2017年05月16日

ゲストハウスふじや 道後至近の超便利宿


tubu2
道後温泉駅も道後温泉本館も至近という神立地
H0502_matsuyama_179

道後温泉に最も近いエリアに存在するゲストハウス。道後で宿泊と言えば温泉付きホテルや旅館が王道。フツーの観光客は頑張ってビジネスホテルなのであります。そして旅費と宿泊費を節約したい場合は松山YHが定番だったはず。しかし最近、改めて道後温泉周辺と松山の安宿を調べてみたら、あちこちにゲストハウスが出来ているのです。実はゲストハウスが増加しているのは全国的な流行らしく、道後温泉近くにも増えてきたのは大歓迎するところ。その中で選んだのが「フジヤ」。理由は道後温泉に最も近い場所だから。それにしてもまるで外人受けを狙ったかのようなネーミングだね。実際に外人専用の建物が用意してあるというし。それで、ネーミングからも何となく想像するんだけど、ゲストハウスとしてはフロンティアに属するのではないだろうか。でもね、宿泊するのにはこれで充分なんですよ。道後温泉商店街から近いという事は、温泉に入るのも飯を食べるのも、勿論観光するのにも、全てが便利ということなんです。まさに理想の立地。建物的に築年が進んでいる部分は仕方ないけど、きちんと手作りによるリニューアルが施されて不快感は存在しないのです。夜になるとリビングに各自好きな酒を持ち込んで話の花が咲くし。そういった類いが好きな方には絶好の宿と言えると思う。

ふじや
所在地:〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町7−23
電話:080-1750-5454

パット見アパートみたいな外観。

H0502_matsuyama_176

玄関から入った感じはフツーの家っぽい。

H0502_matsuyama_191

中の雰囲気は下宿宿という感じかな。

H0502_matsuyama_180

個室は二段ベッドとシングルの3人部屋。
ドミトリーも多分同様だと思われ。

H0502_matsuyama_182

一通り自炊可能な備品や食器が揃っている。
使用は自由だが、きちんと後片付けがルール。

H0502_matsuyama_190 H0502_matsuyama_188

この辺りは清潔さが保たれている。

H0502_matsuyama_185

個室を押さえて連泊するというのが面白いんじゃないかな。

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

丸亀城と丸亀定番グルメ、第62番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛~香川 四国巡礼第三シーズン最終日は今治から丸亀を目指し、のんびり観光して帰ります。

今治城と今治B級グルメ、第52番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛広域 四国巡礼第三シーズン二日目は松山を出発し今治を目指します。夜はB級グルメ!。

松山城と道後温泉、第44番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛広域 四国巡礼第三シーズン初日は松山周辺札所を攻略し、夜は道後で温泉とグルメを堪能。

室戸岬から始める四国八十八ヶ所巡りの旅 Holiday
室戸~高知 四国巡礼第2シーズン開始。室戸岬から高知を目指し快晴の海岸をひた走ります。

高知から始める四国八十八ヶ所巡りの旅 Holiday
高知~窪川 坂本竜馬の像が建つ桂浜から窪川を目指します。途中、とんでもない道にドキドキ。

足摺岬から始める四国八十八ヶ所を巡る旅 Holiday
窪川~西予 早朝の絶景、足摺岬で足湯に入ります。今回の四国巡りもクライマックス。

ついに本四国デビューしました~♪
徳島広域 ついに本物の四国巡礼を巡ることになりました。今回は徳島県を制覇します。

四国八十八ヶ所の旅!第二シーズンは室戸岬から開始
高知広域 最初の四国から2年ぶり。今回は2泊3日で高知県を制覇します。

正確に言うと「道後ハイカラ通り」。道後温泉駅と道後温泉本館とを繋いでいます。連日人並みが消えません。松山市

今や日本全国で最も有名、そして最も古い温泉として世界中から人が集まってくるようになりました。松山市

明治を偲ぶレトロな駅舎が特徴。名物坊ちゃん列車もここから出発します。駅前にはカラクリや足湯も。松山市

最近静かなブームのゲストハウス。その中でも道後商店街に最も近いのではないでしょうか。街歩きに超便利。松山市

道後に存在するもう一つの温泉。のんびりじっくり温泉を楽しみたいのならむしろこちらがオススメ。松山市

最近松山道後では鯛めしが静かなブーム。鯛めしの中でも宇和島タイプと呼ばれる鯛めしを頂きます。松山市

現存天守12城。小高い山の上に立っている天守へはロープウェイかリフトが便利。上からの眺望も最高。松山市


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 00:00| Comment(0) | サンタのつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください