2017年05月15日

椿の湯 ゆったり温泉を楽しみたい方はこちらへ

つぶやきバナ

道後のもう一つの温泉

H0502_matsuyama_157

道後で温泉といえば名実共に「道後温泉本館」という事になっている。どうやら国内最古級の温泉ということだ。おかげで日本全国はおろか、世界中から歴史ある温泉に入ろうと集まってくる。結果いつ行ってもすっごい混雑している事になる。しかし、道後にもう温泉が存在することをご存知だろうか。こちらはどう見ても歴史的な建造物ではない事はひと目で理解できる。しかし、空いてるんだよ。道後温泉本館がどれだけ混雑していようともこちらの温泉は行列すら出来ない。実は湯船も道後温泉本館と同様の作りになっていて気分的に何ら謙遜無い温泉になっている。ただ、一言だけ言わせてもらうと、古い。この場合、歴史的に古いという使用方法ではなく、単純に年月経ったかなぁという方面の使用方法が正しい。それさえ目をつぶれば湯船を広々と使用できるし、のんびり出来るし。ブランドよりも実を取るなら断然こちらの椿の湯を押したいと思う。ところで、2017年辺りから何やら工事が始まったようだ。完成予想図があるので眺めると、新しい浴室と休憩所を増築する計画のようだ。今はまだ何とも言えないが、将来的に全面リニューアルする・・・・・かもしれない。

【Mini DATA】
道後温泉椿の湯
所在地:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町19−22
電話:089-935-6586

玄関を外から見ると大浴場という風格。

H0502_matsuyama_63

この時間、道後温泉本館はまだ混雑しているのだが、こちらはこれくらい。
ご覧の通り、チケット売り場に行列さえ出来ていない。

H0502_matsuyama_76
H0502_matsuyama_78

道後温泉本館の全体模型が面白い。

H0502_matsuyama_77
<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

丸亀城と丸亀定番グルメ、第62番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛~香川 四国巡礼第三シーズン最終日は今治から丸亀を目指し、のんびり観光して帰ります。

今治城と今治B級グルメ、第52番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛広域 四国巡礼第三シーズン二日目は松山を出発し今治を目指します。夜はB級グルメ!。

松山城と道後温泉、第44番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛広域 四国巡礼第三シーズン初日は松山周辺札所を攻略し、夜は道後で温泉とグルメを堪能。

室戸岬から始める四国八十八ヶ所巡りの旅 Holiday
室戸~高知 四国巡礼第2シーズン開始。室戸岬から高知を目指し快晴の海岸をひた走ります。

高知から始める四国八十八ヶ所巡りの旅 Holiday
高知~窪川 坂本竜馬の像が建つ桂浜から窪川を目指します。途中、とんでもない道にドキドキ。

足摺岬から始める四国八十八ヶ所を巡る旅 Holiday
窪川~西予 早朝の絶景、足摺岬で足湯に入ります。今回の四国巡りもクライマックス。

ついに本四国デビューしました~♪
徳島広域 ついに本物の四国巡礼を巡ることになりました。今回は徳島県を制覇します。

四国八十八ヶ所の旅!第二シーズンは室戸岬から開始
高知広域 最初の四国から2年ぶり。今回は2泊3日で高知県を制覇します。

正確に言うと「道後ハイカラ通り」。道後温泉駅と道後温泉本館とを繋いでいます。連日人並みが消えません。松山市

今や日本全国で最も有名、そして最も古い温泉として世界中から人が集まってくるようになりました。松山市

明治を偲ぶレトロな駅舎が特徴。名物坊ちゃん列車もここから出発します。駅前にはカラクリや足湯も。松山市

最近静かなブームのゲストハウス。その中でも道後商店街に最も近いのではないでしょうか。街歩きに超便利。松山市

道後に存在するもう一つの温泉。のんびりじっくり温泉を楽しみたいのならむしろこちらがオススメ。松山市

最近松山道後では鯛めしが静かなブーム。鯛めしの中でも宇和島タイプと呼ばれる鯛めしを頂きます。松山市

現存天守12城。小高い山の上に立っている天守へはロープウェイかリフトが便利。上からの眺望も最高。松山市


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 20:42| Comment(0) | サンタのつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください