2019年06月03日

目指せ満願!四国巡礼第四シーズンは香川県からスタート

猫耳cafeバナ

いよいよ四国巡礼も大詰め

J0502_012

一国参りスタイルで一年おきに巡礼している四国八十八ヶ所もいよいよ第四シーズン、遂にラストの香川県までやって来ました。今回は2年前の続きとして第67番大興寺からスタート。ラストの第88番を参拝後はお礼参りとして第1番へ向かいます。用意した日程は従来より1日多い3泊4日。途中で金刀比羅宮へ立ち寄り、うどん屋をハシゴする余裕を持たせてあります。訪れるのは高速道路も観光地も混雑が予定される令和のGW。宿泊は全泊ゲストハウス利用とし、早々に予約を確定させて準備万端。心配していた天気も前日までの雨がすっかり上がり、全日程晴れをキープしました。果たしてどのような旅が待ち受けているでしょうか。

【Mini DATA】
香川県
所在地:香川県
電話:

四国八十八ヶ所巡礼 第三シーズン 初日

今回も従来と同様、前日夜に出発します。
今迄吹田を通過する際に必ず渋滞に巻き込まれた為、
吹田を通過しない新名神を利用して岡山へと向かいます。
途中、宝塚北SAで一旦休憩としました。

ファンタジーの世界で溢れた宝塚北サービスエリアへ立ち寄ってみた J0501_034

宝塚北SAからも渋滞もなく順調に四国大橋に到着しました。
ここで空が明るくなるまで待つ作戦をとります。
少し仮眠して、丁度日が昇る頃に目が覚めました。

やっぱり瀬戸大橋は巨大で美しい J0502_015

瀬戸大橋から目指す本日最初の札所、大興寺までは約1時間。
途中マクドナルドで朝食を済ませ、
ナビを頼りにして大興寺をはじめとして午前中は甲山寺まで。
進めるうちにすっかり忘れていた参拝の手順を思い出しました。

第67番札所 大興寺 J0502_017 第68番札所 神恵院 J0502_066 第69番札所 観音寺 J0502_043 第70番札所 本山寺 J0502_080 第71番札所 弥谷寺 J0502_108 第72番札所 曼荼羅寺 J0502_176 第73番札所 出釈迦寺 J0502_183 第74番札所 甲山寺 J0502_209

ここでお昼にします。
せっかく香川県に来たので、美味しいうどんを食べたいじゃないですか。
甲山寺近くで最初から狙っていたのは、
いりこだしが特徴の宮川製麺所。
入口前周辺に人がいっぱいでしたが、それほど待つこと無く
四国最初の美味しいうどんを頂きました。

宮川製麺所 J0502_231

さて、お昼を済ませて少し休憩した後は巡礼再開。
午後の最初は善通寺へ向かいます。
善通寺があまりにも広いし面白いので時間を使ってしまった為、
初日は道隆寺まで進んだところで時間いっぱいになりました。

第75番札所 善通寺 J0502_249 第76番札所 金倉寺 J0502_322 第77番札所 道隆寺 J0502_340

初日の宿は翌日の金刀比羅宮参拝を睨んで、
琴平駅前のゲストハウス「Zouzu」を押さえてあります。
参道入り口まで徒歩約5分という最適な立地に加え、
朝食の手作りパンとコーヒーが無料という売り言葉が決め手に。
駐車場は宿の前に充分な広さがあるのですが至る道がやや迷いました。
建物の中は明るくて広く、案内された部屋はやや窮屈だったものの充分。
なかなか居心地いい宿でした。

【ゲストハウスZouzu】 金比羅さん参りに最適 J0503_086
四国八十八ヶ所巡礼 第三シーズン 二日目

翌朝は毎度おなじみの早朝散歩。
誰も居ない商店街や参道、駅前等をぶらりと散歩。
やや冷たい朝の空気が最高。

恒例!琴平駅前の快適な朝散歩 J0503_019

朝食後は車をそのまま宿に預けたまま金刀比羅宮参拝です。
長い石段は今回で3度目ですが、早くもギブ気味。
体力が無くなってきたのは歳のせいでしょうか。

【金刀比羅宮】 幸福の黄色いお守りは上でしか手に入らないのです J0503_189

金刀比羅宮参拝の途中ですが、
以前に入ってみたかったうどん屋に入ることに。
それほど並んでいない午前中が勝負だと見ました。

讃岐うどん巡りの旅 【こんぴらうどん算額茶屋】 J0503_119

金刀比羅宮参拝後、
観光客があまり入り込まない路地裏にある
こんぴらうどん工場店へ行ってみると、
お値段もさることながら、感動的に美味しいのです。
今回四国を通して結果的にナンバーワンでした。

讃岐うどん巡りの旅 【こんぴらうどん工場併設店】 J0503_227

美味しいうどんに満足した後、
せっかくなので琴電に少しだけ乗ってみることにしました。
2駅だけ乗車ですぐ帰りの電車がある事は既にリサーチ済み。
駅に到着するとすぐ出発時刻になっていて、
大急ぎできっぷを購入して飛び乗ったのでした。

少しだけでいいから琴電に乗ってみたいのです J0503_034

さて、朝からさんざん横道にそれましたが巡礼に戻ります。
2日目の最初は郷照寺から始まり、白峯寺で時間いっぱいになりました。
結局この日は午前中に脚を使い果たしたこともあり、
4ヶ所だけに留まりました。

第78番札所 郷照寺 J0503_300 第79番札所 天皇寺 J0503_316 第80番札所 國分寺 J0503_332 第81番札所 白峯寺 J0503_376

2日目の宿は四国巡礼寺に近く、お風呂も近くにあって琴電沿いで駅が近く、
皆で食べるという晩飯があるという謳い文句で決めた「ゲストハウスそらうみ」。
ウリ文句にするだけあって美味しい晩飯と酒に満足しました。

【ゲストハウスそらうみ】 琴電真ん前で四国巡礼にも便利 J0503_457

宿に着いたものの汗をかいてるため風呂に入りに行く事に。
指定されたその温泉は以前入ったことがありました。

以前にもお世話になった温泉 【天然温泉きらら】 J0503_473
四国八十八ヶ所巡礼 第三シーズン 三日目

翌朝はすぐ近くの田村神社に出かけてみました。

【田村神社】 四国巡礼82番一宮寺の隣は七福神だらけ神社 J0504_354

3日目は早朝から巡礼開始です。
近くの一宮寺は納経所が開くのを待って御朱印を頂き、
第87番の長尾寺で時間いっぱいになりました。

第82番札所 根香寺 J0504_032 第83番札所 一宮寺 J0504_388

屋島寺へ向かう途中ですが、
ゲストハウスそらうみでオーナーから教えて頂いた、
観光客が少なくて旨い地元オススメのお店に立ち寄ります。
うどんが安い上、揚げ物の種類が迷うほど豊富でした。

讃岐うどん巡りの旅 【キリン】 J0504_043

そして滞りなく次の札所へ。
次は屋島の戦いで有名な屋島にある屋島寺。

第84番札所 屋島寺 J0504_101 第85番札所 八栗寺 J0504_169 第86番札所 志度寺 J0504_269

ここでそらうみのオーナーから教えていただいたお店その2。
元溜の蔵だった場所を改装したというその名も「溜」。
一度食べたら忘れられない程特色あるうどんでした。

讃岐うどん巡りの旅 【溜】 J0504_213

そして再び次の札所へ。
長尾寺では当日の参拝時刻時間切れとなり、残すラスト八十八番は翌日に。

第87番札所 長尾寺 J0504_233

3日めの宿は今までと趣向を変えて和風のゲストハウス。
八栗寺の更に先にある庵治、農村の中にその宿があります。
外観はまるで民家、というか普通の家。
近くに温泉があるし、海も近いし、朝散歩が気持ちよさそうという理由で選択。
ところがそのゲストハウス、当日日本人は自分のみ。
その他の宿泊者は全て外国人でした。

【ゲストハウス 瀬戸音十庵】 瀬戸内海に近い漁師町の宿 J0504_284

この日の風呂は宿から徒歩5分の温泉を利用しました。
通常外湯としてあまり開放して無いみたいですが、
ゲストハウスのオーナーと何らかの話し合いがあって利用させてもらえます。

八栗の先端に建つ温泉 【庵治温泉】 J0504_316
四国八十八ヶ所巡礼 第三シーズン 四日目

最終日になりました。
恒例の早朝散歩も済ませて早めに宿を出ます。

J0505_005 J0504_305

まず最初に立ち寄ったのは道の駅源平の里むれ。
朝食を食べていないので、何かモーニング的なモノがないかと期待したのですが、
何もありませんでした。
売店やレストランは固く閉まってるので広い芝生を散歩してたら、
琴電の旧車両が展示されていました。

道の駅源平の里むれに立ち寄ってみた J0505_047

お待たせしました。
ついに四国八十八ヶ所のラストを飾る第八十八番札所に到着しました。
いやぁ、ようやくここに来ることが出来たと言うか、
あっという間に終わったというか。
感無量です、

第88番 大窪寺 J0505_065

次はお礼参りの第一弾として、
第一番札所の霊山寺に向かいます。
霊山寺ではこれから四国八十八ヶ所を始める方でごった返し、
何だか新一年生を見るかのような気分でした。

第1番 霊山寺 J0505_157

さて、これで四国八十八ヶ所はひとまず終了としますが、
ここで新たに「四国別格二十霊場」の開始宣言をします。
別格とは早い話番外に相当し、八十八と二十を足すと百八になることから、
煩悩消滅の道とも呼ばれるそうです。
ということで今回は予告編として別格霊場第一番と二番だけ
体験していこうかと思います。

別格第1番 大山寺 J0505_193

ここでうどんタイム。
今回は地元徳島在住の知人の協力で別格第一番と第二番を案内して頂き、
そして美味しいうどん屋さんを紹介してもらいました。
徳島のうどんは香川県のうどんと状況はほぼ同じなのだそうです。
ただこちらの「ふじい」は量が多い。
小の下にミニの存在が物語っています。

讃岐うどん巡りの旅 【うどんのふじい】 J0505_201

美味しいうどんで満腹満腹。
幸せな気分のうちに次の札所へ。
本日ラストの童学寺です。
ところがこの札所、行って驚いたのですが火災にあったんですね。
本堂が全焼ですが、幸いにも大師堂は無事だったようです。

別格第2番 童学寺 J0505_244

これにて今回の予定は全て完了です。
すぐに帰宅の路についてもよいのですが、
スマホで渋滞を見てみると淡路島から先が既に真っ赤っ赤。
その瞬間、夜まで観光の方向に転換することにしました。
ここまで案内してくれた地元の方とはこれでお別れです。
ありがとうございました。
次回、早くて2年後の予定です。
またいずれお会いできる時がありますでしょうか。
ということで、一度見てみたかった鳴門海峡へ行くことに決定。
途中道を何度か間違えながらも無事駐車場に到着しました。

潮の渦を観察する事ができる渦の道へ行ってきた J0505_268

渦潮は見えたような見えないような、そんな感じで終了しました。
鳴門海峡大橋の下ってすっごい風があって寒かったのです。
そろそろ日が暮れて、何となく腹が減ってきました。
とは言えガッツリ食べる気もないし。
そんな時最適なのが食べる様を自分でコントロールできる回転寿司。
たまたま走っていた一番近くにあったのがはま寿司でした。
テキトーに時間つぶしも出来るし、こんな時に便利ですね。

調節できる晩飯ということで 【はま寿司】 J0505_380

結構のんびりしていたつもりなのですが、高速道路はまだ赤いし。
よーーーし。こうなったら次は風呂ですね。
確か前回も時間つぶしに「天然温泉きらら」へ行きました。
今回利用したのはあらたえの湯。
比較的新しく、しかも仮眠設備が整ってるみたいです。

帰宅の時間潰しで利用した温泉 【あらたえの湯】 J0505_381

時間の制約が全く無いのでマジにのんびりと風呂に入って、
仮眠用のリクライニングソファーでのんびり寝て、
何となく目が覚めたのが夜23時過ぎ。
渋滞情報を見るとわずかに赤い部分があるもののほぼ解消状態。
ということでいよいよ帰ります。無事に帰宅するまでが旅ですね。
徳島市内からいきなり高速に乗り、夕方見ていた鳴門大橋を一気に通過。
明石大橋を渡って本州に入ってからは吹田を通らない道を選び、
周囲何も見えない山の中を通っていつの間にかおなじみの名神に。
ここから先は京都を避け京滋バイパスへ。
途中眠くなったので一度だけ仮眠休憩し、岐阜の自宅に到着したのは朝7時でした。
今回の遠征は1日余裕をもたせただけあっていろんな事がありました。
一番の誤算はメインカメラが落下故障したこと。
腰の高さからフローリングに落としたら動かなくなりました。
これは用心でサブカメラを持っていたのでカメラ無しは回避できましたが、
修理代約16000円は痛い勉強代でした。
巡礼の話に戻します。
今回八十八ヶ所が終了しましたが、最後に高野山が残っています。
納経帳も、白衣も、高野山の御朱印場所が用意されているので、
何が何でも一度は行かざるを得ません。
幸い高野山は自宅から日帰りで行けなくもない距離なので、
日を改めて参拝しようかと思います。
では四国は終了?というと、
途中でも書きましたが「四国別格20霊場」を続けて巡ります。
今回2箇所を参拝したので残る18ヶ所ですが、四国をもう一周することになります。
これ迄一年おきのペースで実行しているので、次回は早くて2年後です。
食べそこねたうどんもいーーーっぱいあることだし、
待ってろー、四国!。

四国の札所めぐり

四国八十八箇所霊場めぐり一覧
四国徳島、高知、愛媛、香川に渡る広大な霊場巡りです。

四国別格二十霊場めぐり一覧
四国八十八ヶ所に新たな二十ヶ所を加え、百八つの煩悩を落とす霊場巡り。

Holiday はHolidayサイトへの投稿記事
おすすめ観光スポット

瀬戸大橋から始める四国八十八ヶ所満願への旅  Holiday
香川  四国巡礼第四シーズン初日は制限時間いっぱい巡礼を続けることに。

金刀比羅宮に立ち寄り、四国八十八ヶ所満願を目指す旅 Holiday
香川~徳島  四国巡礼第四シーズン二日目~最終日。無事に八十八ヶ所満願達成しました。

うどん6軒プラス骨付鳥!讃岐まったり観光の旅 Holiday
香川~徳島  四国巡礼第四シーズン中の寄り道やグルメ、温泉に宿をまとめて紹介します。

目指せ満願!四国巡礼第四シーズンは香川県からスタート
香川~徳島  四国巡礼第四シーズンの全貌を一気に紹介します。

少しだけでいいから琴電に乗ってみたいのです
香川琴平  琴電に乗ってみたかった希望がついに実現のことになりました。

恒例!琴平駅前の快適な朝散歩
香川琴平  早朝日が出る前の誰も歩いていない琴平の町の中を散歩したのです。。

室戸岬から始める四国八十八ヶ所巡りの旅 Holiday
室戸~高知  四国巡礼第2シーズン開始。室戸岬から高知を目指し快晴の海岸をひた走ります。

高知から始める四国八十八ヶ所巡りの旅 Holiday
高知~窪川  坂本竜馬の像が建つ桂浜から窪川を目指します。途中、とんでもない道にドキドキ。

足摺岬から始める四国八十八ヶ所を巡る旅 Holiday
窪川~西予  早朝の絶景、足摺岬で足湯に入ります。今回の四国巡りもクライマックス。

松山城と道後温泉、第44番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛広域  四国巡礼第三シーズン初日は松山周辺札所を攻略し、夜は道後で温泉とグルメを堪能。

今治城と今治B級グルメ、第52番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛広域  四国巡礼第三シーズン二日目は松山を出発し今治を目指します。夜はB級グルメ!。

丸亀城と丸亀定番グルメ、第62番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛~香川  四国巡礼第三シーズン最終日は今治から丸亀を目指し、のんびり観光して帰ります。

ついに本四国デビューしました~♪ 
徳島広域  ついに本物の四国巡礼を巡ることになりました。今回は徳島県を制覇します。

四国八十八ヶ所の旅!第二シーズンは室戸岬から開始 
高知広域  最初の四国から2年ぶり。今回は2泊3日で高知県を制覇します。

四国八十八ヶ所の旅!第三シーズンは愛媛から開始 (前編)
松山広域  今回決行した四国巡礼の旅は愛媛県は大寶寺、岩屋寺と続く難所からスタート。

四国八十八ヶ所の旅!第三シーズンは愛媛から開始 (後編)
今治広域  松山、今治と順調に巡礼は進み、同時にグルメの旅も難なくクリア。

おすすめピンポイント情報

金刀比羅宮
琴平  幸福の黄色いお守りは石段を登って拝殿前でしか手に入りません。

田村神社
一宮  四国八十八ヶ所第83番横の神社。境内あちこち七福神と干支だらけ。

潮の渦を観察する事ができる渦の道へ行ってきた
徳島  昔から有名な淡路鳴門海峡の渦潮が橋の上から観察できるようになりました。

やっぱり瀬戸大橋は巨大で美しい
香川  瀬戸大橋は国内の建造物の中では一級品だと思うのです。朝日に輝いた橋を渡ります。

道の駅源平の里むれに立ち寄ってみた
香川  レストランには美味しそうな地元のグルメがいっぱいだと噂の道の駅だったのですが。

讃岐うどん巡りの旅 【宮川製麺所】
香川  いりこだしが特徴。とにかく次から次へ食べさせてくれます。精算は後から自己申告制。

讃岐うどん巡りの旅 【こんぴらうどん算額茶屋】
香川  金刀比羅宮参道に店舗を構えるさぬきうどんの老舗。さぬきうどんの分類としては通常店。

讃岐うどん巡りの旅 【こんぴらうどん工場併設店】
香川  金刀比羅宮参道や繁華街から外れた店舗。醤油うどんが超絶品的にオススメ。セルフ店。

讃岐うどん巡りの旅 【キリン】
香川  観光客の成分が少なく、地元の方々が普通に愛用するキリンが目印のお店。セルフ店。

讃岐うどん巡りの旅 【溜】
香川  元は溜の蔵を改装したお店。歯応えがある極太麺が特徴。セルフ店。

讃岐うどん巡りの旅 【うどんのふじい】
徳島  とても繁盛する地元の有名店。注文時のサイズに要注意。小でも他店の大くらいあります。

出来た端から売れていく超人気の饅頭
香川  巡礼の途中、お店舗と看板をひと目見ただけで絶対美味しいとビビビッと来ました。

丸亀に来たらやっぱり親鳥ひな鳥が必須
香川  数多く存在する骨付鳥のお店の中で選はれるのはやっぱり秘伝のタレが特徴の一鶴。

調節できる晩飯ということで 【はま寿司】
徳島  回転寿司って各自で食べる量をコントロールできるメリットがあると思うのです。

ヌル系のリーズナブルな温泉 【環の湯】
香川  温泉というからもっと高いと思ったら意外に安くて安心。泉質もグッド。

八栗の先端に建つ温泉 【庵治温泉】
香川  目の前に広がる瀬戸内海の風景が特徴。ゲストハウス特別待遇で入れるようです。

以前にもお世話になった温泉 【天然温泉きらら】
香川  深夜まで営業している何でもあるタイプの温泉。

帰宅の時間潰しで利用した温泉 【あらたえの湯】
香川  仮眠設備が充実、全体的に設備が新しいスーパー銭湯タイプの温泉。

【ゲストハウスZouzu】 金比羅さん参りに最適
香川  JR琴平駅から徒歩5分の線路沿い。金刀比羅宮参拝及び観光に最適な立地のゲストハウス。

【ゲストハウスそらうみ】 琴電真ん前で四国巡礼にも便利
香川  目の前に琴電が走るゲストハウス。琴電一宮駅から徒歩約5分。皆で食べる晩飯が超グッド。

【ゲストハウス 瀬戸音十庵】 瀬戸内海に近い漁師町の宿
香川  静かな漁師町の宿。温泉まで徒歩5分。「セカチュウ」のロケ現場がすぐ近くに。


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 16:20| Comment(0) | ゆる~く雑談だニャ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください