2018年06月03日

国内で4番目に成分が濃いという奥日光湯元温泉を体験し聖地温泉寺を目指します

猫耳cafe_bana

国内で有数の成分が濃い温泉なのです

中禅寺湖から更に奥、戦場ヶ原と湯滝を通過したその先、湯ノ湖の北側湖畔が奥日光湯元温泉郷。そこは国内有数どころか国内で4番目に成分が濃いという温泉。濃厚なスープのような温泉を頭に浮かべながら突入するものの、何処の温泉に入ればよいのかさっぱりわかりません。そのような場合、素直に観光案内所へ向かいます。すると慣れたもので日帰り温泉マップが既に用意されています。話を伺うと、源泉が同じなので基本的にどこでも泉質は同じ。あとは建物や温泉の雰囲気、露天温泉の有無などがあるのだとか。今回は是非露天風呂に入りたい。一覧を見て一番リーズナブルなおおるり山荘に決定。更に今回、奥日光湯元温泉の聖地とも言える「温泉寺」にも訪れる予定。

【Mini DATA】
日光山 温泉寺
所在地:〒321-1662 栃木県日光市湯元2559
電話:0288-62-2351

周囲のことがよくわからない場合は素直にココへ。

I0521_nikko3_222

温泉街にはこのような建物がズラリ並んでいます。
実際に入浴したのは「おおるり山荘」。
露天風呂があってしかもリーズナブルということで選択したのでした。
ちなみに奥日光湯元温泉は濁り湯です。
しかし元から濁っているわけではなく、空気に触れたり水が混ざると濁るタイプ。
なので、後から入る事になる温泉寺の湯船はそれほど濁ってません。
もし濁ってた場合は誰かが水で埋めたに違いありません。

I0521_nikko3_223

お手軽に温泉を体験したい場合のために足湯が用意されています。

I0521_nikko3_217 I0521_nikko3_219 I0521_nikko3_220

温泉街には温泉神社がありがちです。

I0521_nikko3_237

さて、次はいよいよ奥日光湯元温泉の聖地、温泉寺へと向かいます。
温泉寺が何故聖地と呼ばれるかと言うと、濃厚成分の奥日光湯元温泉において、
最も源泉に近いから。寺の名前も良いですよね、温泉寺ですから。
その寺の中で温泉に入れるというのですから面白いではありませんか。
温泉はもちろん源泉掛け流しですが、かなり熱いのです。
もしここでそれ以上の「野沢温泉大湯」や北海道の「熊の湯」を体験してなければ
そのまま入れる代物では無かったのです。
長時間は無理ですが、何とか入れる温度でした。
後で聞いた話によると女性側はさっさと水で埋めてしまうのですが、
男性側はガマン大会になりがちだということです。
面白いですね。

I0521_nikko3_226

何となく温泉寺が近くなるにつれて独特の硫黄臭が強くなるような気が。
寺と温泉って何だか異種格闘技のような気がしませんか。
入浴希望の際、本堂へ行っても無駄です。
庫裡の方へ行きましょう。
利用料を支払うと浴室に案内されます、というか見えます。
浴室は湯船が一つのみ、露天はありません。

I0521_nikko3_233 I0521_nikko3_228

温泉寺ですから当然本堂があります。
せっかくですから拝んでおきます。

I0521_nikko3_229 I0521_nikko3_230 I0521_nikko3_232

鐘を撞いてもいいみたいなので撞いておきます。

I0521_nikko3_234

温泉のダブルヘッダーで茹で上がってしまいました。
でもね、成分が濃いという温泉を充分に堪能しました。
肌が超すべっすべになるんです。
さてこの後は再び中禅寺湖に戻り、二荒山神社中宮祠へと向かいます。


当日移動したスポットは以下の通り、左から右の順番です。

華厳の滝 中禅寺湖 湯滝 奥日光温泉 二荒山中宮

Holiday はHolidayサイトへの投稿記事
おすすめ観光スポット

宇都宮~日光 定番観光食べ歩きプラスエトセトラ編 Holiday
宇都宮 宇都宮といえばやっぱり餃子。その他にもびっくり空間の大谷石資料館等を巡ります。

日光・宇都宮 傘寿の超定番観光と御朱印巡り Holiday
日光市 豪華絢爛とは日光東照宮陽明門のためにあるのです。御朱印もいっぱい!

奥日光・中禅寺湖 傘寿の超定番観光と御朱印巡り Holiday
中禅寺湖 華厳の滝をはじめ、中禅寺湖とその周辺をのんびり巡ります。奥日光の温泉が最高!

宇都宮餃子初心者は宇都宮二荒山神社近くの「来らっせ」を試してみると良いよ
宇都宮 時間が無い場合に宇都宮餃子を一度に食べ比べするのに最適な店舗があるのです。

日光旅の手始めに宇都宮二荒山神社へ行ってみる
宇都宮 日光二荒山神社が宇都宮にもあります餃子のおみくじは必見。

平和観音
宇都宮 遠くから眺めて驚いて、近くで見上げてその巨大さに再度驚きます。

天開山 大谷寺
宇都宮 巨石に埋まっているような本堂に入ってみたら、驚きの連続です。

天然の冷蔵庫!大谷資料館の地下坑内が凄い
宇都宮 入り口からは想像できない迫力と広さ。中は寒いですから対策を忘れずに。

日光東照宮!一生に一度は見ておくべき絢爛豪華の精緻
栃木日光 徳川家康を祀る超デラックスな建物の数々及び三猿や眠り猫等の名物が目白押し。

見忘れたら絶対に後悔する!輪王寺大猷院を忘れるべからず
栃木日光 家康のデラックスな東照宮とは一風変わり、黒と金のシックで高級感漂う建物。

日光二荒山神社
栃木日光 輪王寺大猷院のすぐ隣、男体山や華厳の滝等、広大な神域を持つ大元の神社。

輪王寺 今なら全身金色で巨大な三仏を内陣から間近に見れる!
栃木日光 2018年6月現在三仏堂はまだ修復中。そのかわり三仏が間近から拝観できます。

天皇家の保養地 伝統的な日本家屋、田母沢御用邸を見に行こう
栃木日光 東照宮は将軍家ですが、御用邸は天皇家。広大な敷地内をぐるりと見て回れます。

誰も居ない日光東照宮エリアを早朝散歩
栃木日光 ちょい肌寒い早朝の日光東照宮エリアをぐるりと散歩してきました。

神橋は日光東照宮の入り口なのです
栃木日光 正直橋を渡るだけなんです。でもやっぱり一度は渡って置いたほうが渡ったと言えますから。

日光山 中禅寺
中禅寺湖 この辺りでは立木観音の名前のほうが有名。名前の由来は説明を聞いて初めて判明。

超ベタな観光地 日光華厳の滝へ行ってみた
中禅寺湖 一応上からも見えますがやっぱりエレベータで下から見たほうが良いですね。

二荒山神社中宮祠
中禅寺湖 男体山登山の公式な登山口がある神社。七福神や縁結び系グッズもいっぱい。

国内で最も標高が高い中禅寺湖を巡る観光船に乗って気分はスーパーハイ
中禅寺湖 天気がいい日は観光船。上部甲板に出て風を受けながらクルーズって気分最高。

中禅寺湖畔に建つイタリア大使館別荘記念公園
中禅寺湖 まるで森の中の別荘。イタリアンセンスあふれる調度品が見どころ。

白が基調、巨大な縁台のような英国大使館別荘記念公園
中禅寺湖 直線を基調とした非日常的モダンを感じさせる白い別荘。

夕方と朝にぶーらぶら!中禅寺湖周辺散策が気持ちいい
中禅寺湖 日没後と早朝の中禅寺湖の周辺をぶらり散歩してみました。

近くから見れる超迫力の滝 湯滝に立ち寄ってみたら
奥日光 奥日光湯ノ湖から流れ出る滝。想像以上の大迫力に大満足間違いなし。

国内4番目に成分が濃い奥日光湯元温泉を体験し聖地温泉寺を目指します
奥日光 中でもオススメが源泉に最も近い温泉寺。お寺で温泉に入れるのです。


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 01:35| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください