2017年10月09日

関・刃物まつりと美濃和紙あかりアート展をダブルヘッダーでGO!<関編>

 
nekomimi_cafe_bana
同日開催は結構都合が良かったりする
美濃和紙あかりアート展の開催日は気にしてるので忘れることはないのですが、関の刃物まつりと同日開催してたと判明したのは近年のこと。普通だと同日なんてどうすると困るところですが、時刻がズレているのです。関の刃物まつりは昼間の開催で、美濃和紙あかりアート展は夜の開催。関を十分堪能してから美濃市に移動すれば充分間に合うのです。ということで、車を停める駐車場は関テクノハイランドが一番都合がいい。この場所に停めると美濃和紙あかりアート展の特設駐車場へ最も行きやすいのです。



【Mini DATA】
関・刃物まつり((実行委員会)
所在地:岐阜県関市若草通3丁目1番地(関市役所)
電話:0575-22-3131





関商工会議所のちょうど裏側に
関テクノハイランドからのシャトルバスが到着する。

H1008_seki_006



関商工会議所では歴代の刃物まつりポスターが展示されていました。

H1008_seki_001



到着した時刻は既にお昼。
昼食のつもりで目についたおやつ類を片っ端から買食いしていきます。

H1008_seki_005

H1008_seki_007



焼きたての鮎菓子が売ってました。
職人さんが丁寧に仕上げて行きます。

H1008_seki_009

H1008_seki_011



続いて栗おこわを発見。
塩分控えめで栗の味と香りがばっちり。

H1008_seki_017



広い通りまでやって来ました。
ステージではちょうど女性グループのライブをやってます。

H1008_seki_024



その前ではゆるキャラの「うかる」君が。

H1008_seki_021



ステージがある広場では「いももち」を発見。
北海道ではじゃがいもを練り入れるという話だが、岐阜では里芋を入れる。
表面はカリっと、中はほっこり柔らかく仕上がり、醤油で味付します。

H1008_seki_027

H1008_seki_028



隣のブースで飛騨牛コロッケを。
やっぱり焼き立てや揚げたては一番うまい。

H1008_seki_030



ここではこれくらいと思っていたらテント横に回るとよもぎ団子を発見。
よもぎ団子を焼くことによってかえって香りが立つみたい。

H1008_seki_033



ところで、改めて気がついたのだが、
今日はまだこれっぽっちも、刃物を見てないのと違う?
お待たせしました。これから先は刃物テントを中心に見て回ります。
ここで改めて申し上げると、刃物のというのは刀やナイフ、包丁だけではありません。
ハサミや爪切り、はたまた農作業用の鎌等も山のように用意されています。

H1008_seki_012

H1008_seki_048



それにしても会場内は人でいっぱいです。

H1008_seki_037



今回はこちらのお店で通常の三徳包丁を購入。
いつも使用してる包丁を研ぎ直すという手もあるけど、
年に一度のまつりで買い直すという手もあるかなと。
ただし、毎回購入する包丁は必ず「本割込」。
ステンレスだけの包丁なんて絶対に買わない。
本割込に興味ある方は違いを調べてみて。

H1008_seki_055

H1008_seki_047



毎回人だかりしている貝印のブース。
貝印と言えばカミソリや髭剃りで有名なメーカー。
毎年髭剃りが大廉売してるので今回も約一年分をガッツリ購入。

H1008_seki_013

H1008_seki_015



こちらはフェザー。

H1008_seki_044



それにしても面白いものがいっぱい販売してるのです。

H1008_seki_041

H1008_seki_042

H1008_seki_045

H1008_seki_051



こちらのナイフ、スケルトンかと思ったらどうやら半製品。
グリップは自分で作ってちょという意味らしい。

H1008_seki_043



外国人受けが良いのがこちら。
模造刀のブース。
見た目本物ですもんね、勿論刃は付いていません。

H1008_seki_019

H1008_seki_018



ここで岐阜関の名店を発見。
食べていきたいのは山々なんだけど、行列が長いのと予算の都合。
涙を呑んで次回とさせていただきます。(と、毎年言ってる気がするw)

H1008_seki_049



ということで夕方になりました。
今回は早めに次の会場に向かいたいので早々に切り上げることにします。
ここで喉の渇きに気がついた所で都合よく自販機がw
よく見て下さい、変なものがあるでしょ。

H1008_seki_059



拡大しました、これです。
このボタンだけ、一体何が出るかわからない仕様になっています。
たしか前回はスルーしたので今回は挑戦させていただきます。

H1008_seki_061



100円を入れて慎重にボタンを押すと重い音と共に出てきました。
コレです。レモンクリームソーダ。メーカーはポッカですね。
損してるのか得してるのか、微妙な線です。

H1008_seki_056



無料のシャトルバスに乗って駐車した場所まで戻ってきました。
ただここ、雨が降ると地面が最低なことになります。
この駐車場から次の美濃市はすぐ近くなんです、実は。

H1008_seki_064

H1008_seki_063






関・刃物まつりと美濃和紙あかりアート展をダブルヘッダーでGO!
戻る 1 2 進む


↓ 同日開催!美濃和紙あかりアート展はこちらから

関・刃物まつりと美濃和紙あかりアート展をダブルヘッダーでGO!<美濃編>
美濃市 同日開催の関と美濃。夜の部は美濃市のあかりアート展へ突撃するのだ。

関・刃物まつりと美濃和紙あかりアート展をダブルヘッダーでGO!<戦利品編>
関市 関市の刃物まつり会場にて手に入れた戦利品の数々。






おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧はこちら>
猫耳Cafe <ゆる~く雑談しましょ> インデックス一覧
隣の猫耳 <寺と神社> インデックス一覧

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

刃物で有名な「関」の町並み散策と歴史寺町巡り ※ Holiday
関市 関市は知る人ぞ知る刃物メーカーがある刃物の町。古い町並みが並んでいます。

隠れた名所!美濃の舞台、日龍峰寺 ※ Holiday
関市 まさか美濃の山奥に立派な舞台づくりの建物があるとは思いもよりませんでした。

噂のモネの池を見て、温泉と美濃B級グルメを満喫する旅  ※ Holiday
板取 板取渓谷にあるモネの池、その先には素敵な温泉があります。

美濃市で和紙とあかりのアートを愉しむ ※ Holiday
美濃 美濃市の古い町並みの道路両側にずらりと自慢の行灯が並ぶ姿は一見の価値があります。

関・板取のあじさいまつり(2017)でグルメ食べまくり
岐阜板取 岐阜の奥座敷とも呼ばれる板取地区で開催されるあじさいまつりに出かけます。

噂の「モネの池」を偵察して温泉に入りに行こう
板取 蓮の花が咲く前、4月頃に偵察に行ってみました。そして目指せ板取川温泉!

関の刃物まつりって知ってます?<メインストリート編>
岐阜関市 関市の「関刃物まつり」。メインストリートの様子を紹介します。

関の刃物まつりって知ってます?<イベント及び展示館編>
岐阜関市 関の刃物まつりはメインストリート以外にも見所がいっぱいあるのです。


ポチっと押してくれると猫が喜びます
 
posted by サンタ at 19:14| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください