2018年05月03日

竹島を望む海岸に建つ 文学記念館

猫耳cafe_bana
海辺に立つクラシカルな建物
ファンタジー館で楽しんだあと、竹島から来た道を戻ります。行きは少し遠いかなと思いましたが、帰りは何となく足取りが軽く、思ったより早く到着しました。さて、そもそも文学記念館とは何でしょうか。蒲郡市のHPによると昔々蒲郡にに明治の文豪たちが愛した常磐館という料理旅館があったのですが老朽化のため廃館。その後、その歴史を忘れない為に再建したとあります。実際どれほどが元の通りなのか分かりませんが、少なくとも窓はアルミサッシでしたし。雰囲気だけ味わうという感じでしょうか。
「Holiday」にも投稿しています
<三河蒲郡 竹島と気になるスポットを全部巡る旅>
<吉良ワイキキビーチを早朝ポタで快走♪>
<豊川稲荷は「おきつね」ワンダーランド!>

【Mini DATA】
海辺の文学記念館
所在地: 〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町15−62
電話:0533-67-0070



とても気になる外観です。
入場無料ですから何も考えずに入ってみることに。

I0429_mikawa_124 I0429_mikawa_210

内部は見事にクラシカルです。

I0429_mikawa_211 I0429_mikawa_212 I0429_mikawa_215

奥の茶室で抹茶(300円)が頂けます。
大きな窓からは竹島が正面に見えるのです。

I0429_mikawa_217

何だか場違いな張り紙が。

I0429_mikawa_219

建物自体ごく小さいので見学に時間を要しません。
次は坂の上のクラシカルホテルに行く予定でしたが、
現在たまたま「つつじまつり」が開催中で、山に上がること自体が有料(500円)になっています。
ツツジに全く用が無いのにバカバカしいので今回はパスすることに。
いずれまた機会があることでしょう。
ということで蒲郡竹島編はここまでです。
次は岡崎のカクキューへ向かい、味噌蔵の工場見学したいと思います。





当日移動したスポットは以下の通り、左から右の順番です。

竹島 水族館 とまりん ファンタジ館 文学館 カクキュー あいや






おでかけプランの投稿・共有サービス『Holiday』
おでかけプラン <「Holiday」サイトへの投稿記事> インデックス一覧
猫耳Cafe <ゆる~く雑談しましょ> インデックス一覧
隣の猫耳 <寺と神社> インデックス一覧

<おすすめ記事> ※ Holiday はHolidayサイトへの投稿記事

三河蒲郡 竹島と気になるスポットを全部巡る旅 ※ Holiday
愛知蒲郡 蒲郡沖に浮ぶ竹島へ行くついでにその周辺に点在する気になるスポットを制覇する話。

吉良ワイキビーチを早朝ポタで快走♪ ※ Holiday
愛知吉良 三河の海岸が一見ワイキキかと思うような風景に変身。

豊川稲荷は「おきつね」ワンダーランド! ※ Holiday
愛知豊川 名古屋では昔から豊川稲荷参拝は一種重要なレジャーにもなっています。

大人気スポット!佐久島アートを体験しよう ※ Holiday
佐久島 不思議なオブジェが点在するアートの島、佐久島にはいったい何が。
毎年恒例の吉良温泉強化合宿に行ってきたー!
吉良 毎年恒例になっている夏の吉良ビーチ強化合宿。今回は真夏の海を堪能します。

早朝の吉良ワイキキビーチと幡豆海岸
吉良 三河湾に面した吉良温泉の海岸を日の出とともにポタリングを楽しみました。

抹茶生産日本一の西尾市に城があるらしい
西尾市 抹茶生産日本一のまち西尾市で、お城を見て抹茶を頂き、最後に抹茶スィーツを!

青い空と青い海に囲まれた佐久島へ行ってみた<アート編>
佐久島 三河湾に浮ぶ島には風変わりで面白い現代アート作品郡があります。

青い空と青い海に囲まれたアートの島、佐久島へ行ってみた<島弘法編>
佐久島 アートの島、佐久島にはもう一つの楽しみ方があります。

岡崎市内を軽く歩いてみた
岡崎 徳川家康のお膝元、岡崎に隠された秘密とは何か。岡崎城と菩提寺との関係はいかに。

豊川稲荷を散歩してみた
豊川 日本三大稲荷と言われる豊川稲荷の中を探索します。お狐様の聖地で見たものは?

愛知県随一だという形原温泉あじさいの里がすごい
形原温泉 園内に入ると右も左も紫陽花だらけ。変わり紫陽花もいろいろ見比べることができます。


ポチっと押してくれると猫が喜びます
posted by サンタ at 11:19| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください