2017年10月29日

深川神社と稲荷神社

隣猫バナ
早い話が陶器の神様です

隣の猫耳
商売なら商売の神様があるように、製造業にもまた神様があるんですね。ここ瀬戸ならば当然陶器関係の神様がいらっしゃるに違いない。ということで探してみるとありました。やはり陶器関係の神様のようです。由来等に関わる詳しいお話は関連HPを参照願うことにしてここでは大幅に割愛させていただきます。神社がある場所は名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅を下車してそのまま真っすぐに商店街を抜けたその先。直角を左折して正面。途中全く寄り道しなければの話ですが、駅から徒歩10分程度ではないでしょうか。地図をよく見ると参道は南側へ瀬戸川を越えてなお長く続いています。もしかすると毎年大きな祭りが催されている、又は催されていたのかも。


「Holiday」にも投稿しています
<陶器の町、愛知瀬戸で「お雛めぐり」と町巡り。>
<超期間限定公開! レアな覚王山新四国を歩く>
<合格祈願の聖地!「名古屋三天神」を巡る旅>




【DATA】
深川神社
所在地:愛知県瀬戸市深川町11
電話:0561-82-2764





尾張瀬戸駅に到着です。
改札を抜けそのまま駅の外へ。

H0204_seto_68

H0204_seto_65



表通りは陶器屋さんが並びますが、
こはあえて一本中に入った銀座商店街を通り抜けることにします。

H0204_seto_95



イベント時には歩けないほど人が出ますが普段はこんなものです。

H0204_seto_113



深川神社の参道です。
正面に見える鳥居が神社ですね。

H0909_seto_039



到着しました。
速やかにお参りさせて頂きます。

H0909_seto_041

作法が丁寧に解説されています。

H0909_seto_042

拝殿に到着。

H0909_seto_043

H0909_seto_044



いい顔した狛犬が見護っています。

H0909_seto_056



続いて隣の稲荷神社へと向かいます。
赤い連続した鳥居を見てしまうと行くしかありません

H0909_seto_057

H0909_seto_055

まだ続きます。

H0909_seto_047



拝殿に到着すると親分の狛犬とともに多くの小型狛犬が奉納されています。

H0909_seto_053

H0909_seto_051



こちらはきつねだらけでした。

H0909_seto_048





おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
<「Holiday」サイトへの投稿記事一覧はこちら>
猫耳Cafe <ゆる~く雑談しましょ> インデックス一覧
隣の猫耳 <寺と神社> インデックス一覧

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

超期間限定公開! レアな覚王山新四国を歩く ※ Holiday
名古屋 名古屋の真ん中、覚王山に拡がるその名も覚王山新四国を巡ります。

陶器の町、愛知瀬戸で「お雛めぐり」と町巡り。 Holiday
瀬戸 期間中、瀬戸に1000体もの人形を使用した巨大な「ひなミッド」が出現するらしい。

合格祈願の聖地!「名古屋三天神」を巡る旅 ※ Holiday
名古屋 学業の神様、菅原道真を祀る3つの神社を巡る旅。

陶の町瀬戸のお雛めぐりは結構面白い
瀬戸 瀬戸のひな祭り、ミッドひなを見てお雛めぐりを巡ってきたのです。

尾張瀬戸のシンボル瀬戸蔵、その2階にある瀬戸蔵ミュージアムでタイムスリップ気分を味わってみる。瀬戸市

瀬戸蔵近くにある猫専門店「おもだか屋」でズラリ並ぶ猫達の中からお気に入りを選びます。瀬戸市

川村屋賀栄の猫饅頭「たま」が気になってしかたありません。思い切ってお店に入ってみると。瀬戸市

瀬戸銀座商店街と尾張瀬戸駅の間にあるプラザせとっこで食べた「せと焼きまん」が美味しい。瀬戸市

瀬戸蔵1Fにある、いわゆる瀬戸焼のアンテナショップ。瀬戸焼に関する物はここで一通り揃います。瀬戸市

現在の名鉄尾張瀬戸駅ですね。かつての旧名鉄瀬戸駅を見てみたいなら瀬戸蔵2Fのミュージアムへ。瀬戸市


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 18:47| Comment(0) | 愛知県尾張の寺社 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください