2017年10月09日

関・刃物まつりと美濃和紙あかりアート展をダブルヘッダーでGO!<美濃編>

 
nekomimi_cafe_bana
明るいうちに腹ごしらえすることにします
関の刃物まつりからシャトルバスで戻ってきたその場所は、実は美濃市のすぐ近く。しかも美濃和紙あかりアート展の駐車場に行くのに実に都合がいい場所なのであります。この辺りの道はよく知ってるので迷わず美濃和紙あかりアート展の指定駐車場に車を停め、再びシャトルバスによって会場となる美濃の古い町並みへと向かいます。現地に到着したのはまだ午後4時過ぎ。明るい間に作品群を見ても実際灯りが灯されないとなんとも分かりません。ということで、明るいうちに腹ごしらえの方向にします。そして空が暗くなってきたら再び活動開始ですね。



【Mini DATA】
美濃和紙あかりアート展(美濃市観光協会)
所在地:岐阜県美濃市加冶屋町1959-1(実行委員会事務所)
電話:0575-35-3660





こちらでもシャトルバスに乗るところからスタート。
まだ日が高いのです。

H1008_seki_065

H1008_seki_068



乗車時間約10分弱と言ったところでしょうか、間もなくして会場に到着します。
しかしまだ空は明るく時間はたっぷりあります。
普段なかなか入らないお店に入ってみます。
こちらは木の天板を販売してます。
無垢の天板っていいねーって思うものの、お値段を見ると一気に現実に戻されます。
でもいつかは手に入れたいっす。

H1008_seki_078

H1008_seki_077

H1008_seki_073



ちなみにこの時間に作品を見るとこうなります。
中からの光が全く見えない状態では何が何だか分かりません。

H1008_seki_080

H1008_seki_082

H1008_seki_083

H1008_seki_088

H1008_seki_091



何となく入った酒屋で面白い酒を発見。
今購入すると荷物になるので帰りに覚えておきます。

H1008_seki_084

H1008_seki_085



歩いてたらマンホールを発見。

H1008_seki_071



こんなことやってる場合ではありません。
明るいうちに腹ごしらえしなくては。
いつも利用しているブースで今年も色々購入しました。

H1008_seki_094

H1008_seki_092

H1008_seki_093



やや冷えてきたので暖かなとん汁を購入。

H1008_seki_095



唐揚げが美味しそうでした。

H1008_seki_100



今年はカツサンドではなくバーガーセットを選択。
この他には写真無いけど、トマトスープと鮎の塩焼きを頂きました。

H1008_seki_101



歩いている時でも美味しそうなものは外せません。

H1008_seki_113



そろそろ暗くなってきたので街歩きを開始します。
ところで展示作品は主に小中学生その他の学生以下部門と、無差別級一般部門に分かれています。
両者を比べると細工仕上げに明らかに差があります。
しかし、実を言うと見ていて面白いのは断然小中学生部門。
奴らのセンス、侮れないですよw
ということで食事ブースに近い小中学生部門からスタート。

H1008_seki_108

H1008_seki_110

H1008_seki_117

H1008_seki_120

H1008_seki_127

H1008_seki_129

H1008_seki_133

H1008_seki_130

H1008_seki_152



既に通りは人でいっぱいになっています。

H1008_seki_124



途中、開いているお店がありますね。
番屋は観光協会で、灯りのお店は販売店です。
中で写真撮ると怒られるので外から撮ります。

H1008_seki_137

H1008_seki_136



このあたりから一般に切り替わるのですが、どこからだっけ。
既に覚えてませんw

H1008_seki_144



この作品、上から覗き込むと万華鏡世界が凄いのです。
写真で表現できないのが残念。

H1008_seki_145



この手の作品、実は多いです。

H1008_seki_148



再びお店でが開いています。
こちらは和紙の問屋さん。

H1008_seki_149



今回、訳わからんような作品が少なくないです。

H1008_seki_154



和服がモチーフだと思うのですが・・・。

H1008_seki_155



この手の作品は写真映するので好きですw。

H1008_seki_157



緻密な細工の球面が台座の鏡面に映り込んでいるのです。

H1008_seki_159

H1008_seki_161



ズバリ魚ということで。

H1008_seki_164



光の筋が綺麗。

H1008_seki_165



バウムカステラです(嘘)。

H1008_seki_167



まるで生花のような作品。

H1008_seki_172



意外に写真映えするんですよね。

H1008_seki_174



どんどん行きます。

H1008_seki_176

H1008_seki_180

H1008_seki_181

H1008_seki_184

H1008_seki_185



竹林ですね。

H1008_seki_188



形は単純なんですが、深いんです。

H1008_seki_192

H1008_seki_193

H1008_seki_194



このような作品を見るとホッとします。

H1008_seki_197



すっごくリアルというか「眼力(めじから)」があるんですよ。

H1008_seki_200



こちらは作品ではありません。

H1008_seki_204



次に進みます。

H1008_seki_206

H1008_seki_207

H1008_seki_208

H1008_seki_209

H1008_seki_210

H1008_seki_212

H1008_seki_214

H1008_seki_216

H1008_seki_217

H1008_seki_218

H1008_seki_220

H1008_seki_222

H1008_seki_226

H1008_seki_228

H1008_seki_229



こちらの巨大ニワトリは作品ではありません。
横から見て全くわからなかったのです。

H1008_seki_231



カエルが可愛いw。

H1008_seki_243



あかりというより建築っぽいかな。

H1008_seki_245



カラフルな作品は好きです。

H1008_seki_246

H1008_seki_249

H1008_seki_251

H1008_seki_255

H1008_seki_256



誰かが餌をやりましたね。

H1008_seki_259



実際にあってもいい感じ。

H1008_seki_260



あかりアートというより、青森ねぶたという雰囲気。

H1008_seki_263

H1008_seki_264

H1008_seki_266



和紙の雰囲気がよく出てると思うんです。

H1008_seki_265



このテイストはこれはこれでアリですね。
街ができるほど数があると面白いかと。

H1008_seki_268



一連の連作の代表として。

H1008_seki_273



モジャ系。

H1008_seki_277



この辺り、まだ明るい時に見たでしょ。覚えてますか?
暗くなってから見るとこうなるのです。

H1008_seki_275

H1008_seki_279



吸い込まれそうな青色。

H1008_seki_278



緻密系は素直に凄いと思います。

H1008_seki_281



丸型4連続。

H1008_seki_285

H1008_seki_286

H1008_seki_287

H1008_seki_287b



聖杯型かな。

H1008_seki_289



よく見るとすっごい複雑な形。

H1008_seki_291



生パスタが食べたくなった。

H1008_seki_293



緻密さが凄いんです。

H1008_seki_295



包んでしまいました。

H1008_seki_299



素直に、紙漉きですね。

H1008_seki_303



すっごい精巧にできてる感じ。

H1008_seki_305



触るのは誰?。

H1008_seki_309



製品化可能かも。

H1008_seki_312



ここでライトプレーンのお店。
一機一機がすっごい精巧に出来ています。

H1008_seki_314



こちらは早い話がお茶屋さん。

H1008_seki_315



続いてまいります。

H1008_seki_316

H1008_seki_317

H1008_seki_321



瓦屋根を緻密に再現。で、いいんですよね。

H1008_seki_322



タイトルは、三菱。

H1008_seki_325



流木に合わせて、生花みたい。

H1008_seki_326



エビフライの天丼、で合ってます?。

H1008_seki_328



この形は今回初めて。

H1008_seki_330



形が変えられるのかな?。

H1008_seki_332



よく見たらしたの方に何か付いてました。なるほど。

H1008_seki_334



どんどん行きます。

H1008_seki_336

H1008_seki_339

H1008_seki_341

H1008_seki_343

H1008_seki_348

H1008_seki_351

H1008_seki_360

H1008_seki_364



こちらの作品が2017年のあかり大賞ですね。

H1008_seki_355

H1008_seki_356

H1008_seki_354



これにて全て終了です。
帰る前に酒を買う事を思い出して歩いてたら、目についた酒蔵にはいってしまって、
つい購入してしまったのでした。あはははは。

H1008_seki_370

H1008_seki_371

H1008_seki_367



時計を見たら9時です。
随分長い間歩いたものです。
ここは素直に帰ることにして、バスのりばに向かいます。
意外に時間が掛かってしまったため、帰りの温泉計画はパス。
そのまま自宅に到着したのは10時過ぎでした。
また来年ですね。






関・刃物まつりと美濃和紙あかりアート展をダブルヘッダーでGO!
戻る 1 2 3 進む


↓ 同日開催!関市の刃物まつりはこちらから

関・刃物まつりと美濃和紙あかりアート展をダブルヘッダーでGO!<関編>
関市 同日開催の関と美濃。昼間の部は関市の刃物祭りに突撃するのだ。

関・刃物まつりと美濃和紙あかりアート展をダブルヘッダーでGO!<戦利品編>
関市 関市の刃物まつり会場にて手に入れた戦利品の数々。






おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧はこちら>
猫耳Cafe <ゆる~く雑談しましょ> インデックス一覧
隣の猫耳 <寺と神社> インデックス一覧

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

刃物で有名な「関」の町並み散策と歴史寺町巡り ※ Holiday
関市 関市は知る人ぞ知る刃物メーカーがある刃物の町。古い町並みが並んでいます。

隠れた名所!美濃の舞台、日龍峰寺 ※ Holiday
関市 まさか美濃の山奥に立派な舞台づくりの建物があるとは思いもよりませんでした。

噂のモネの池を見て、温泉と美濃B級グルメを満喫する旅  ※ Holiday
板取 板取渓谷にあるモネの池、その先には素敵な温泉があります。

美濃市で和紙とあかりのアートを愉しむ ※ Holiday
美濃 美濃市の古い町並みの道路両側にずらりと自慢の行灯が並ぶ姿は一見の価値があります。

関・板取のあじさいまつり(2017)でグルメ食べまくり
岐阜板取 岐阜の奥座敷とも呼ばれる板取地区で開催されるあじさいまつりに出かけます。

噂の「モネの池」を偵察して温泉に入りに行こう
板取 蓮の花が咲く前、4月頃に偵察に行ってみました。そして目指せ板取川温泉!

関の刃物まつりって知ってます?<メインストリート編>
岐阜関市 関市の「関刃物まつり」。メインストリートの様子を紹介します。

関の刃物まつりって知ってます?<イベント及び展示館編>
岐阜関市 関の刃物まつりはメインストリート以外にも見所がいっぱいあるのです。


ポチっと押してくれると猫が喜びます
 
posted by サンタ at 21:10| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください