2016年04月10日

たじみ陶器まつり!市之倉にも行ってみた<2016>

 
nekomimi_cafe_bana.jpg


市之倉というのは陶器の窯元がある地区です


今回で「たじみ陶器まつり」参戦も通算で5回を数えます。今回はやや趣向を変えて市之倉地区へ足を伸ばしてみたいと思います。市之倉へ行くには車で直接現地へ向かうことも出来ますが、実は多治見駅前から無料シャトルバスで結ばれています。今回はそのバスを利用したいと思います。市之倉へは初めて行ったので右も左もわかりません。陶器まつりで購入した器を持って歩いたのでこれが失敗でしたね。駅のコインロッカーにでも放り込んで来ればよかったです。

「Holiday」にも投稿しています
<陶器の町「多治見」で陶器の器を大人買い!>



※右側黄色丸印が今回の駐車場。多治見運動公園の南側。
※黄色い星印が無料シャトルバス乗り場。



話としては「たじみ陶器まつり<2016>」の続編です。
陶器まつりのメイン会場からながせ通りを通り抜けて多治見駅前に向かいます。
天気はいつの間にか快晴。汗ばむほど暑くなってきました。

santa_dx



橋を渡ると左側に珍しく鳥屋さん、
最近はホームセンターにしか見たことがありません。

santa_dx



通りに入ると左右の店を冷やかしながら歩いていきます。
まず目に入ったのが酒屋さん。

santa_dx



思うんだけど、なぁーんとなく店が少なくなってないか?
以前は店が途切れることが無かったと思ったんだけど、どこか寂しい感じ。

santa_dx

santa_dx



途中、大判焼きを購入したりして多治見駅に到着。
バス停を確認して並んでいるとバスがやってきました。

santa_dx

santa_dx

santa_dx



多治見駅から市之倉までそれ程時間はかかりません。
市之倉に到着後しても何処に何があるのかさっぱりわかりません。
何となく前の人についていく作戦を採用することに。

santa_dx

santa_dx



するといつの間にか窯元の庭に出ていました。
マップで言うとこの9番、竹窯(ちくよう)ですね。
どうやら点在する窯元を歩いて巡るようだと今更認識しました。
のんびなものです。



santa_dx

santa_dx

santa_dx



次にすぐ隣の貞山陶房へ。

santa_dx

santa_dx

santa_dx

santa_dx



続いて少し歩いて近くのショップに。

santa_dx

santa_dx



此処から先どうしようかと考え、
今回の市之倉は偵察に来ただけなので遠くへは行かず、近くを回ることに。
ということで次は川を渡って祥山がまへ。

santa_dx

santa_dx

santa_dx

santa_dx

santa_dx

santa_dx



この辺り高そうな器がずらり。

santa_dx



次は普段からお店として営業してる感じですね。

santa_dx



縁台みたいになってるところにズラリ。

santa_dx



靴のまま店内へどうぞと言われるものの
綺麗な床に土足も躊躇します。

santa_dx

santa_dx



手書きの品だそうです。

santa_dx



よく見たらすっごい特価。
恐らくコレっきりしか無い半端物ってことだろうね。

santa_dx

santa_dx

santa_dx



次はこの流れで幸輔窯へ。

santa_dx

santa_dx

santa_dx



ということで近場だけぐるり一周して会場Cゾーンに戻ってきました。

santa_dx

santa_dx

santa_dx



一通り眺めた後、再びシャトルバスで多治見駅に戻り、たまたま待機していたらしき市役所前行きに乗り換え、市役所前で駐車場行きのバスに乗り換えてようやく戻ってきました。次回は最初に市之倉に駐車して、シャトルバスで多治見駅にやって来ても良いのかな。また来年ですのでじっくり考えることにします。





猫耳Cafe <ゆる~く雑談しましょ> インデックス一覧


【近隣の関連記事】
<たじみ陶器まつりには何度行っても楽しい<2016>> 2016年のお話
<今年もたじみ陶器まつりに行ってしまった> 2015年のお話
<カトリック多治見教会> 誰でも自由に出入りできます
<永保寺とその周辺> 絶景の寺として有名




ポチっと押してくれると猫が喜びます
 

posted by サンタ at 16:04| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください