っていたのでなかなか足が進まなかったのです。京都周辺があらかた終了し、いざ醍醐寺の攻略法を調べてみるとどうやら現在の札所は下醍醐寺にあると判明しました。平成20年に落雷によって上醍醐寺准胝堂が焼失してしまい、再建するまでの当面の間は下醍醐寺で准胝観音を安置し、参拝、納経、朱印を受けることが出来るらしい。決して上醍醐寺に出向くのが嫌ではないのだが、楽しみは後に残しておいてとりあえず今のうちに参拝しておこうということで出掛けることにした。

【Mini DATA】
真言宗醍醐派(総本山) 深雪山 上醍醐 准胝堂 (醍醐寺)
所在地:〒601-1325 京都府京都市伏見区醍醐東大路町32
電話:075-571-0002
HP:https://www.daigoji.or.jp/grounds/kamidaigo.html

京都市内の道はどこも狭いので道路事情をよく知らないと嵌まります。
ココは素直に指定の駐車場を利用することにします。
時刻はまだ午前9時。駐車場はガラガラでした。
ちなみに駐車場代は5時間まで700円。
上醍醐寺へのハイキングを睨んでの設定かも。

noimage

しかしココで小さな問題が発生。
寺院全体が広大過ぎるため、
西国三十三観音関連の建物が何処かわからない。
正解は駐車場近くの寺院全体が描かれた地図看板から左側。
とりあえず総門の方向に行けばオッケでした。

noimage

ココでまっすぐ突き当りの建物は三宝院。
今回は西国巡礼が目的なのでココはスルー。
右に曲がると正面に目指す西大門だが、途中にデラックスな門があった。
要は高級な来客専門の入口で唐門と言うらしい。

noimage

西大門に到着。駐車場から随分歩いたような気がする。
いよいよここからが目指す醍醐寺の「下醍醐寺」。
今回は従来の札所であった「上醍醐寺」へは行かない。
ところで西大門両側に設置されている仁王様はバランスが変。
やや頭部が大きいような気がする。

noimage noimage noimage

たまたまだけど、自分の前後は皆西国三十三観音巡礼の方で、
皆同様に納経所が何処で観音様が何処なのか分からない様子。
拝観受付の方は慣れたように何度も同じ説明を繰り返していた。
山門から入ったのは良いけど、一つも建物が見えない。
とりあえずそのまま前の人に続いて歩いて行く事にする。

noimage

まだ紅葉にはやや早いんだけど、
それなりに綺麗なのでした。

noimage

最初に向かったのは国宝であるという金堂。
ただ、アプローチが土木工事中。
しかも事もあろうか金堂正面にローラー車がドーン。
せめて横にどかしておいて欲しいなぁ。

noimage noimage

鐘は当然撞けないようになっていました。

noimage

次に向かったのが五重塔。
京都府市内で最も古い木造建造物だそうです。

noimage noimage

この辺りの紅葉も綺麗です。

noimage

次に向かったのが金堂隣りにある不動堂。
お堂の前には石造りの不動様がどぉーんと建っています。

noimage noimage noimage

その全隣りにある真如三味邪堂。
新しいと思ったら平成9年建立だそうな。

noimage noimage noimage

先程の堂の更に隣。
祖師堂なのかな?

noimage noimage noimage

もひとつ門がありました。
特に名前はついてないみたい。

noimage noimage

さて、いよいよ観音堂に到着。

noimage noimage noimage noimage

ここら辺りの紅葉もまた綺麗なんですよ。

noimage

納経と御朱印帳が済むと隣りにある池に向かいます。
池の周辺は特に綺麗ですね。

noimage noimage noimage noimage

これで下醍醐寺は一通り終了です。
上醍醐寺に向かう場合はココで一旦外に出てハイキング開始です。
自分達も一旦外に出て迂回路を歩くことにします。

noimage noimage noimage noimage

西大門に戻ってきました。

noimage

順序が逆ですが、総門に向かいます。

noimage noimage

境内から出てしまいましたので、
このまま外側を歩いて駐車場に戻りたいと思います。

noimage

ここでコインパーキングが目に入ったので料金を見てみると、
あらら、もしかすると1時間ほどの短時間ならこちらのほうが安いかも。
空いていればの話でしけどね。

noimage

これにて醍醐寺は無事完了しました。

西国三十三所観音めぐり
第10番 第11番 第12番
主な三十三所観音めぐり

西国三十三所観音めぐり一覧
大阪を中心に近畿地方を広く巡る観音札所めぐり。番外多し。

尾張三十三観音めぐり一覧
名古屋を中心に愛知県尾張地方を広く巡る観音札所めぐり。

知多西国三十三観音めぐり一覧
知多半島全体を広く巡る観音札所めぐり。他の札所と重番多し。

南知多三十三観音めぐり一覧
おもに知多半島の南半分を巡る観音札所めぐり。他の札所と重番多し。

三河三十三観音めぐり一覧
おもに愛知県三河の平野部を巡る観音札所めぐり。

美濃西国三十三観音めぐり一覧
おもに岐阜市から中濃周辺エリアを巡る観音札所めぐり。

飛騨三十三観音霊場めぐり一覧
高山市を中心にして広いエリアを巡る観音札所めぐり。

Holiday はHolidayサイトへの投稿記事
おすすめ観光スポット

鞍馬寺を目指して蔵馬までやって来たら
京都蔵馬 想像以上に台風の爪痕が残っていたのでした。

昼間とは一味違う! 夜の京都駅を探索してみよう
京都 超久しぶりに降り立った京都駅で見たものは?

【ベタな京都シリーズ】 あえて二条城へ行ってみる
京都 小学校修学旅行で行った名所へあえて行くシリーズです。二条城にはいったい!?

【ベタな京都シリーズ】 【ベタな京都シリーズ】 キンキラの金閣寺に突撃!
京都 金閣寺って意外に美しかったのです。久しぶりに見る金閣寺、いいっすよ。

初めて乗るトロッコ列車で嵐山へ行ってきた
京都 今迄チャンスが無くて乗れなかったトロッコに乗って嵐山観光に行ってきました。

今津港は琵琶湖に浮かぶ小島、竹生島に渡る連絡船乗り場。
今津 長浜港に比べるとこじんまりとした港です。

滋賀県マキノの「メタセコイアの並木」は美しかった
マキノ 日本街路樹百選に選ばれた直線総長2.4キロにも渡る美しい街路樹があります。

木之本と長浜は訪れる度に新しい発見があります<木之本編>
木之本 白菜が山のように積み上げた鍋があるという情報を聞いて木之本へ行ってきました。

久しぶりに鶏足寺で紅葉狩り
木之本 前回の紅葉はやや手遅れでしたが、今回はやや早かったようです。

木之本と長浜は訪れる度に新しい発見があります<近江長浜編>
近江長浜 黒壁スクエアとヤンマーミュージアムの中間あたりに新しいパン屋さんが出来ました。

【道の駅伊吹の里】は伊吹山を眺めるナイススポット
伊吹 二階には伊吹山を正面から眺められる眺めがいい無料休憩所があります。

JR東海開催の「さわやかウォーキング【近江長岡駅】」に参加してみた
近江長岡 今回のウォーキングは、伊吹山が常に見えるコース。

柏原から峠を越えて米原へポタ散歩 その2
米原 途中苦しい峠を超え、いよいよ米原へ。鳥居本宿で引き返します。

見応えたっぷり!豊郷小学校旧校舎群ライトアップ
豊郷 豊郷小学校旧校舎と正面アプローチがライトアップ。

JR東海「さわやかウォーキング」で豊郷小学校と旧街道散策
豊郷 米原を強引に起点とし、高宮から豊郷を経由し愛知川迄歩くウォーキングに参加。

豊郷で『けいおん!版』飛び出し坊や(女子)を探索 特別編
豊郷 飛び出し看板の聖地である豊郷には「けいおん」の飛び出し看板が実在します。

コナン市で酒を買って、近江八幡で美味しいグルメを味わう旅。
近江八幡 蔵元で美味しい酒を購入し、午後から近江八幡を満喫という計画のはずが・・。

琵琶湖近江八幡で葦の道を進む水郷めぐりを初体験。
近江八幡 近江八幡には葦の水郷があり、船に乗って水郷めぐりができるのです。

近江商人発祥の地、近江八幡の古い町並みを散策
近江八幡 近江八幡は商人の国、古くから栄える古い町並みが保存されています。

猫だらけという噂の沖島に行ってみた
近江八幡 琵琶湖に浮かぶ唯一人が住まう島は猫ニャンがわんさか居るという。

完全ノープランで敦賀に行ってみた<小浜蘇洞門・濱の湯編>
小浜 観光船に乗って蘇洞門を巡った後はのんびり温泉に浸かってのんびりしました。

紅葉の谷汲を歩く <2018>
岐阜谷汲 谷汲は岐阜の紅葉の名所。しかし、本当の旬はなかなか難しいようで。

旧名鉄谷汲線谷汲駅はまだ健在
岐阜谷汲 岐阜の秘境に存在する名鉄谷汲駅は現在どうなっているのでしょうか。

いび川クラシックカーミーティング、2019秋に行ってきた
岐阜谷汲 何度見ても楽しいクラシックカーがずらり展示。谷汲山華厳寺も参拝。

節分になると谷汲と岐阜善光寺でも鬼が立ちます。
岐阜谷汲 節分の日には谷汲華厳寺でも山門正面に鬼が立ちます。

ちょっと早い秋の谷汲をぶらり散歩の後は谷汲温泉でリラックス
岐阜谷汲 ややシーズンオフ的な谷汲をぶらり散歩して素敵な緑の紅葉を楽しむ旅。

ちょいと早い紅葉と秋のグルメを満喫、毎度お馴染みの谷汲。
岐阜谷汲 秋の谷汲はモミジの紅葉、と言いたいところですが実は椎茸丼が目的です。

谷汲山華厳寺の奥の院に行ってみた
岐阜谷汲 谷汲山華厳寺の満願堂から更に山を登ること約一時間、奥の院にたどり着くのです。

あえて行ってみる京都のベタな定番スポット Holiday
京都 修学旅行で行ってからウン十年。何処をどう歩いて、周囲の景色がどうだったのか覚えてますか?

トロッコに乗って紅葉の嵐山を満喫 Holiday
京都 桂川に沿って走るトロッコに乗って嵐山へ行ってみました。

西国三十三所観音札所巡り、京都市内編 Holiday
京都 京都市内で、西国三十三ヶ所に関する寺のみ巡りました。

京都鞍馬から山越えで貴船に降り、川床初体験 Holiday
鞍馬貴船 鞍馬天狗の里として名が知れている鞍馬とはどんなところ?。

紅葉を求めて京都三千院をブラ散歩 Holiday
京都大原 少し寒くなってから京都の三千院へ行ってみました。

10円玉裏の景色を探せ!「平等院」と「三室戸寺」を巡る旅 Holiday
宇治 10円玉裏に刻印されている建物にはモデルがあります。

旧豊郷小学校と「けいおん看板」を探索する旅 Holiday
豊郷 日本にここしかない「けいおん」の飛び出し看板を歩いて巡るという企画です。

長浜城と黒壁スクエアの町を歩き倒してみる Holiday
近江長浜 最近観光地として赤丸急上昇の長浜と黒壁スクエア。行く度に新しい発見があります。

琵琶湖に浮かぶ「竹生島」と琵琶湖北部を巡る Holiday
近江長浜 琵琶湖の中にいくつかある無人島の一つ。竹生島は西国三十三所観音の巡礼地。

岐阜の秘境「谷汲さん」とその周辺を探索 Holiday
谷汲 岐阜の山奥には谷汲という全国的に有名な山寺があるのです。


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 21:22| Comment(0) | 京都(京都府)の寺社 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください