2018年06月19日

怪しいという噂がある越前大仏に突撃するのだ

猫耳cafeバナ

想像を遥かに超えるスケールに感動の連続W

今回は何となく越前にでも行こうかという軽いノリで決まったので自宅を出るのが遅かったのです。しかも越前って思いの外遠くて時間掛かったし、到着したのはとっくに昼過ぎでした。さて、問題の越前大仏とは何か。国内にはいわゆる日本三大仏というランキングが存在し、現在のところ一番は奈良東大寺。二番は鎌倉の大仏というのが定説。そして第三番目の大仏の座を巡って国内各地において「自称三番目の大仏」が存在することになっています。数多く存在する大仏の中で三番目として有力な大仏は高岡市にある高岡大仏、岐阜市内にある岐阜大仏の2つが有力になっています。というように、日本三大仏やランキングに入るにはいわゆる「血統」や「家柄」が必要。奈良の大仏より大きく、奈良の大仏殿を凌ぐ越前大仏はその両方共持ち合わせていません。限りなく大仏殿テーマパークというか、大仏殿パビリオンに近いのであります。

Menu
越前大仏 ……事実上日本一の大仏殿と大仏、らしい。
勝山城博物館 ……事実上名古屋城よりも大きな天守閣、らしい。
九頭竜湖 ……古くからある巨大なロックフィル式ダム。
ニュー柳屋食堂 ……美濃市内にある超ウマな食堂。

【Mini DATA】
大師山清大寺・越前大仏
所在地:〒911-0811 福井県勝山市 片瀬50−1−1
電話:0779-87-3300

とうとうやって来ました。
ここが確かに越前大仏。

I0616_ono_109

これが全体図です、頭に入れておきましょう。

I0616_ono_110

こちらが問題の門前町。
見事にほぼ全店閉まっています。
唯一、ネジアートのアクセサリー屋さんだけ営業してました。

I0616_ono_108 I0616_ono_023

山門が見えてきました。
一体何があるのか期待感でいっぱいです。

I0616_ono_022

拝観券売り場までやって来ましたが他の人が一人もいません。
不安と期待を胸に抱き探索スタート!

I0616_ono_106 I0616_ono_027

何だかことごとく巨大なんですよね。

I0616_ono_028

巨大仁王様です。

I0616_ono_030

山門をくぐると遥か遠くに巨大な中門があります。
大仏殿はその向こうみたいですね。

I0616_ono_031

中門をくぐると、キターーーー。
ものすごく巨大な大仏殿が眼の前に姿を表しました。
近づくにつれて大仏殿の巨大さがわかります。

I0616_ono_034 I0616_ono_036

手前右下に人がいるのをわかりますか。

I0616_ono_037

上から境内を眺めてみます。

I0616_ono_095

さぁいよいよ大仏殿内部に足を踏み入れますよー。
写真ではわかりにくいかも知れませんが、すっごく巨大。
周囲の壁には坐像がカプセルホテルのように天井までびっしり。
ちなみに左右の像は約10メートルあるそうです。

I0616_ono_039 I0616_ono_044 I0616_ono_048 I0616_ono_043

そしてなぜか似つかわしくない可愛い絵馬が。

I0616_ono_040 I0616_ono_041

大仏殿裏に出ました。
鐘楼を発見したので行ってみると撞いても良いようなので渾身の一撃を。

I0616_ono_061

ぐるりと巡って五重塔に向かいます。
途中の回廊風廊下がなかなか雰囲気あります。

I0616_ono_067

よくわかりませんが、壁です。

I0616_ono_071

中国風の建物ですね。

I0616_ono_077

五重塔の下にやってきてその巨大さに驚きます。

I0616_ono_076

建物は完全コンクリ製。
中央部のエレベーターで最上階へ向かいます。
欄干からの眺めがサイコー。

I0616_ono_081

大仏殿はこの通り。

I0616_ono_083

入口の門前町もこの通り。

I0616_ono_085

行きはエレベータでしたが帰りは階段で降りようかと思います。

I0616_ono_088

各階毎に様子が違う内陣があるのです。

I0616_ono_080 I0616_ono_089 I0616_ono_091

あまりにも広いし巨大なので見逃しがあるのです。
なるべく拾ってゆきます。

I0616_ono_100 I0616_ono_103 I0616_ono_101

細かく見てるときりがなさそうなのでこれにて終了とし出てきました。
次は五重塔からも見えた勝山城博物館へ向かいます。
塔の上から見えるくらいなのですっごく近いのです。
10分もかからないうちに到着。
駐車場に車を停めて坂を上がるとすぐ眼の前に。

I0616_ono_112

ところであの石垣、よく見たら龍のレリーフみたい。
この辺りは九頭龍と言うだけに龍の伝説があるのかな。
正直せっかくの城が台無し。

I0616_ono_114 I0616_ono_131

この角度がいいかな。

I0616_ono_116

この入口だけはいい雰囲気。
城は木造に限ると言いつけている市長がいるでしょ。
納得ですよね。

I0616_ono_118

内部はほぼ全部撮影禁止になっているんで写真はありません。
いきなり天守最上階からの眺め。

I0616_ono_125 I0616_ono_122 I0616_ono_121

ということで、特に見所が無いまま終了。
建物に全く魅力が無いとこんなものです。
ついでに駐車場のとなりの神社へ少し顔を出してみました。

I0616_ono_139 I0616_ono_134 I0616_ono_136

ここで時計を見ると既に3時なんですよ。
早く帰りたいのでこれにて終了とし、九頭竜ダムを経由して白鳥に向かいます。
途中、ダムに寄ってみたらダムカードを貰ってしまいました。

I0616_ono_145 I0616_ono_140 I0616_ono_143 I0616_ono_147b

夕方7時ちょい前、美濃市に到着。
ここでとんちゃんが美味しい店があるので晩飯にすることに。

I0616_ono_150

満席で約30分待ってようやく着席。
とんちゃんと、シンゾウと、さがりと野菜を注文すると、
お店の方が順番に焼いてくれます。

I0616_ono_153 I0616_ono_155 I0616_ono_156 I0616_ono_158

車を運転するので飲めないのが残念です。
自宅に到着したのは9時過ぎでした。
案外遠かったのです。

Holiday はHolidayサイトへの投稿記事
おすすめ観光スポット

完全ノープランで敦賀に行ってみた<日本さかな街・赤レンガ倉庫編>
敦賀 市場で美味しい海鮮丼を食べ、初めて行く赤レンガ倉庫にはいったい何が?。

完全ノープランで敦賀に行ってみた<小浜蘇洞門・濱の湯編>
小浜 観光船に乗って蘇洞門を巡った後はのんびり温泉に浸かってのんびりしました。

完全ノープランで敦賀に行ってみた<敦賀まつり・松本ロード編>
敦賀 敦賀まつりをまったり楽しみました。氣比神社へも行ったし、買い食いしまくり!。

福井の深い山の中にある大本山永平寺に行ってきた
永平寺 永平寺は冬になると積雪が凄い場所。厳しい修行するお寺です。

怪しいという噂がある越前大仏に突撃するのだ
大野勝山 越前大野勝山には日本一の大仏が実在するという。その噂を確認するため大野へ向かった。

石川県小松市、日本最大級と謳い文句の自動車博物館へ行ってみた。
小松 主に昭和年代に製造された国産車及び外国車が計500台が一同に。

古くから栄える加賀の名湯、山中温泉に入ってみることに。
山中温泉 加賀温泉郷の奥座敷、文字通り山の中にある温泉に総湯があるという。

18きっぷで行く!夏のゆるふわ一人旅<富山・帰宅編>
富山 遂に日本海に出ました。富山から岐阜へ帰る際とんでもない失敗が発覚します。

富山ブラックを食べるため、18きっぷで富山へ行ってきた
富山広域 富山名物富山ブラックを食べるために富山まで行ってしまいました。

もしかして日本一?越前大仏と五重塔を求めて福井勝山へ Holiday
勝山 福井には奈良の大仏より大きな大仏と大仏殿があるらしい。

完全ノープラン!快晴の敦賀とオバマ、日帰り旅 Holiday
敦賀オバマ 敦賀・小浜・蘇洞門・赤レンガ倉庫・敦賀まつり・氣比神社・松本零士ロード 他

青い空!透明な海!やっぱり水晶浜が最高! Holiday
美浜 海を見るなら太平洋側よりも断然日本海側。特に敦賀湾辺りの海岸は透明度も最高!

目指せ富山ブラック!北陸富山~金沢弾丸ツアー Holiday
富山広域 金沢には真っ黒スープの、その名も「金沢ブラック」という名物ラーメンがあるらしい。

石川県小松市、日本最大級と謳い文句の自動車博物館へ行ってみた。
小松 主に昭和年代に製造された国産車及び外国車が計500台が一同に。

古くから栄える加賀の名湯、山中温泉に入ってみることに。
山中温泉 加賀温泉郷の奥座敷、文字通り山の中にある温泉に総湯があるという。


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 23:28| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください