2018年02月11日

【三重の名店シリーズ】 まつもとの来来憲

つぶやきバナ

一度はここで食べてみるべきです

I0210_mie_008.jpg

三重県四日市には「とんてき」という名物があります。とんてきとは何か、かつて古い方はビーフステーキのことをビフテキと呼ぶのではないでしょうか。とんてきとは牛肉ステーキをを豚肉に置き換えた料理になります。これが何故四日市で名物になっている由来はわかりません。しかし現在では四日市の名物として、そしてあちこちの店でとんてきが名物になり提供されています。同じとんてきでも原材料や調理法まで縛りが無いためそれぞれのお店で発達し、そのため店によって味が微妙に違います。このためどれが正統だと決めにくいのですが、とりあえず基準の一つとして元祖と言われるまつもとの来来憲で一度は食べておくことをお勧めします。

【Mini DATA】
まつもとの来来憲
所在地: 〒510-0836 三重県四日市市松本2丁目7−24
電話:059-353-0748

お店の開店は午前11時ですが、その時刻に到着したら負けであると判断し、 10時半を目指すも途中渋滞の影響で11時45分現地到着。 その時点で自分の前に10人程。

I0210_mie_001.jpg I0210_mie_004.jpg I0210_mie_016.jpg

11時開店、お店の中に入ります。
店内は座敷とテーブルが有り、案外広いのですが11時15分頃には満席。
そこから順番に注文し待つ事1時間、ようやく注文の名物料理がやって来ました。
これが「大とんてき」です。単品で1510円、定食にして1725円。
とんてきにはライスが必須ですから素直に定食にします。
グローブというのは肉が離れない工夫ですね。
それにしても見事な肉厚。焼いてあってこの厚さですから元は推して計るべしです。

I0210_mie_006.jpg

待合室の壁には様々な方の色紙でいっぱい。
名古屋地方代表は「ぐっさん」ですね。

I0210_mie_013.jpg I0210_mie_014.jpg
<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

春の伊勢神宮、おはらい町とおかげ横丁で食べまくり! ※ Holiday
伊勢 伊勢神宮参拝後、おはらい町とおかげ横丁で名物をつまみ食いまくりでした。

プチ旅行!六華苑の洋館と多度大社と木曽三川公園をまとめて散策 ※ Holiday
桑名 桑名には意外に見応えがある洋館があったんです。

松阪牛を食べて、古い町並みを歩く旅 ※ Holiday
松阪 松坂といえばやっぱり牛肉ですよね。老舗で頂きました。

御在所を中心にパワースポットを巡るデートプラン ※ Holiday
菰野 パワースポットで有名な椿神社の他、新しい温泉があるのです。

鳴谷神社。
三重員弁 聖宝寺に登る石段入口横の神社。狛犬ではなくて狛猿。しかも三猿付きなのです。

三重県最北部、紅葉の名刹で名高い聖宝寺を訪ねる。
三重員弁 三重県員弁の三岐鉄道のその先に紅葉の古刹があるのです。

三岐鉄道に初乗車体験してきた。
三重員弁 三重県最北部を走る超ローカル線が面白いのです。

天然温泉 阿下喜温泉あじさいの里でひとっ風呂。
三重員弁 三重県北部の員弁に新しく出来た温泉なのです。

伊勢のおはらい町とおかげ横丁でつまみ食い放題なのだ!<おはらい町編1>
伊勢 早朝に伊勢入りし最初に向かったのは朝5時から営業してるという赤福本店。

伊勢のおはらい町とおかげ横丁でつまみ食い放題なのだ!<おはらい町編2>
伊勢 おはらい町の端から端まで。目についた物は全てつまみ食いします。

伊勢のおはらい町とおかげ横丁でつまみ食い放題なのだ!<おかげ横丁編>
伊勢 伊勢の新名所、おかげ横丁に突撃。ガンガン食べまくります。

松阪で松阪牛を食べ、宿場町で有名な亀山の関宿へ行ってみた
松坂 この辺りで牛肉といえば飛騨牛か松阪牛。今回は三重の老舗で松阪牛を頂きました。

気まぐれで行く、三重のパワースポット!
鈴鹿 知る人ぞ知るパワースポットへ行き、御在所に新たに出来たオシャレスポットへ。

気まぐれプチ旅行!三重県桑名のレトロな洋館「六華苑」に行ってみた
桑名 桑名の渡しの近くにレトロな洋館があるというので行ってきました。

衝撃事実!久しぶりに三重のアクアイグニス<片岡温泉>へ行ってみた。
三重菰野 久しぶりに行ったお気に入りの片岡温泉は今どのような姿に?。


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 23:34| Comment(0) | サンタのつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください