2017年03月05日

瀬戸蔵ミュージアムでタイムスリップ気分を味わってみる

 
tubu2
昔通りの尾張瀬戸駅がそこに存在する
H0225_setikuraMG_13

せとものの元祖発祥の地、瀬戸市。昔から陶器で栄えてきた町です。その町に名古屋から瀬戸電が通っていて、かつて何度か乗ったことがあるのです。しかし、駅舎が新しくなってかつての姿のかけらも無くなって寂しいなと思ってた所、瀬戸蔵ミュージアムで再現されていると聞き、一度行ってみたかったのです。施設としては有料。大人一人500円と高いなと思いつつ入ってみたらそこはタイムスリップしたかのような世界が展開されてました。




【Mini DATA】
瀬戸蔵ミュージアム
所在地:〒489-0813 愛知県瀬戸市蔵所町1−1
電話:0561-97-1190





瀬戸蔵ミュージアムは、瀬戸蔵の二階部分、
回る階段を上がった先に受付があります。
ちなみに大人一人500円ですが、JAF会員なら400円。
入り口から入ったらいきなりホームがあって、電車に乗れます。
かつて乗ったことがある電車の色は確か真っ赤のはずですが、
記憶違いだったのかしらん。

H0225_setikuraMG_01

H0225_setikuraMG_02

H0225_setikuraMG_03

H0225_setikuraMG_04

H0225_setikuraMG_05

H0225_setikuraMG_41

H0225_setikuraMG_09



駅舎の外観は記憶の通り。
角が丸い構造で内部もその通り。

H0225_setikuraMG_12

H0225_setikuraMG_44

H0225_setikuraMG_11

H0225_setikuraMG_47



昔、名古屋城のお堀を走っていた頃の瀬戸電。

H0225_setikuraMG_08



もうこれだけでも充分堪能したのですが、
瀬戸物の歴史の方も少しは見ておこうかと思います。
まずこの辺りは「型」による製造ですね、早い話鋳造と同じ。

H0225_setikuraMG_16



かつてのメインはろくろ。
しかしろくろでは生産性に限りがあるようで、後に機械化されていくようです。

H0225_setikuraMG_15



どんどん機械化されていきます。

H0225_setikuraMG_22



これってシルク式の絵付け機だよね。
よく考えるものだ。

H0225_setikuraMG_23



というわけでめでたく量産されるようになったのでした。
たまたまひな祭りの季節でしたので、つるし雛が飾られてあります。

H0225_setikuraMG_27



何かと思ったら、上から見て下さいとのこと。

H0225_setikuraMG_28



2階は古代の陶器コーナーその他。

H0225_setikuraMG_30



奥に行ったら尾張瀬戸駅を上から見れた。 これはこれでオッケー。

H0225_setikuraMG_31

H0225_setikuraMG_34



ところで、暗い所にさり気なく異物があるようなんだけど、
これっていったい・・・・w。

H0225_setikuraMG_35




おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧はこちら>

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

陶器の町、愛知瀬戸で「お雛めぐり」と町巡り。 Holiday
瀬戸 期間中、瀬戸に1000体もの人形を使用した巨大な「ひなミッド」が出現するらしい。

陶の町瀬戸のお雛めぐりは結構面白い
瀬戸 瀬戸のひな祭り、ミッドひなを見てお雛めぐりを巡ってきたのです。

瀬戸末広町商店街をお雛めぐりで探索してみた
瀬戸 お雛めぐり探索で、瀬戸蔵から東の方向に伸びている商店街へ行ってみた話。

瀬戸銀座通り商店街をブラ歩き
瀬戸 お雛めぐり探索で、尾張瀬戸駅から東の方向に伸びている商店街へ行ってみた話。

餃子楼店内はまるでカラオケボックスでした
瀬戸 食べ損ねたやきそばを求めて偶然たどり着いたのは餃子屋さん?。

瀬戸のおもだか屋でお気に入りのネコ探し
瀬戸 瀬戸で招き猫を探すなら断然このお店。可愛い猫からワンランク上の猫まで勢揃い。

川村屋賀栄の猫饅頭「たま」が気になるのだ
瀬戸 そもそも猫まんじゅうとは一体何か、そして肉球の謎とは一体何。

ぷらざせとっこで食べた「せと焼きまん」が美味しかった
瀬戸 食べた豚饅頭もオバちゃんたちも皆温かでした。。

見てるだけでも楽しい!瀬戸蔵セラミックプラザでお買い物
瀬戸 とりあえずここに行けば瀬戸焼の製品が一通り揃っています。しかも掘り出し物!

名鉄尾張瀬戸駅
瀬戸 駅舎も線路も、そして周辺も昔の瀬戸線とは随分様子が変わってしまいました。






>>>>> サンタのつぶやき 一覧はこちら <<<<<

山劇/となりの山劇 INDEX
山劇COMICS INDEX
山劇MOVIE INDEX
山劇TRAVEL INDEX
山劇ONGAKU INDEX

<猫耳に念仏 TOP> <隣の猫耳 INDEX> <猫耳Cafe INDEX>





ポチっと押してくれると猫が喜びます
 



posted by サンタ at 22:54| Comment(0) | サンタのつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください