2017年06月18日

こびの天狗山(荒薙神社)

隣の猫耳バナ
岐 阜 県 の 寺 社
こびの天狗山(荒薙神社)

驚きの巨大天狗をはじめ境内天狗だらけ

位置的には日本昭和村の真東。国道41号線沿いの小高い山の上に目指す神社が存在します。近くには大きな看板が建てられていますので迷うことはないかと思います。ここに日本一という巨大な天狗像をはじめ、境内など天狗だらけ。実は地元では「お願い事の神様」として広く知られ、観光バスのルートにもなっているという有名スポット。なのでもう少し整備しても・・・いえいえ、なんでもありません。

【Mini DATA】
こびの天狗山(荒薙神社)
所在地:〒505-0021 岐阜県美濃加茂市森山町3丁目5−57
電話:0574-26-1331

駐車場に到着しました。
既に周囲は異様な雰囲気が漂っています。

H0617_Bspot_01

問題の巨大天狗像。
でかいですねー。近くに寄るとその巨大さがよくわかります。

H0617_Bspot_56

気を取り直して境内に入ります。
鳥居両側に凛々しい天狗様がポーズをとっていて、これが意外にカッコいい。

H0617_Bspot_04

境内そこら中天狗だらけです。

H0617_Bspot_07 H0617_Bspot_08 H0617_Bspot_09 H0617_Bspot_39 H0617_Bspot_48 H0617_Bspot_49

いよいよ本殿に向かいます。

H0617_Bspot_10

本殿に到着しました。
上に並んでるの、あれ何でしょうね。

H0617_Bspot_29 H0617_Bspot_30

賽銭箱の形が少々変わっています。

H0617_Bspot_32

本殿の中は、どう表現したらいいんでしょう。
すっごいですねー。

H0617_Bspot_12 H0617_Bspot_18 H0617_Bspot_20

これ全部天狗の面です。

H0617_Bspot_22

こちらは祈祷所でしょうか。

H0617_Bspot_16 H0617_Bspot_17

建物の前に一枚刃の下駄があり、自由にチャレンジできます。
試してみましたが鼻緒が足に合いません。
危険と判断して止めておきました。
試される方、事故や怪我は自己責任です。くれぐれも慎重に。

H0617_Bspot_13 H0617_Bspot_14

社務所の方に向かうと、観音様と稲荷様がありました。

H0617_Bspot_43 H0617_Bspot_45 H0617_Bspot_47

こちらでは団体対応できるような大きな食堂があるみたい。

H0617_Bspot_50

建てられた年代を感じますね。

H0617_Bspot_51

ところで全くの余談ですが・・・・・・・・・
国道を名古屋方面に少し走った所にあるジョイフル美濃加茂店。
ちょうどいい場所にファミレスがあるので立ち寄る率が高いのです。
ところがね、客層がやや特殊なのです。
半分以上が南米系と思われる外国人ばかり。半分どころか4分の3くらいかも。
しかもことごとくファミリーで来ているのです。
最初は周囲囲まれて驚きましたが、最近はすっかり慣れました。
H0617_Bspot_59

Holiday はHolidayサイトへの投稿記事
おすすめ観光スポット

美濃市で和紙とあかりのアートを愉しむ Holiday
美濃 美濃市の古い町並みの道路両側にずらりと自慢の行灯が並ぶ姿は一見の価値があります。

飛騨高山の寺町をぐるりと巡る徒歩の旅 Holiday
飛騨高山 飛騨と言えば古い町並みが有名。しかしもう一つ、趣ある寺町があるのです。

隠れた名所!美濃の舞台、日龍峰寺 Holiday
関市 まさか美濃の山奥に立派な舞台づくりの建物があるとは思いもよりませんでした。

正月に食べそこねた椎茸カツ丼にリベンジなのだ
平成 以前店が休業で悔しかった思いを再度チャレンジ。お店は道の駅「平成」隣です。

岐阜県美濃加茂にある日本昭和村をご存知ですか?
美濃加茂 昭和をイメージした展示や体験など一日中のんびり楽しめるテーマパーク。

花フェスタ記念公園の「夜の部」に行ってみた
可児 広大なバラ園がある花フェスタ公園の夜の部が綺麗だと聞いて再び行ってみました。

世界最大級のバラ園という噂の花フェスタ記念公園へ行ってきた
可児 かつて花博が開催された跡地は現在花フェスタ公園になり世界最大級のバラ園が自慢。

今年も多治見陶器まつりに行ってしまった
多治見 年に一度陶器を売りまくる多治見の陶器まつりに行ってきました。収穫はいかに?


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 09:57| Comment(0) | 岐阜県中濃の寺社 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください