2017年07月24日

四国八十八ヶ所の旅!第三シーズンは愛媛から開始 (後編)

猫耳cafeバナ

舞台は松山から今治へ突入

第三シーズン2日目は松山道後を出発し、松山市内の札所を制覇しました。その後舞台は松山から北へ離れた今治へ突入したのでした。今治では何が起こるのか、起こらないのか。今回、グルメというものはその時の出会いであると痛感した今治編なのであります。

【Mini DATA】
四国八十八カ所 <愛媛県編>
所在地:
電話:

四国八十八ヶ所巡礼第三シーズン <愛媛編第2日目>

前編の続編、まだ第三シリーズの2日目途中です。
次に向かうのは泰山寺。
せっかく宿の近くへ行ったのに次第に離れてゆきます。

H88_56_14

昼が近くなりました。
次の栄福寺を済ませたらお昼にしようかと思います。

H88_57_01

ここで昼になりましたので昼食にします。
栄福寺の少し手前で見つけた地方のスーパーで買い物してみようかと思います。
地方のスーパーって何が売ってるか楽しみなんですよね。
何か面白いものが売ってないかドキドキします。
探索した結果、今回はフツーに弁当と巻きずし。
おやつにわらび餅という組み合わせ。
店舗の前にあつらえ向きのテーブルと椅子があったので、
遠慮なく使用しました。

H05_super_09 H05_super_03 H05_super_04 H05_super_08

満腹になって少しまったりと休んでから行動を再開します。
次の仙遊寺は思いがけず山の上の札所でした。

H88_58_13

次は国分寺。
一旦山の中に入ってしまった札所から町中に戻って参りました。

H88_59_16

次は横峰寺。言わずと知れた難所です。
予定では国分寺で二日目終了の予定だったのですが、
思いがけず順調で時間が早いのです。
予定外ですが思い切って横峰寺へ行ってみようかと思います。
横峰寺はいろいろ噂通りですねー。大変でした。

H88_60_31

横峰寺から下山すると既に夕方。気分はロスタイム。
ここから再び今治方面へ戻りながら札所を探します。
次は香園寺。四国札所としては風変わりな本堂でした。

H88_61_07

事実上香園寺で拝観時間終了間近だったのですが、
香園寺すぐ近くの駐車場が新しい第六十二番という話を聞き、
急いで行ってみました。
詳しくは分かりませんが第六十二番は現在揉めていまして、
新旧二箇所存在します。
ここまで来られた方、
各々よく考えてから御朱印を頂くようにしましょう。

H88_62_01

ここで参拝時刻が時間切れになりました。
本日の巡礼はここまでとして、宿泊予定の今治へと戻ります。
その前に目についてしまったセルフ系うどん屋に吸い込まれます。
セルフっていいですねー。
ワカメトッピングが無料ってのも素敵。

H05_udon_11 H05_udon_01 H05_udon_03 H05_udon_07

こんな時間に満腹になって良いのかなーって思いつつ今治へ向かいます。
しかし、本日の宿のビジネスホテルに到着するとすっかり腹が減ってきました。
チェックインして荷物を全部おろして、夜のメシを求めて町を徘徊します。

H0503_imabari_50

空はすっかり日が暮れて周囲は薄暗い状態です。
途中、めぼしい店をチェックしながら歩くのですが、店がありません。
商店街でも殆ど店が無いのは驚きです。

H0503_imabari_01 H0503_imabari_03 H0503_imabari_14 H0503_imabari_06 H0503_imabari_07 H0503_imabari_09 H0503_imabari_19

何も無いなーって思いつつ商店街を歩いていると不意に観音様ですか?。
雰囲気が独特なのであります。
自分一人だったら怖くて入れなかったかもw。

H0503_imabari_20 H0503_imabari_23 H0503_imabari_22

ここで登場したのが別の観光客っぽいおっちゃんグループ。
やはり夜食と居酒屋を探してウロウロしてるらしいのです。
ここで、今治B級グルメの情報を教えてもらい、
並んでると言われたけど行ってみると、お店前の駐車場は待ち客だらけ。
ビビりながら名前を記帳して待つこと一時間弱。
ようやく名前を呼ばれて店内へ。
店内に入ったら早いもので、注文したらすぐ料理がやって来ました。

H0503_imabari_27

名物焼豚丼に大満足してホテルに戻り、風呂に入ってすぐ寝てしまいました。
なんだかんだ言って疲れてるんですよ。

四国八十八ヶ所巡礼第三シーズン <愛媛編第3日目>

三日目の朝です。
この日もやはり早朝散歩してきます。
とは言え朝の駅前方面をブラブラ歩いただけですが。

H0503_imabari_49

ホテルに戻ると朝食の時間でした。
宿泊費で朝食バイキングが付いてるんですよ。
これだけ食べれば充分かなw。

H0503_imabari_47

朝食後は間髪入れずチェックアウト。
今治城を見ておきたかったのです。

H0503_imabari_65

寄り道はここまでにしておきます。
三日目の最初は旧第六十二番札所からスタート。

H88_62B_02

第六十三番札所は駐車場に要注意です。
素直に停めましょう。

H88_63_10

次は前髪寺。
想像以上に広い境内の札所でした。

H88_64_08

次の三角寺は予定外の山の上。
境内に上がる石段が登りにくいのなんの。
三角寺でもって愛媛県の札所はラストになります。

H88_65_06

昨日横峰寺に行ってしまったおかげで時間がまだあるのです。
ということで、予定外ですが雲辺寺に行くことにしました。
雲辺寺は山頂にあって、ロープウェイで行くんですよね。

H88_66_07

この段階で時刻は既に午後三時。
頑張って山道を降りれば後一箇所くらい行けそうな気もするけど潔く本日というか、
第三シーズンの遍路巡礼はここまでとします。
此処から先は帰宅するのみです。
しかしですね、この時間から帰ると高速道路の渋滞に捕まりに行くようなもの。
翌日もまだGW休みなので、今日はどっかでのんびりとして夜中に走ろうと思います。
方角的に丁度いいのが丸亀。
親鳥雛鳥の本店へ行って食べようと思います。
そんなこんなで丸亀に向かってひた走ると目の前に丸亀城があるんです。
急遽丸亀城に寄り道決定~。

H0504_marukame_57

寄り道したおかげでちょうど晩飯の時間になりました。
お目当ての「一鶴本店」へ向かうと既に長い行列が。
でもね、案外列が進むのが早くて30分ほどで座席に辿り着いた感じ。

H0504_marukame_16

既にどっぷり日が暮れています。
食事後にJR丸亀駅で買い逃したお土産物を補充し、
どこか温泉に入りに行き、走りっぱ歩きっぱの疲れを取ることにしました。
いろいろ検討した結果、高松の「天然温泉きらら」に決定。
休憩室が広くて余裕がありそうというのが選択理由。
丸亀から高松まで行くには坂出を大きく過ぎちゃうんだよね。
ということで高松のきららに到着。

H88_0506_04 H88_0506_02 H88_0506_03 H88_0506_01

丸亀の温泉はどこも人がいっぱいで、
とてものんびり出来るような雰囲気でなかったけど、
高松のきららはご覧の通り空いているのです。
お風呂にの~んびり入って、露天やサウナを存分に楽しんで。
休憩室で少しくつろいで、また入るという繰り返し。
最後は休憩室でゴロンと仮眠してしまいました。
というのも、最近は便利なもので
高速道路の渋滞情報がリアルタイムで見れるのです。
淡路島の辺りで事故があって長く渋滞してるのと、
おなじみ中国自動車道吹田を先頭に長い渋滞になってるとお知らせを見て、
出発は夜中過ぎで良いんじゃないかと思いのんびりゴロゴロしていました。
渋滞の赤色がほぼ消えてから出発したおかげで、
帰りの高速道路渋滞はありませんでした。
やはり途中何度か仮眠を繰り返し、
明るくなってきた頃関ヶ原で高速から降りてしまいます。
何だか腹が減ってきました。
何となく見つけた吉野家で朝食です。

H88_0506_08

さて、これで四国遠征は計三回。
次回は四国シリーズも完結編のはず。再来年に香川県を攻略します。
いや~、うどんが楽しみですね~。w

四国八十八箇所巡礼
前編 第三シーズン 後編
四国の札所めぐり

四国八十八箇所霊場めぐり一覧
四国徳島、高知、愛媛、香川に渡る広大な霊場巡りです。

四国別格二十霊場めぐり一覧
四国八十八ヶ所に新たな二十ヶ所を加え、百八つの煩悩を落とす霊場巡り。

Holiday はHolidayサイトへの投稿記事
おすすめ観光スポット

室戸岬から始める四国八十八ヶ所巡りの旅 Holiday
室戸~高知 四国巡礼第2シーズン開始。室戸岬から高知を目指し快晴の海岸をひた走ります。

高知から始める四国八十八ヶ所巡りの旅 Holiday
高知~窪川 坂本竜馬の像が建つ桂浜から窪川を目指します。途中、とんでもない道にドキドキ。

足摺岬から始める四国八十八ヶ所を巡る旅 Holiday
窪川~西予 早朝の絶景、足摺岬で足湯に入ります。今回の四国巡りもクライマックス。

今治城と今治B級グルメ、第52番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛広域 四国巡礼第三シーズン二日目は松山を出発し今治を目指します。夜はB級グルメ!。

松山城と道後温泉、第44番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛広域 四国巡礼第三シーズン初日は松山周辺札所を攻略し、夜は道後で温泉とグルメを堪能。

瀬戸大橋から始める四国八十八ヶ所満願への旅  Holiday
香川 四国巡礼第四シーズン初日は制限時間いっぱい巡礼を続けることに。

金刀比羅宮に立ち寄り、四国八十八ヶ所満願を目指す旅 Holiday
香川~徳島 四国巡礼第四シーズン二日目~最終日。無事に八十八ヶ所満願達成しました。

うどん6軒プラス骨付鳥!讃岐まったり観光の旅 Holiday
香川~徳島 四国巡礼第四シーズン中の寄り道やグルメ、温泉に宿をまとめて紹介します。

丸亀城と丸亀定番グルメ、第62番から始める四国巡礼の旅 Holiday
愛媛~香川 四国巡礼第三シーズン最終日は今治から丸亀を目指し、のんびり観光して帰ります。

四国八十八ヶ所の旅!第三シーズンは愛媛から開始 (前編)
松山広域 今回決行した四国巡礼の旅は愛媛県は大寶寺、岩屋寺と続く難所からスタート。

四国八十八ヶ所の旅!第三シーズンは愛媛から開始 (後編)
今治広域 松山、今治と順調に巡礼は進み、同時にグルメの旅も難なくクリア。

おすすめピンポイント情報

一鶴本店、骨付き鶏は丸亀発祥のグルメ。
丸亀市 やや辛めに味付けされた鶏を片手にビールを飲むのが最高なんだよ。

焼豚玉子丼はB級グランプリで毎回上位入賞の常連。
今治市 今治名物といえば今や押しも押されぬ大スターなのです。

最近松山道後では鯛めしが静かなブーム。
松山市 今回は鯛めしの中でも宇和島タイプと呼ばれる鯛めしを頂きます。

松山城は現存天守12城のひとつ。
松山市 天守へはお手軽にロープウェイかリフト利用が便利。上からは松山が一望できます。

今治城は現存天守12城ではないものの立派な平城。
今治市 面白いのはお堀の魚、普通ありえない魚が泳いでいるのです。

現存天守12城の一つ、丸亀城。
丸亀市 急坂を登って現存天守の中ではミニマムを誇る3層3階の天守閣を見に行こう。

道後温泉本館
松山市 今や日本全国で最も有名、そして最も古い温泉として世界中から人が集まります。

椿の湯は道後に存在するもう一つの温泉。
松山市 のんびりじっくり温泉を楽しみたいのならむしろこちらがオススメ。

道後ハイカラ通り
松山市 道後温泉駅と道後温泉本館とを繋いでいます。連日人並みが消えません。

明治を偲ぶレトロな駅舎が特徴、道後温泉駅。
松山市 名物坊ちゃん列車もここから出発します。駅前にはカラクリや足湯も。

最近静かなブームのゲストハウス
松山市 その中でも道後商店街に最も近いのではないでしょうか。街歩きに超便利。

道の駅源平の里むれに立ち寄ってみた
香川  レストランには美味しそうな地元のグルメがいっぱいだと噂の道の駅だったのですが。

讃岐うどん巡りの旅 【宮川製麺所】
香川  いりこだしが特徴。とにかく次から次へと先に食べさせてくれます。精算は後から自己申告制。

讃岐うどん巡りの旅 【こんぴらうどん算額茶屋】
香川  金刀比羅宮参道に店舗を構えるさぬきうどんの老舗。さぬきうどんの分類としては通常店。

讃岐うどん巡りの旅 【こんぴらうどん工場併設店】
香川  金刀比羅宮参道や繁華街から外れた店舗。醤油うどんが超絶品的にオススメ。セルフ店。

讃岐うどん巡りの旅 【キリン】
香川  観光客の成分が少なく、地元の方々が普通に愛用するキリンが目印のお店。セルフ店。

讃岐うどん巡りの旅 【溜】
香川  元は溜の蔵を改装したお店。歯応えがある極太麺が特徴。セルフ店。

讃岐うどん巡りの旅 【うどんのふじい】
徳島  とても繁盛する地元の有名店。注文時のサイズに要注意。小でも他店の大くらいあります。


来場の記念に軽くポチっと押してやってください
posted by サンタ at 02:00
"四国八十八ヶ所の旅!第三シーズンは愛媛から開始 (後編)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: