2018年06月06日

見忘れたら絶対に後悔する!輪王寺大猷院を忘れるべからず。

隣猫バナ
栃 木 県 の 寺 社
日光山輪王寺大猷院

黒をベースに金色のハーモニー

今回の目玉は東照宮だけではありません。東照宮エリアには二社一寺と呼ばれ、実はグループを形成しています。最初にその本丸たる東照宮を攻略した次は輪王寺大猷院へ目指して深い森の参道を歩いてゆきます。

【Mini DATA】
日光山輪王寺大猷院
所在地:〒321-1431 栃木県日光市山内2300
電話:0288-54-1766

東照宮から大猷院に至る間の森はまるで熱田神宮の森、いや、伊勢神宮の森みたいでした。
快晴の空なのに光が下までちっとも届かないのです。
地図で見ると遠そうに見えるけど、てくてく歩くと大猷院手前の常行堂にはすぐ着きます。
このとき、何故か全体写真を撮ってなかったんですね。
ということで写真は翌朝散歩時に撮った写真です。

I0521_nikko2_178 I0521_nikko3_058

常行堂は経を唱えながら本尊の周囲をひたすら回り続けるという修行だそうです。
ちなみに本尊は孔雀に乗っています。

I0521_nikko2_183 I0521_nikko2_182

さてさて今回第二の最重要ポイントである大猷院にやってまいりました。
ざっくり説明すると、東照宮が家康公の墓なのに対し、大猷院は家光公の墓です。
コレ以上の詳細はネットや本でご覧くださいまし。

I0521_nikko2_185

ここから先が有料ゾーンになるわけですが、
拝観入口の同じ窓口で拝観券と御朱印を同時に取り扱っていて、正直わやくちゃです。
しかも拝観券は大猷院だけの単品と、輪王時三仏拝観がセット券があって
これを一々説明してるものだからちっとも進まない。
闇雲でなく、目的をきちんと定めてから突入しましょう。(経験者は語る)

I0521_nikko2_187

まず最初は仁王門。
コレが最初は比較的地味なんですよ。
次第に派手になっていくという演出らしいのです。
とは言え安っぽいとか全然なくて、
例えば漆と金細工の高級ブランド、カルティエとか、デュポンとか、
それなりにシックな高級感が漂っているのであります。

I0521_nikko2_189 I0521_nikko2_192 I0521_nikko2_191

こちら手水舎。こーんなデラックスな手水なんて見たこと無い。

I0521_nikko2_194

天井は修復が必要みたいですね。

I0521_nikko2_195

さぁ次がいよいよ二天門です。
この二天門、その年直前までずーっと修復作業が続いていまして、
運良く直前になって公開されたという超ラッキーなのでした。
こちらもやはり基本は黒と金ですが、彩色が増えているのに気が付きましたか。

I0521_nikko2_197 I0521_nikko2_200

両側を護る広目天と持国天。
どちらも超派手。

I0521_nikko2_204 I0521_nikko2_202

後ろ側もええねー。

I0521_nikko2_207

そしてまだまだある。
次は夜叉門。
気のせいかキンキラ度が増量してきたような気がします。

I0521_nikko2_211 I0521_nikko2_213

夜叉門は4体の不動様によって護られています。

I0521_nikko2_216 I0521_nikko2_215 I0521_nikko2_219 I0521_nikko2_218

後ろ姿はこのように。

I0521_nikko2_228

そしてラストは唐門。
めっちゃ金ピカやないかーい。

I0521_nikko2_220

お見せできませんが、拝殿の中は全面キンキンキラキラ。
この部分だけは東照宮より上ではないかと思うのです。
せめて外観だけでも、こんなんです。

I0521_nikko2_224 I0521_nikko2_221

ラストにコレを見逃してはいけない、家光公廟。
龍宮門ですね、中には入れません。

I0521_nikko2_223

家光公は、自分とこ作る際「東照宮より派手にしたらいかん」との方針らしい。
しかし、色彩が押さえられた結果、デラックスな高級感ではこちらのほうが上ですね。
ということで大猷院制覇~。
次はすぐ隣の日光二荒山神社へと向かいます。

御 朱 印
日光山輪王寺大猷院
日光山輪王寺大猷院
常行堂
常行堂

当日移動したスポットは以下の通り、左から右の順番です。

東照宮 大猷院 二荒山神社 輪王寺 御用邸

Holiday はHolidayサイトへの投稿記事
おすすめ観光スポット

宇都宮~日光 定番観光食べ歩きプラスエトセトラ編 Holiday
宇都宮 宇都宮といえばやっぱり餃子。その他にもびっくり空間の大谷石資料館等を巡ります。

日光・宇都宮 傘寿の超定番観光と御朱印巡り Holiday
日光市 豪華絢爛とは日光東照宮陽明門のためにあるのです。御朱印もいっぱい!

奥日光・中禅寺湖 傘寿の超定番観光と御朱印巡り Holiday
中禅寺湖 華厳の滝をはじめ、中禅寺湖とその周辺をのんびり巡ります。奥日光の温泉が最高!

宇都宮餃子初心者は宇都宮二荒山神社近くの「来らっせ」を試してみると良いよ
宇都宮 時間が無い場合に宇都宮餃子を一度に食べ比べするのに最適な店舗があるのです。

日光旅の手始めに宇都宮二荒山神社へ行ってみる
宇都宮 日光二荒山神社が宇都宮にもあります餃子のおみくじは必見。

平和観音
宇都宮 遠くから眺めて驚いて、近くで見上げてその巨大さに再度驚きます。

天開山 大谷寺
宇都宮 巨石に埋まっているような本堂に入ってみたら、驚きの連続です。

天然の冷蔵庫!大谷資料館の地下坑内が凄い
宇都宮 入り口からは想像できない迫力と広さ。中は寒いですから対策を忘れずに。

日光東照宮!一生に一度は見ておくべき絢爛豪華の精緻
栃木日光 徳川家康を祀る超デラックスな建物の数々及び三猿や眠り猫等の名物が目白押し。

見忘れたら絶対に後悔する!輪王寺大猷院を忘れるべからず
栃木日光 家康のデラックスな東照宮とは一風変わり、黒と金のシックで高級感漂う建物。

日光二荒山神社
栃木日光 輪王寺大猷院のすぐ隣、男体山や華厳の滝等、広大な神域を持つ大元の神社。

輪王寺 今なら全身金色で巨大な三仏を内陣から間近に見れる!
栃木日光 2018年6月現在三仏堂はまだ修復中。そのかわり三仏が間近から拝観できます。

天皇家の保養地 伝統的な日本家屋、田母沢御用邸を見に行こう
栃木日光 東照宮は将軍家ですが、御用邸は天皇家。広大な敷地内をぐるりと見て回れます。

誰も居ない日光東照宮エリアを早朝散歩
栃木日光 ちょい肌寒い早朝の日光東照宮エリアをぐるりと散歩してきました。

神橋は日光東照宮の入り口なのです
栃木日光 正直橋を渡るだけなんです。でもやっぱり一度は渡って置いたほうが渡ったと言えますから。

日光山 中禅寺
中禅寺湖 この辺りでは立木観音の名前のほうが有名。名前の由来は説明を聞いて初めて判明。

超ベタな観光地 日光華厳の滝へ行ってみた
中禅寺湖 一応上からも見えますがやっぱりエレベータで下から見たほうが良いですね。

二荒山神社中宮祠
中禅寺湖 男体山登山の公式な登山口がある神社。七福神や縁結び系グッズもいっぱい。

国内で最も標高が高い中禅寺湖を巡る観光船に乗って気分はスーパーハイ
中禅寺湖 天気がいい日は観光船。上部甲板に出て風を受けながらクルーズって気分最高。

中禅寺湖畔に建つイタリア大使館別荘記念公園
中禅寺湖 まるで森の中の別荘。イタリアンセンスあふれる調度品が見どころ。

白が基調、巨大な縁台のような英国大使館別荘記念公園
中禅寺湖 直線を基調とした非日常的モダンを感じさせる白い別荘。

近くから見れる超迫力の滝 湯滝に立ち寄ってみたら
奥日光 奥日光湯ノ湖から流れ出る滝。想像以上の大迫力に大満足間違いなし。

国内で4番目に成分が濃いという奥日光湯元温泉を体験し聖地温泉寺を目指します
奥日光 中でもオススメが源泉に最も近い温泉寺。お寺で温泉に入れるのです。


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 23:29| Comment(0) | 栃木県の寺社 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください